★阿修羅♪ > アジア1 > 917.html
 ★阿修羅♪
「役者の孤独感、一般人より数十倍大きい」  【朝鮮日報】
http://www.asyura2.com/0505/asia1/msg/917.html
投稿者 愚民党 日時 2005 年 6 月 11 日 02:23:36: ogcGl0q1DMbpk
 

(回答先: 【台湾の舞台芸術】愛知万博で会いましょう!D  【台湾週報】 投稿者 愚民党 日時 2005 年 6 月 11 日 02:16:18)

「役者の孤独感、一般人より数十倍大きい」




 「役者は一般人より感性が発達しているため、ショックを受けた時は、はるかに大きく感じます。私も10年の間にうつ病に悩まされたことがあります」

 代表的な韓国の中堅俳優、李美淑(イ・ミスク)の発言だ。25日午後、ソウル・江西(カンソ)区のメイフィールドホテルで開かれたSBSドラマ『愛の共感』(脚本:チェ・ユンジョン/演出:チョン・セホ、シン・ユンソプ)記者会見で述べたものだ。

 今月22日に自殺した故イ・ウンジュさんに関連した記者団の質問に「役者が普段感じる孤独感の度合い」に対する説明だった。

 李美淑は「役者は同じショックに対し、一般人より数十倍も大きく感じる」としながら、「役者は『精神病を持っている』と言えるほどひどい」と話した。

 こうした精神的な負担に打ち勝つためには、自己修養が必要だと付け加えている。

 「私も(こうした感性と)葛藤し、闘っている」と言葉を続けた李美淑は、自らの経験を例に挙げた。

 「私も精神病と思えるほど悩んだことがあります。1988年に結婚後、芸能活動を休む間がそうでした。うつ病がありました。当時は女優が結婚をすれば、(芸能)活動を中断しなければなりませんでした。だから悩みも多かったし、ストレスもありました」

 李美淑は演技ではない別のことに対する関心を持つことで、こうしたストレスに打ち勝てたという。現在、米国に住んでいる李美淑は、「結婚後、韓国と米国を行き来し、勉強もした。“意味ある所に道がある”と思い耐えた」としている。

 10年間耐え抜き、良い結果が生まれたという。「他人が妥協する地点でも、最後まで妥協せず耐え抜いたことで、自分が再び主人公になれる時代が開かれた」という。

 芸能活動後、結婚し、しばらく活動を休止していた李美淑は1998年に映画『情事』で復帰した。ドラマ『愛の共感』は李美淑にとって2002年KBS第2ドラマ『孤独』以来3年ぶりのドラマ復帰作だ。

 現在、韓国で毎週金曜日の夜10時から2時間にわたり放送されている『愛の共感』で李美淑は、夫が不倫をする状況の中で昔の初恋男性に会い、葛藤する主婦カン・ヒス役を演じている。

チョソン・ドットコム

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/02/25/20050225000060.html

【特集】人気女優イ・ウンジュさん自殺
http://japanese.chosun.com/site/data/category/leeeunjoo/leeeunjoo-0.html


TOP 【朝鮮日報】  http://japanese.chosun.com/

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > アジア1掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。