★阿修羅♪ > アジア2 > 318.html
 ★阿修羅♪
西尾幹ニのインターネット日録「TVタックルもやっぱり詐偽だった」−TVタックルは朝日らしい洗脳番組である。見る価値は無し
http://www.asyura2.com/0505/asia2/msg/318.html
投稿者 kaname 日時 2005 年 7 月 13 日 01:12:30: 3X28X40b0xN.U
 

(回答先: たけしのTVタックル録画中継どうする靖国参拝SP 小泉総理は8月15日に(秘)ウルトラC!?三宅&議員が中韓にモノ申す 投稿者 TORA 日時 2005 年 7 月 12 日 17:57:38)

西尾幹二のインターネット日録
西尾幹二,人権擁護法,郵政民営化,靖国,皇室
« 九段下会議の歩みと展望 (二)ホーム
ホーム / 近況報告 /
TVタックルもやっぱり詐偽だった

 TV タックル(11日21時〜テレビ朝日)で私は「西尾さんばかりが喋りすぎています」と司会の阿川さんからたしなめられたほど重要なことを数多く語ったが、放映時にはその8割は削られていた。ことに重要なことばが削られ、瑣末なことばが拾われた。以下簡単にご報告する。

 靖国神社の御霊のあり方や東京裁判判決文の11条問題やA級戦犯問題などはすでに用意されたビデオで流されていて、われわれもそれを聴きながらの討議であったから、私はこの点については再論することをあえてできるだけ控えた。他の参加者も同様だった。

 私は日清戦争から110年経て、日本の大陸への介入は今や大きな視野からの「歴史」という立場から再考すべきときで、「歴史は道徳や正邪や善悪を超えている」という言葉は二度語っている。終幕でビートたけしさんが「西尾さんは歴史、歴史というけれども、大化改新が・・・・・」という発言をなさったが、私が歴史について語った言葉は全部削られているので辻褄が合わなくなっている。

 「小泉首相は孔子は罪を憎んで人を憎まずと反論して、おや、日本からの反論と主張がやっと始まったかと思った人もいたかもしれないが、首相は『罪』を認めてしまっている。それではダメである。同じ言うなら毛沢東は、日本軍の軍事介入のおかげで中国共産党は国民党に勝つことができて、中国という一国の領土が保全された、と語ったが、首相には孔子ではなく毛沢東のこの言葉を取り上げてほしかった。」と私は言った。

 すると、「いや、それは意味が違う」とか何とか高野氏が茶々を入れたので、私はすかさず、「日清戦争から110年も経て私は歴史を善悪正邪にとらわれずに見るなら、日露戦争で日本が中国の領土をロシアから保全したことは紛れもない。つづく戦争で日本はイギリス、フランス、オランダをアジアから追い払ったので、おかげで中国の領土はロシアとイギリスによって南北に分割されないですんだのだ。」と語った。

 本当はここで「だから中国はむしろ日本に感謝するべきなのです」と言いたかったが、そこまで言うと討論の空気から離れすぎるので止めた。しかし歴史の大局を語った私のこれらの言葉は全部削られた。

 次に時間がなくてすぐ政教分離のテーマに移った。これは事前にディレクターと私が西洋との比較を説明する旨伝え、面白い観点なので歓迎すると言われていた。日本の政教分離は諸外国に比べ厳格すぎる、という意見を誰かが言ったので、そのあとすぐに、「フランスを除いて、政治と宗教の関係は何処の国もあいまいで、イタリアの『キリスト教民主党』、ドイツの『キリスト教民主同盟』という党名が示すように、既成宗教と政治の関係はどこの国もそんなに厳密ではありません。少しうるさいことを言うアメリカだって、大統領が聖書に手を置いて宣誓することは知られていますし、アメリカ議会では法案があがるたびに牧師が議会で祈祷を捧げます。伝統宗教と政治はいつも友好的関係にあります。日本の伝統宗教は神道、仏教、儒教ですから、日本だって『神社神道民主党』とか『靖国自由党』とかいう政党名があったっておかしくないんです。」と言ったらみんながドッと笑った。

