★阿修羅♪ 現在地 HOME > 戦争66 > 938.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
高投票率へ疑問噴出 (中日新聞)
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/938.html
投稿者 彗星 日時 2005 年 2 月 01 日 07:49:09: HZN1pv7x5vK0M

2/1 朝刊

高投票率へ疑問噴出
イラク議会選

【カイロ=嶋田昭浩】30日のイラク国民議会選挙の投票について、暫定政府は高投票率を強調し、ブッシュ米大統領も成功を誇った。しかし、一夜明けた31日、発表された投票率などへの疑問の声がイラク内外で噴出した。

 「投票率が60%に届くなんてあり得ない。サドル派は参加しなかったし、多くのスンニ派も不参加だった」

 シーア派の反米強硬指導者ムクタダ・サドル師のバグダッド事務所幹部、アブダルハジ・ダラジ師は同日、本紙の取材にこう語り、イラク独立選挙管理委員会の発表に疑問を投げかけた。

 バグダッド在住の政治アナリスト、ワリード・ゾバイディ氏も「発表された数字は事実を反映していない。そもそも中立な選挙監視員はいなかったのだから」と指摘。

 中部ファルージャや北部モスルなどの低投票率について、「(スンニ派など)主要な党派が選挙に参加せず、治安の悪化や暗殺を恐れて国外に多数のイラク人が退避した。新政権はイラク国民全体を代表していないのが重大な問題だ」と訴える。

 エジプト紙編集主幹でアラブ政治に詳しいムスタファ・バクリ氏も「われわれは米国のウソには慣れている。新政権の最初の決定は、米軍(など多国籍軍の)駐留延長になるはず。投票率も、そのためのでっち上げだ」と言う。しかし、多国籍軍の駐留が長引けば、これまで沈黙を守ってきた国内のシーア派などの抵抗勢力が、新たな反米闘争を始めるとみる。

 前出のゾバイディ氏も「選挙期間中、数千人の候補者の多くが彼らの名前や写真が公表されることを恐れた。だが、結果が出れば275人の当選者は名前も住所も分かってしまう。今後は彼らが主要な標的になるだろう」と強調。「米国はイラクを支配するため、イラク国民の間に争いをつくろうとしてきた」と話す。

http://www.chunichi.co.jp/00/kok/20050201/mng_____kok_____000.shtml

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争66掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。