★阿修羅♪ 現在地 HOME > 戦争66 > 864.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
『タルムード入門』(A.コーヘン、教文館)は耳ざわりのよい本です。
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/864.html
投稿者 たけ(tk) 日時 2005 年 1 月 31 日 00:32:37: SjhUwzSd1dsNg

(回答先: 民族全滅の危機感がユダヤ教の起源 投稿者 たけ(tk) 日時 2005 年 1 月 30 日 23:11:15)

『タルムード入門1』(A.コーヘン、教文館)はタルムードのうちの耳ざわりのよい部分を集めた本です。

耳ざわりの悪い部分も多少紹介しています。たとえば

「異教徒の中で最善の者を殺してしまえ。蛇の中の最善のものの頭を砕け」(メヒルタ・ヴァイェヒ 1章89頁)

も紹介している。しかし、次のような文脈で紹介されている。

----
(p.183)
このようなきつい表現のなかには、ひどく挑発されてやむなく口をついて出たものもある。この種のものの中でいつも槍玉に上がるのは
「異教徒の中で最善の者を殺してしまえ。蛇の中の最善のものの頭を砕け」(メヒルタ・ヴァイェヒ 1章89頁)である。しかし、ここで忘れてならないのは、このヒメルタの著者ラビ・シメオン・ベン・ヨハイはハドリヌス帝下の恐るべき迫害の時代に生き、敬愛するラビ・アキバがローマ人によって残忍な拷問にかけられるのを見、同胞の迫害者の手から逃れるために息子と穴倉生活13年を余儀なくされた人物であることである。・・これがタルムード倫理の典型であるかのように考えるのは妥当ではない。
----

* しかし、これって、ナチスの迫害や「反ユダヤ主義」の迫害にあえば、「異教徒の中で最善の者を殺してしまえ。蛇の中の最善のものの頭を砕け」という発想が復活するということじゃないのかな?

阿修羅には、耳触りの悪い部分を集めた資料がありますので、両方をあわせて読むことをお勧めします。

http://www.asyura2.com/data003.htm ★阿修羅♪「タルムード」

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争66掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。