★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ41 > 180.html
 ★阿修羅♪
基本的な点について、多少の質問を
http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/180.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 9 月 15 日 18:33:57: SO0fHq1bYvRzo
 

(回答先: べ首相、緊急釈明 部下の”伊銀はメーソンユダヤとアメリカの餌食”に対し 投稿者 kamenoko 日時 2005 年 9 月 14 日 00:20:15)

基本的な点について、多少の質問を


kamenokoさん、毎度どうも。少々基本的な点についてですが、いくつかお尋ねしたいことがあります。ご存知の範囲で結構ですので、お教えください。

私はこのイタリア中央銀行総裁に絡む事件について知らなかったのですが、「メーソンユダヤとアメリカの餌食に」というグイド・クロセット発言ですが、アントニオ・ファツィオ中銀総裁も同様の発言、あるいはそれを示唆するような言動をしていたのでしょうか。

またこの記事では、オプス・デイ等のカトリック勢力がフィアツィオ擁護でかなり過激な行動をしたように書かれていますが、具体的な事実をご存知なら教えてください。

ついでに、「オプス・デイと再び同じ道を歩み始めた」かもしれない「赤い資本」というのは、具体的には何を指すのでしょうか。「再び同じ道を」というのが、具体的な点で見当が付かないのですが。(「黒」じゃなくて「赤」というのは・・・。)

もう一つ、アーモス・ルツァット氏が、おそらくこのインタビューが原因でユダヤ人コミュニティー会長を辞任したとの事ですが、これは、ファツィオは辞任すべきだ、との発言やアングロ・オランダ勢力がイタリア中央銀行に対する支配力を強めることを擁護するような発言が、物議をかもす(逆に「ユダヤの陰謀論」に油を注ぐ)軽率なものと受け取られたから、と解釈してよいのでしょうか。


いずれにせよ、シューマンなどの背後にはオプス・デイがいたという説もあり(特にレッゾー・ヴォルテールは確信している)、またオプス・デイのロンドンとの深いつながりを見ても、彼らがむしろ「国際勢力(クロセットの言うメーソンユダヤとアメリカ)」に本体を置いているのは明らかだと思うのですが、一方でイタリア国内ではファツィオ総裁擁護に走る。まあお得意の「茶番両面作戦」でしょうけど。この連中はどっちに転んでも利益を上げるように出来ている(笑)。20世紀後半以来バチカンを動かしているのはすでにイタリア人ではないですから、イタリア保守政界の立場に気を使った政治的ポーズ、と見た方が良いのでしょうね。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > Ψ空耳の丘Ψ41掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。