 「なぜフランスが例外的に厳格なのかというと、フランスは革命国家だからで、非宗教はフランスの政治の特徴なのです。そして奇妙なことに、日本の憲法解釈はフランス憲法学に準拠しているのです。」

 誰かがここででも、国家神道の戦争協力があったではないか、と言ったので、「どこの国だって戦争になると宗教は徹底的に利用されるんです。イギリスでもアメリカでも教会は戦争に全面協力でした。キリスト教は好戦的な宗教で、日本の神道や天皇制度の長い歴史に戦争の旗をかゝげた例はほとんどありませんでした。ご承知のように、歴史の中で天皇はずっと無力な存在だったではないですか。」

 「しかし明治以来は違う」と誰かが短いことばを入れて、そのあとガヤガヤと別の話題に転じて行った。

 「戦争指導者と国民の間に明確な一本のラインを引くことはできません。ドイツと違って日本は党が戦争を指導したのではない。国民と天皇は一つの運命共同体であった」という私の言葉は辛うじて放映されていた。しかしそのあといろいろな人が思い思いの反論をしたので、誰が何を言ったのか覚えていない。たゞ、敗けると分っている不合理な戦争を指導した責任は当時の指導者にあったではないかという言葉に対して、私が「勿論、敗戦の責任者はいます。国民に無用な苦しみを与えた失政の責任者はいました。」と言った。(このとき私はなぜかマニラ湾への突入を回避し、あたら勝機を逸した謎の行動の栗田艦長のことをふっと頭に思い浮かべていた。東條首相ではない)。「敗戦責任者はいるが、国際法廷で裁かれるような戦争犯罪者はいませんでした」という私の言葉は、テレビでたしかに拾われていた。

 私はこれにたしか前後して、「敗けると分っている不合理な開戦を批判した人は戦後ごまんといるわけですが、合理不合理を言うなら、いいですか、日露戦争だって戦えなかったはずです。」と言った。この語も削られている。これは大切な私の発語で、削って欲しくなかった。

 敗けると分っているから戦えないなら、日露戦争だってそうだったではないか。この私の発語のあと、誰かが「勝てばすべてが正しく、負ければ間違ったことになっちゃうんだよ」と私に合わせるように叫んだが、勿論これも削られている。

 私は用意している文書から、「次のすべての国々の政治指導者が靖国に参拝しているんですよ」と言って、わざと早口で列挙した。――アメリカ・イギリス・ロシア・カナダ・オーストラリア・ドイツ・イタリア・ポーランド・オーストリー・スウェーデン・フィンランド・ブラジル・メキシコ・チリ・ペルー・トルコ・インド・タイ・台湾・ミャンマー・インドネシア・パキスタン・スリランカ・チベット・イスラエル・モロッコ・エジプト・パラオ・ソロモン諸島――そして「ごらんのように中国、韓国以外のすべての国々です。靖国問題というのは中韓問題にすぎないんです。」と言った。国名列挙はたぶん分りやすく、テレビ向きと思ったからだが、これも削除されている。

 靖国の戦後の法的位置についてもまったく発言しなかったわけではない。靖国はかって陸海軍の共同管轄であったが、戦後、GHQによって閉鎖させられる恐れがあったので――それを外国のキリスト教の聖職者が守った、という話を佐々敦行氏がなさった――民間の一宗教法人になって、緊急避難措置として、自分を守ったということ。しかし一般国民は民間の一宗教法人とずっと思っていたわけではない、ということもたしか言った。

 昭和26年に西村条約局長、大橋法務大臣が戦犯は犯罪者ではないと明言しているので、最近の細田官房長官の発言はおかしい、政府見解はいつ変ったのか、とも問責したが、これも痕跡なく消されている。

