★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ41 > 359.html
 ★阿修羅♪
自分の顔を自分で見られない意味
http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/359.html
投稿者 接続中 日時 2005 年 9 月 26 日 23:29:40: LZLXOvm1qmTy2
 

自分の顔を自分で見られない意味 522
http://kaitenmokuba.livedoor.biz/archives/50292600.html


コラム読者のプチ感想を、できるだけ紹介したいと思っているので、独断と偏見で、今日はもう一通読者メールを紹介する。

No.18「エゴは鏡に映った「影」である」、No.37「失われたマトリックスを求めて」、No.57「寒さにふるえた者ほど太陽をあたたかく感じる」のコラムを読んで

千葉様へ

三つの関連し合うコラムを読み、
鏡に映る自分を見ました。
そう言えば、自分で自分の顔を
直接見ることはできないなぁ。何故だろう?
などと真面目に考えてしまいました(笑)。

もしもこの世に私が一人ぼっちだったら、
ナルキッソスになって死んでしまうのかもしれません。
これもエゴのなせる業なのでしょうか。

自己陶酔するナルシシストも、
恐怖に支配されたエゴイストも、
自分が無条件に存在していることを
忘れているのだと思います。
だから鏡に映る影、エゴという幻想に、耐えず
酔っていないと生きられないのでしょう。

エゴとはほんと、止められないドラッグみたいですね。

この世界を物質的に動かしている人たちの武器は、
お金とエゴなのだと思います。
彼等はヘーゲル手法や合理的なアメとムチの
戦略を使い、暴力主義も平和主義も
お金とエゴの餌食になっています。

だからこそ少数の強烈なエゴによる
大多数のエゴの支配が続くわけで、
こうやって今日もまた地球は回っています。

ところで、ガイア(地球)自身は
何を意識しているのでしょうか。
おっしゃるように、必要なものがマトリックス(母胎)
から与えられるのであれば、
ガイアは私たちに必要なものを常に
与えてくれているのだと思います。

さらにガイアは母なる宇宙から必要なもの
を与えられ、実は宇宙は私たちそのものでも
あるのだと思います。

だから雨乞いの話は正に自然の摂理、
宇宙の法則によるものだと思います。

自分の顔を自分で見られない意味も、
何となく分かったような気がします。

しかし度重なるハリケーン、サイクロン、台風にまで
エゴを感じてしまうのは私だけでしょうか。
いやいや、こう感じてしまうことこそがエゴでしょうか。
難しいですね。

これだけ難しいテーマですが、千葉さんの
お話は明快でとても分かりやすく、大変勉強になりました。
ありがとうございました。

タオ、東京都
===============     
(貼り付け終了)

とても明朗で、詩のような行間のメールである。東京都のタオさんが今回引用した3つのコラムは、現代の物質文明の中で失われつつある精神性をテーマに書いたものである。私たちの目に見えない精神性こそが、マトリックス(母胎)の中で、私たちの「願望」を刻むことができると信じている。物質資本主義のなかで育った私たちは、そんなことはウソだろ?と当然思うかもしれないが、私はそう信じている。

そしてできれば、日本民族の水先案内人になって、なんとか日本民族の自立と自信回復の手助けをしたいと、私は考えている。

タオさんのプチ感想は、私たちが知らないあいだに捕らわれてしまうエゴの罠に、とてもナイーブな感性とシンクロ二ティを述べて、警告していると感じる。おかげで、日常の雑務に捕らわれながらも、ふっと心が洗われ力が甦って、元気がわいてくる。

回転木馬deニュース
http://kaitenmokuba.livedoor.biz/

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > Ψ空耳の丘Ψ41掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。