★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争66 > 704.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
イラク派遣 「現地の期待とは溝/豊川 [朝日/愛知]隊友会豊川支部会(日野武雄会長)
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/704.html
投稿者 なるほど 日時 2005 年 1 月 27 日 17:22:58:dfhdU2/i2Qkk2

(回答先: イラク派遣隊員の無事祈る 豊川で隊友会が「黄色いハンカチ運動」[中日新聞] 投稿者 なるほど 日時 2005 年 1 月 27 日 16:10:25)

陸自隊長講演に1100人

  イラク復興の第一次業務支援隊長を務めた佐藤正久1佐(45)=陸上自衛隊福知山駐屯地(京都府)司令=が22日、豊川市文化会館で講演した。来月にもイラク南部サマワに数十人の隊員派遣が見込まれる陸自豊川駐屯地のOBらでつくる隊友会豊川支部会(日野武雄会長)が招いた。佐藤1佐は「我々の復興支援の実績と現地の人たちの期待とのギャップを埋めるのは難しい」とイラクでの活動を振り返った。

  豊川駐屯地の隊員は来月にもイラクへ派遣される見通し。地元の関心は高く、駐屯地の隊員や家族、市民ら約1100人が熱心に耳を傾けた。

  佐藤1佐は昨年8月まで約7カ月間滞在した体験談を語った。「PKOで行ったカンボジアやティモールに比べ、イラクは生活水準がはるかに高い」と、これまでとは環境が違う国際貢献であることを強調。

  水道や道路、学校の復旧活動は、日中は気温が64度、夜には零下になる過酷な条件で行われたという。「支援のやり方で現地の人との調整や情報集めが非常に難しかった。当初は睡眠時間は2〜3時間だった」と、苦労話を明かした。

  11日にも自衛隊宿営地近くで迫撃砲弾らしい着弾跡が見つかり、現地では緊張が高まっている。佐藤1佐は「隊員はしょせん600人弱。最大の安全策は住民との信頼を獲得すること」と危機管理の持論を展開した。

(1/23愛知各版共通)
(1/24)

http://mytown.asahi.com/aichi/news02.asp?kiji=10902



ルポ 戦争協力拒否 吉田敏浩著
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn0501/sin_k211.html
<前略>
■目次
<中略>
第2章 自衛隊員は命令を拒否できるか
戦地に赴く自衛隊員/覚悟をせまる国家/派遣を断る選択肢が消えた/公表されない隊員の気持ち/自衛官たちの疑問・反対・葛藤/家族たちの不安・怒り/アンケートに寄せられた声/無視される自衛官の声/エスカレートする防衛戦略/増強される海外展開能力/米軍との連携化/形骸化する専守防衛/隊員たちの派遣拒否/派遣命令は断れる/深刻化するいじめ・しごき・自殺/裁判になったいじめ自殺/自衛隊員は「人的資源」か/血と涙が流れる前に
<後略>

 次へ  前へ

戦争66掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。