 全体で2時間10分も録画し、55分の番組内の、ビデオとコマーシャルを除けば30分ていどの時間内に縮めているのだから、制作者も苦心していることは分らぬではない。

 さっき昨夜テレビを見た知人のAさんから電話が入って、私の発言は次の二点で良かったと言ってくれたことも記しておきたい。他の人は靖国参拝の目的がわかっていない。山本一太氏が平和と反戦のためであれば首相参拝は支持できると言ったのに反し、西尾は冒頭、「一旦緩急あるとき後につづく日本人は起ち上がります、という誓いのために先人の霊に参拝するのであって、もう二度と戦争をしないために参拝するのではない。平和のためというのは間違いだ」と明言したことは、たった一人、分っている人がいるということを示す証言だったと言っていた。たしかに私は最初にそう言った。

 もう一つは、敗戦責任者はいても、国際法廷で裁かれる戦争犯罪者はいないと言ったこと。
東條元首相に罪をなすりつけるのは、ナチスに罪をなすりつけて素知らぬ顔をするドイツ人と同じでセンチメンタルだ、という私の言葉も収録されていた。

 けれども、大半の重要な言葉は削られている。あの番組を見た人に次のことを申し上げておこう。録画の討論では私が圧倒していたので、ほんの少しだけ有効な言葉が残った。山本一太氏は多弁だったが、内容空疎で、他の自民、民主の若手議員は発言が少なく、選挙で損をしないかと心配したくらいだった。ところが番組をみたら、二人の若手議員が大いに語る形になっていて、佐々敦行氏の発言がゼロに近かった。また、大竹まこと氏のような、本来容喙すべきでない主催者サイドの人が前面に出すぎていた。編集に際し、操作とねじ曲げが過度に行われたことはほゞ間違いあるまい。

 私の友人のTさんが今朝メイルで次のように言ってきた。

西尾様
 昨夜のテレビ拝見しました。率直な印象を一言で申し上げるならば、先生はやはり文章で勝負すべきです。きっと大分カットされていたのだとは思います。

 ですから仮に文章でなくても例えば討論の間に挿入された屋山氏とか、西村代議士とか、中村氏のように談話のかたちで考えを述べれば、、あんなわからずやを相手にするより、ずっと考えが簡潔に整理されて問題点を明確に表現出来るのではないでしょうか。


 Aさんはわけのわからぬ議論の中でよく頑張ってくれたと言って下さった。Tさんは反対の意見だった。私は自分の言葉がかくも削られたことをご報告するのみである。

 談話の形にしても、私の「歴史」や「政教分離」のテーマを果して取り上げてくれたであろうか。討議内で自由に話させてもらわなければ出てこないテーマなのである。
Posted by nishio at 2005年07月12日 17:18 | コメント (1) | トラックバック (0) | Clip!!
この記事に対するコメント

西尾先生へ

今日は栃木県の扶桑社採択可能性99%の情報が入ったりして、
何かとお忙しい中、テレビの裏側の編集前の状況を語ってくださり、有難うございました。

私たち一般の人間が、その収録の実態を知らないで見た昨日のテレビでは、欲求不満気味の気分にさせられましたが、先生にとってはもっともっと憤懣やる方ないものであったことでしょう。

本日はお疲れ様でした。
Posted by: 年上の長谷川 at 2005年07月12日 18:45

コメントを投稿する

名前:

メールアドレス:

URL:
保存しますか? はいいいえ

Security Code:

手動で送信されたコメントであることを示すために、上のボックスに表示されている通りに数字を入力してください
コメント:
太字 イタリック アンダーライン ハイパーリンク 引用
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

この記事のトラックバックURL

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。

▲Counter
▼Counter
Total
Today
Yesterday
▲Profile
▼Profile
nishio.jpg
西尾幹ニ
昭和10年東京生まれ。東京大学文学部独文学科卒業同大学院文学修士。文学博士。電気通信大学名誉教授、評論家。ニーチェ、ショーペンハウアーの研究を専門とする。その主著の翻訳者でもあるが、早くから西欧との比較に基づく文化論を展開し、文芸、教育、政治、国際問題をめぐる評論家としても活躍している。「新しい歴史教科書をつくる会」名誉会長。
▲Categories
▼Categories

