★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ41 > 172.html
 ★阿修羅♪
小説    結城純一郎の演説   (9)
http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/172.html
投稿者 愚民党 日時 2005 年 9 月 14 日 04:23:45: ogcGl0q1DMbpk
 

     小説    結城純一郎の演説   (9)


    次に結城純一郎総裁は、ヒューマノイド科学技術施策についての運動方針を報告した。


   ヒューマノイド科学技術は問う  1億2千万臣民はそれに答える

 2015年体制の道程に立ちはだかっているさまざまな制約を打ち破るためには、あらゆる可能性の追求が必要であるが、
なかでもヒューマノイド科学技術の振興は、もっとも期待を寄せられる分野である。わが国が今日、世界のGNP約1割を
占める軍事経済大国となったのは、臣民の優れた資質と高い技術力のたまものであった。満腔1年から人々は豊かな国家生活を享受する
ことができるであろう。

 わが国はこれまで工業原料の資源が乏しい国であるといわれてきた。石油物質文明から見たとき、資源は乏しかったかもしれないが、
いまや石油物質文明は終焉期にさしかかっている。資源概念は石油から、水と森林へと転換されつつある。地球は現在、原油の枯渇と
表土喪失により砂漠化が進行している。原油は元来、地球運動のために潤滑油の役割をしていた。その潤滑油を人類が地上にくみ上げ
枯渇させてしまった。地球惑星運動は変調をきたし、地殻変動の大地震となって、地球は人類に復讐している。地球精神は、石油物質
文明にとどめをさすであろう。水と森林こそが21世紀の資源概念である。水と森林を防衛しなくてならない。

 人類と人間を滅ぼすために、地球精神は容赦なく復讐するであろう。滅亡から救われる方法はただひとつ、わが国の臣民がまるごと
非人間であるヒューマノイドへの転換をはたすことである。時間はない。人間的であろうとするなら、もはやこの地球で生存はでき
ない。非人間への道を大胆と歩き、非人間的であることが生存への残された道である。地球は問う、1億2千万臣民はそれに答える。
これがヒューマノイド思想哲学の黎明期である。ヒューマノイドの栄養は水と森林であり、その根拠は縄文の渦模様である。

 わが党は、石油物質文明からヒューマノイド文明への転換をはかり、わが国の唯一の資源であるヒューマン頭脳資源を最大限、
有効に活用することによって、経済の持続的な発展とヒューマノイド的臣民生活の向上を実現し、さらにはヒューマノイド世界経済の
発展に貢献することが、ヒューマノイド文明0年代という幼年期にわが国が進むべき方向であると考える。
これがヒューマノイド縄文としての世界的展開となっていく。

 かかる認識に立って、わが党は「ヒューマノイド科学技術の振興」を今後のわが国の新しい「立国」の基本にすえることとし、
満腔2年度予算編成大綱の最重要点施策にこれを反映した。その基本方針は次のとおりである。

 その第1は、創造的な臣民による自主技術開発の推進である。敗戦後わが国は、欧米先進工業国からの技術水準導入を中心として、
技術を向上させてきた。しかし、自民、財界の科学技術政策では、それ以上の発展は望めなかった。米国従属となって、彼らは、
わが国の自主技術開発を、そのつど阻害してきたからである。

 今後、わが党は、これまでの米国従属政策を正し、独創的な技術開発を推進していく。国家社会主義の太陽の旗、臣民による
神風精神があれば、高い水準に達することができる。

 わが党は、自主技術開発が、わが国の総合国防軍事安全上、重要な要素であるという視点に立ち、高齢軍事社会実現のためにも、
施策をうっていくつもりである。具体的には、わが国の研究開発に大きな役割を果たしている臣民の力を最大限に活用しつつ、
次の世代の発展が期待される創造的な先端科学技術の開発を積極的に推進することにより、経済の発展と臣民のヒューマノイド
生活向上に寄与していきたいと考える。

 第2は、ヒューマノイド研究開発投資の充実である。
欧米諸国は、先端研究費の政府負担割合は約5割である。これに比べてわが国は著しく低い水準にある。しかしながら国家財政は
これまでの自民党による莫大な赤字国債の乱発、在日米軍への維持費、そして米国予算を穴埋めしてきた米国国債引受のために、破綻
寸前である。わが党はヒューマノイド研究開発費を、処刑が決定した自民党幹部と自民党議員、経団連などの悪徳財界人の私有財産
を没収するなかから効果的に投資する所存である。

 第3は、ヒューマノイド研究開発体制の強化である。
わが国の研究開発は現在、臣民部門を中心として行われているが、今後はその強化をはかるためには、臣民との連携、国家の
役割分担がより一層重要な課題となってくる。

 尊王攘夷、満腔維新、反米主義を党是とするわが党は、ヒューマノイド分野で、米国軍産複合体メジャーが開発している
ロボット兵士たるターミネーターに打ち克つためにも、研究者の自主性を尊重しつつ、臣民、軍、産、学、官の有機的連携を
強化するにもっともふさわしい政党である。

 第4は、バイオテクノロジーとバイオニック・ヒューマンの合体と開発、推進である。
これは、農林水産業、化学工業、食品産業、医薬品工業による生命産業におけるバイオニック・ヒューマン生産性向上を図る上で
重要な課題である。

 このため、わが党は、政府、臣民機関のそれぞれの分野で、研究開発の有機的連携の下に、研究活力の積極的活用、発展を図る
こととする。

 第5は、熊野協力機構を中心とした反米国家による国際研究協力、技術協力の推進である。
技術水準の向上に伴い、国際的に寄せられるわが国の技術の期待はきわめて大きい。反米国際社会の形成として、発展途上国に
対しては技術協力を通じて、技術移転を促進していきたいと考える。

 第6は、地域の経済、社会のニーズに密着した研究開発の一層の推進である。
ゆとりある豊かなヒューマノイド社会を実現していくためには、国土の均衡ある発展と魅力ある地域社会の形成、田園テクノポリス
メトロポリス、ラビュリントスポリス、快適なヒューマノイド生活環境の実現によって、臣民生活の無機質的向上を図ることが緊急の
課題となっている。愛情訓練としてあった携帯電話と人間身体の合体はヒューマノイドへの準備期間でもあった。ヒューマノイド文明
幼年期のニーズに応えるためにも技術開発に積極的に取り組む必要がある。

 わが党としては、重要地域技術研究開発制度、地域ヒューマノイドポリス構想をより具体的に実現していく上で、必要な研究開発に
ついては、その推進に全力を尽くすものである。

 


これまでの連載


小説   結城純一郎の演説  (8)
http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/113.html

小説  結城純一郎の演説  (7)
http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/103.html


小説  結城純一郎の演説  (6)
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/821.html


小説   結城純一郎の演説   (5)
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/781.html


小説 結城純一郎の演説   (4)
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/766.html


小説  結城純一郎の演説  (3)
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/760.html


小説  結城純一郎の演説 (2)
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/752.html


小説  結城純一郎の演説 (1)
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/745.html


小説  結城純一郎の晩夏  
http://www.asyura2.com/0505/bd40/msg/744.html


 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > Ψ空耳の丘Ψ41掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。