★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争66 > 567.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
イランに対するイスラエルの心理戦 [IRIBラジオ日本語ニュース 解説から]
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/567.html
投稿者 white 日時 2005 年 1 月 24 日 23:11:26:QYBiAyr6jr5Ac

□イランに対するイスラエルの心理戦 [IRIBラジオ日本語ニュース 解説から]

 http://www.irib.ir/Worldservice/japaneseRADIO/news.mon.htm#kaisetu

イランに対するシオニスト政権の心理戦
------------------------------------------------------------------------

シオニスト政権イスラエルの高官は、イランに対する心理戦と世論操作を継続しており、いまだ、自分たちが地域における真の脅威であることを世論に気付かれないようにしています。シオニスト政権のカツァヴ大統領とシャローム外相は、最近、この流れの中で、イランは地域における平和と治安に対する深刻な脅威だと主張しました。カツァヴ大統領は、イランがハマスやイスラム聖戦運動といったパレスチナ抵抗運動とレバノンのヒズボッラーに資金援助していると主張しました。シオニスト政権はこれらのグループをテロリストと見なしています。

シャローム外相も、シリアとイランがレバノンのヒズボッラーを支持しており、その攻撃の多くが、テロリストの仕業であると語りました。こうした表明は、欺瞞に満ちており、ヨーロッパで最近行われた世論調査でも、シオニスト政権が世界の平和や治安を脅かしているという結果が出ています。またシオニスト政権を支持するブッシュ政権についても、その政策が世界の平和を脅かす懸念材料だといわれています。これを裏付けるものとして、地域におけるシオニスト政権の侵略的な政策をみてみると、同政権が地域の政情不安や脅威の要因であることが明らかだ、という事実が存在します。

シオニスト政権の高官はこのことを懸念しています。こうしたことから、アメリカとともに、イランに対する世論操作を行うことで、現状を自分たちの都合のいいように変えようとしているのです。シオニスト政権とアメリカは、その政策として、中東和平を妨害する者、そして地域における脅威としてイランを標的にプロパガンダを行っています。まず彼らは、中東和平の阻害の要因として、パレスチナへのイランの精神的な支持を挙げています。シオニスト政権は現在まで、署名した条約や取り決めのどれ一つとして守っていません。その一方で、占領された領土へのパレスチナ難民の帰還や彼らの選挙権、その他の権利の擁護と公正な平和をイランが強調していることは、平和を乱すものだとしているのです。治安への脅威に関しては、シオニスト政権こそが200個以上の核弾頭を保有し、中東などの世界の平和に対する核の脅威であるにもかかわらず、彼らはイランの平和的な核開発を懸念し、核施設などを攻撃すると脅迫しています。こうした矛盾が理由で、アメリカやシオニスト政権は、イランに対して虚言を吐き、現実を隠そうと躍起になっているのです。

 次へ  前へ

戦争66掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。