★阿修羅♪ 現在地 HOME > 戦争68 > 229.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
『日刊ゲンダイ』 2005年 2月26日号 (25日発行)
http://www.asyura2.com/0502/war68/msg/229.html
投稿者 ミネルヴァの梟 日時 2005 年 3 月 09 日 15:10:17: 7usxHQAUfPfZM

(回答先: DNA鑑定が「絶対ではない」事実は吉井氏も認めた筈。 投稿者 戦争とはこういう物 日時 2005 年 3 月 09 日 15:03:29)

『日刊ゲンダイ』 2005年 2月26日号 (25日発行)

横田めぐみさん遺骨 帝京大担当医が科学誌「ネイチャー」に告白
「火葬鑑定は初めて、ニセと断定してない」


 世界的に権威ある英国の科学雑誌「ネイチャー」の記事に小泉内閣が頭を抱えて
い るという。横田めぐみさんの遺骨を「偽物」と断定したDNA鑑定に疑問を投げ
かけているのだ。
 日本政府は遺骨のDNA鑑定を「科学警察研究所」と「帝京大の吉井富夫講師」
に 依頼。科警研は「遺骨が高温で焼かれていたため、DNAを検出できなかった」
としたが、帝京大は「横田めぐみさん以外の人のDNAを複数発見した」と報告。
政府はその報告を受けて「遺骨は偽物」と断定している。
 ネイチャーの記事は2月2日付の電子版。「DNAは日本と朝鮮が拉致問題をめぐ
って衝突する焦眉の問題」という表題で、東京駐在のデービッド・シラノスキー記
者が吉井講師を取材し、こうリポートしている。
〈吉井講師は火葬された標本を鑑定した経験はまったくない。また、彼は自分が行
った鑑定が断定的なものではなく、また、サンプルが汚染されていた可能性がある
ことを認めている〉
 吉井氏はインタビューにこう答えているのだ。
「遺骨は何でも吸い取る硬いスポンジのようなものだ。もし、遺骨にそれを扱った
誰かの汗や脂がしみ込んでいたら、どんなにうまく処理しても、それらを取り出す
ことは不可能だろう」
 つまり、DNA鑑定した吉井講師が「自分が行った鑑定は断定的なものではない」
「サンプルが汚染されていた可能性もある」と言い始めているというのである。だ
とすると「北朝鮮はニセの遺骨を渡した」「経済制裁だ」と主張している日本は、赤
っ恥をかきかねない。吉井講師の鑑定結果をどう評価すればいいのか。

「吉井先生は取材には応じません。ネイチャーには、イレギュラーで答えてしまっ
た。 ネイチャーの記事については、誤解を与えかねないのでコメントしない」(帝
京大広報)
 北朝鮮は「日本の鑑定結果は捏造である」「制裁するなら勝手にしろ」と言ってい
る。 政府は「中立な第三国」に鑑定を依頼した方がよかったのじゃないのか。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争68掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。