★阿修羅♪ 現在地 HOME > 戦争66 > 903.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
天木直人・メディア裏読み(1月30日)  どこまで殺せば気が済むのか
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/903.html
投稿者 天木ファン 日時 2005 年 1 月 31 日 14:30:31: 2nLReFHhGZ7P6

1月30日 05年第21号 ◆ どこまで殺せば気が済むのか
contents------------------------------------------------------
◆ どこまで殺せば気が済むのか
------------------------------------------------------ contents


◇◆ どこまで殺せば気が済むのか ◆◇
 
日曜日(30日)の夕暮れどき、東京へ向かう横浜駅の構内で、暇つぶしにニューズウィーク日本版(2月2日号)を買い求めて列車のなかでパラパラトと頁をめくった。最後のほうにさしかかったところで手が止まった。目が釘付けになったのだ。暗闇のなかで明かりに浮かんだ幼い女の子がしゃがみ込んで泣いている。大きな口をあけて大声で(もちろんその声は紙面からは聞こえてこないのだが)泣いている。あたりは血だらけで、その女の子の手や顔は血にまみれている。隣には米軍兵と思われる男のブーツが映っている。
 「突然の悪夢」と題された短い写真説明にはこう書いてある。

  1月18日、イラク北部のタルアファル。パトロール中の米兵の銃撃を受けて父親と母親が殺され、泣き叫ぶ少女。
  その記事はこう書かれていた。
・・・国民議会選挙を前に緊迫度を増すイラク・・・夕暮れが近づいた時、1台の車が走ってきた。米兵はいつものように車内を調べるために手振りで車を停止させようとした。車が止まらなかったため、米兵は威嚇射撃をした。車はそれでも止まらなかった。数秒後、米兵が車に銃弾を浴びせかけた。車はそのまま交差点に突っ込んだ後、ようやく止まった。米兵が近づくと、車内からは子供の泣き叫ぶ声が聞こえてきた。後部座席に5人の子供が乗っており、運転していた父親と、助手席にいた母親は息絶えていた。車から連れ出された少女は「なぜ私たちを撃ったの?武器は持っていないのに!ただ家に帰る途中だったのに!」と泣き叫んだ・・・。

 私はもう一度写真を見つめた。少女の血まみれになった泣き顔を凝視した。涙がとどめなく流れてきた。人目をはばからず泣いた。なぜこんなことが許されるのか。イラクの国民議会選挙を成功させる事がこの子の涙より重要とでもいうのか。
 学生の頃、ドフトエフスキーの「罪と罰」を読んで感動した場面を思い出した。主人公のラスコリニコフが「幼い子の頬の涙を防ぐ事ができないなら、神なんて存在しない」と叫ぶ場面だ。
 ブッシュのイラク占領を憎む気持ちを今ほど強く感じたことは無い。この写真をブッシュの娘に見せてやりたい。二期目の大統領就任式の前夜、数名のボディーガードを引き連れて一晩で40万円も使って飲み明かし、就任式に大あくびをしていたブッシュの娘に、一瞬にして両親を奪われ、一人ぼっちで残された幼い命の悲しさと悔しさを見せてやりたいのだ。


======================information======================
いつも「メディア裏読み」をお読み頂きありがとうございます。内容に関して情報をお持ちの方はお知らせ下さい。より詳しい情報に基づき一層良いものを書いてゆく所存です。また、ご意見ご感想等もお寄せ下さい。皆様からのご連絡をお待ちしています。
天木総合政策研究所 「メディア裏読み」事務局
E-mail:n.amaki@nifty.com HP:http://www.amaki.info 
======================information======================

http://amaki.cocolog-nifty.com/

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争66掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。