* Editor's Monologue(2)
* お知らせ(15)
* Guest essay(3)
* 人物評(5)
* 写真(6)
* 新刊について(39)
* 時事問題(42)
* 歴史(7)
* 私信の紹介(1)
* 講演記録(14)
* 路の会(31)
* 近況報告(30)
* 過去の著作(14)
* 随筆(3)
* 雑感(3)

▲Recent Entries
▼Recent Entries

* TVタックルもやっぱり詐偽だった
* 九段下会議の歩みと展望 (二)
* 九段下会議の歩みと展望(一)
* 私のささやかな愛国心
* 教科書展示会に出かけて
* 新刊『民族への責任』について(十一)
* 新刊『民族への責任』について(十)
* 中国からの圧力
* 宮崎正弘氏を囲む――中国反日暴動の裏側(十九)
* 日本会議へのメッセージ

▲Recent Comments
▼Recent Comments

* TVタックルもやっぱり詐偽だった
⇒ 年上の長谷川(07/12)
* 九段下会議の歩みと展望 (二)
⇒ ミッドナイト・蘭(07/11)
* 教科書展示会に出かけて
⇒ 年上の長谷川(07/07)
⇒ 西尾幹二(07/08)
⇒ ミッドナイト・蘭(07/09)
* 『人生の深淵について』の刊行(二)
⇒ 尊野ジョーイ(岩淵 順)(03/23)
⇒ 勝田豊嗣(07/08)
⇒ 年上の長谷川(07/08)
* 私のささやかな愛国心
⇒ 岩田温(07/08)

▲Recent Trackback
▼Recent Trackback

▲Archives
▼Archives
2005年07月 日 月 火 水 木 金 土
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

* 2005年07月(8)
* 2005年06月(26)
* 2005年05月(15)
* 2005年04月(16)
* 2005年03月(27)
* 2005年02月(6)
* 2005年01月(17)
* 2004年12月(11)
* 2004年11月(14)
* 2004年10月(11)
* 2004年09月(11)
* 2004年08月(15)
* 2004年07月(15)
* 2004年06月(23)

▲LinkList
▼LinkList
安倍晋三HP
西村真悟ホームページ
山谷えり子HP
石破茂HP
日本政策研究センター
日本会議HP
チャンネル桜
新しい歴史教科書を作る会
電脳教科書補完録
WEB宮崎正弘
天才バカ板
つくる会神奈川支援掲示板
つくる会岡山支援掲示板
男女共同参画を納税者の視点で考える掲示板
国際派日本人養成講座
日録英語版・ENGLISH
オピニオン掲示板

Powered By BlogPeople
▲Bloglist
▼Bloglist
20:17 Adazakura's Weblog
17:18 酔夢ing Voice
07:33 遠藤浩一覚書
01:11 娘通信♪
06:40 産経WEB
▲著書
▼著書

『人生の深淵について』


新・国民の油断 「ジェンダーフリー」「過激な性教育」が日本を亡ぼす


日本 人は何に躓いていたのか―勝つ国家に変わる7つの提言


男子 、一生の問題―「毒にも薬にもならぬ人間」に魅力はない


日本 がアメリカから見捨てられる日


私は 毎日こんな事を考えている―西尾幹二の公開日誌

西尾幹二の著作

▲日録mobile
▼日録mobile
QR_Code.jpg
Docomo, Au, Vodafone
3社共通マルチQRコード(クリックで拡大)
Mobile日録
▲講演会受付
▼講演会受付
講演会受付
文化、思想、歴史、外交等に関する講演会の講師を承っております。
日時、場所、主催者、テーマ、ご予算などを含めた詳細を下記リンクよりご送信下さい。
折り返しこちらよりご連絡申し上げます。
講演受付フォーム
Syndicate this site

* RSS1.0
* RSS2.0
* ATOM3.0

Made with dreamweaverMade with fireworksPowered by Movable Type 3.151-jaPowered by Wandering Wind
Copyright : [Articles] (C) 西尾幹二のインターネット日録 All Rights Reserved.
[Comments/Trackbacks] ... Authors of those have rights.

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > アジア2掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。