★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争66 > 572.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
自衛隊イラク派遣:政策に反対の天木・元レバノン大使、講演−−広島・中区/広島[毎日]
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/572.html
投稿者 なるほど 日時 2005 年 1 月 25 日 01:40:53:dfhdU2/i2Qkk2

 ◇結論ありきの派遣
 駐レバノン大使当時の03年、政府のイラク政策に反対し、外務省を退職した外交評論家、天木直人さん(57)=写真=の講演会「これでいいのか日本外交 日本の針路を問う」が23日、中区基町のリーガロイヤルホテル広島であった。天木さんは「戦争中、当事者は戦争を正当化しようと市民を説得にかかる。だからこそ市民は、今起きている事実を知り、おかしいと思えば声を上げなければならない」と訴えた。
 天木さんは01年2月から駐レバノン大使だったが、イラク戦争開戦前後に2度、戦争に反対する公電を川口順子外相(当時)に送り、その後、外務省を退職した。
 天木さんは当時を振り返り、「レバノンでは、イラク戦争は中東を混乱させるだけという意見が多数を占めていた。だが、中東に駐留する大使の間で戦争反対の意見は一切なく、どのように米国に協力し、いかに国民を納得させるかばかり議論していた」と明かした。
 小泉純一郎首相については、「日米関係を大切にという意識しかなく、日本をどこに導こうとしているのか全く見えない」と批判。そのうえで、「世間では勝ち組と負け組の2極化が進み、官僚も経済界も、権力に迎合する風潮が広まっている。小泉政権は、ますます強権的になっている」と危惧(きぐ)した。
 さらに、自衛隊のイラク派遣にも触れ、「道路整備を進めるにも、作業はイラク人にさせて、自分たちは外に出ない」と指摘。「政府は今年3月のオランダ軍撤退後の自衛隊の安全確保に頭を悩ませている。そんな状態で、なぜ派遣するのか」と述べ、「まず結論ありきの派遣」だと、政府の対応を厳しく非難した。【田中博子】

1月24日朝刊
(毎日新聞) - 1月24日17時25分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050124-00000175-mailo-l34



天木総合政策研究所
http://www.amaki.info/


メールマガジンのご案内
http://homepage3.nifty.com/amaki/mail.html

 次へ  前へ

戦争66掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。