★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ41 > 470.html
 ★阿修羅♪
映画『亡国のイージス』の評判がいま一つよくないのは、某国在日機関の組織的な「悪評」投稿による可能性?
http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/470.html
投稿者 TORA 日時 2005 年 10 月 05 日 14:57:47: CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu104.htm
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
映画『亡国のイージス』の評判がいま一つよくないのは、
某国在日機関の組織的な「悪評」投稿による可能性?

2005年10月5日

◆亡国のイージス〜週刊アカシックレコード051005 佐々木敏
http://blog.melma.com/00042082/20051005

映画『亡国のイージス』の評判がいま一つよくないのは、某国在日機関の組織的な「悪評」投稿による可能性がある。

映画『亡国のイージス』(いきなり音の出る公式サイト < http://aegis.goo.ne.jp/ > 音の出ない紹介サイト < http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=321024 > )は日本映画界としては初めて軍隊(自衛隊)の全面協力を得て、ほんもののイージス艦、潜水艦や戦闘機を登場させた画期的な軍事アクション大作映画であるから、当然、記録的な大ヒット…………と思いきや、そうでもなさそうである。

少なくとも、イージス艦も戦闘機も登場しない、つまり超アクション大作でない『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(以下『踊る2』)ほどの超特大ヒットでないことだけは確かである。

これは困ったことだ。すくなくとも筆者のように、「ほんもの」を必要とする危機管理系の小説を書く作家にとっては、そういう小説を原作とするスケールの大きな映画がヒットせず、ほどほどの規模の映画がヒットする、ということになると、今後出版社から「あまりスケールの大きな作品は書かないように」と言われかねない(というか、そういう注文はすでに来つつある)。

そこで、この目で確かめようと思い、上映館を探すため05年8月、Yahooの映画コーナーの『亡国のイージス』の情報( < http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=321024 > )を見た。すると、「ユーザーの採点」( < http://review.messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=movies2&action=l&tid=m321024&sid=2077605574&mid=699 > )があまりに低いので驚いた:

「映画をなめているのか…」(2点)( < http://review.messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&tid=m321024&sid=2077605574&mid=312 > )
「原作読んでないとわからないのでは」(1点)( < http://review.messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&tid=m321024&sid=2077605574&mid=141 > )
「某国のイージス?」(1点)( < http://review.messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&tid=m321024&sid=2077605574&mid=176 > )

など酷評が多く、カスタマーレビューの平均点も5点満点で3.2点だった。『踊る2』のときはほとんど5点満点ばかりで「絶賛の嵐」だったから、一瞬、いったいこの差はなんなんだ、と思ってしまった。

なかには、映画のプログラムに単なるおまけで脚本が付いていることを取り上げて「パンフレット(プログラムのこと)を作った人はこの映画の台本の出来の悪さに気がついている(から脚本を掲載した)」だの「解説が必要な映画は欠陥映画」だのと、意味不明な「へりくつ」をこねまわして、挙げ句の果てに「この映画を作った人は素人ですか?」( < http://review.messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&tid=m321024&sid=2077605574&mid=281 > )と毒づいているレビュー(1点)もあり、開いた口がふさがらない。

べつにこの映画を理解するのに解説は要らないし、事前に原作を読んでいる必要もない(筆者は読まずに見た)。

それに、脚本の出来が悪いと思う人が、その出来の悪い脚本をわざわざプログラムに載せるはずはない。むしろ、これはセリフに出て来る軍事用語、たとえば「そうかん」や「せんむちょう」の意味(操艦、船務長)を知りたい人へのサービス、と見るべきだ。

もちろん、そんな専門用語の意味(漢字)がわからなくても、映画の理解にはなんの支障もない。セリフに専門用語が出て来るのは、リアリティ(迫力)を出すためであって、べつに観客はその用語の意味をすべて理解する必要はない。この「常識」は、映画『E.T.』の、ETとエリオット少年が並んでベッドに寝た状態で医療スタッフの治療を受ける場面で、医師役の俳優たちが正確な医学用語を矢継ぎ早にしゃべっている(が、観客はほとんどその意味を理解できない)場面を想起すれば、だれでも容易に理解できるであろう。

上記の酷評のなかには、映画そのものを見なくても書ける「とにかくつまらない」式の「悪口のために悪口」も多々ある。世の中には、なんの文才もないくせに投稿で揚げ足取りをすることだけには異様に長けた「投稿オタク」(投稿依存症?)がいることはよく知られているが、それにしてもこの映画のレビューには酷評が多すぎる。
なかには、映画公開の3か月以上も前から、まだ映画が完成してもいない段階で、もちろん映画自体もまったく見ずに「5点満点で2点」と採点するなど、平均点を引き下げるための「妨害」としか言いようのない投稿まである(「映画化ってなぁ…」 < http://review.messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&tid=m321024&sid=2077605574&mid=18 > )。
いったい、なぜだろうか。

●投稿ジャック●
そこで、ふと思い出されるのが、05年4月頃に愛知県在住の小誌読者の方から頂いた投書である。それによれば、愛知県下で人気のラジオ番組、CBC『つボイノリオの聞けば聞くほど』(毎週月〜金曜日9:00〜9:32AM放送 < http://hicbc.com/radio/kikeba/index.htm > )では、中国国内で反日暴動がピークを迎えていた4月頃、日中関係、日韓関係についての意見を視聴者(でなくて聴取者)から募集したところ、「日中、日韓関係の悪化はすべて日本側が悪い」「尖閣諸島も竹島もさっさと外国に譲ってしまえ」式の、およそ日本人が書いたとは思えないような、反日的な投書(メールまたはFAX)が多すぎる、ということであった(筆者は05年6月に愛知県に旅行したが、残念ながら、この番組を聴くことはできなかった)。

思い当たることがある。筆者が小誌上(02年1月17日「狂言通報者に背後関係?」 < http://www.akashic-record.com/dragon/kyogen.html > )で、北朝鮮を批判し、参考資料として在日関係機関のWebを引用してリンクを張ったところ、即座にリンク先のWebページ( < http://www.korea-np.co.jp/ > の中の「各地の朝鮮学校、制服を変更/生徒の安全を最優先」の記事)が削除されたことがあったのだ。

別の小誌記事(02年1月31日「『同じ日本人として恥ずかしい』は考えもの」 < http://www.akashic-record.com/dragon/kyogen.html#shame > )でも指摘したとおり、北朝鮮の在日情報機関関係者は小誌を愛読しているようなので(ご購読有り難うございます。(^^;) )、彼らは当然、小誌が拙著新刊発売の際に行う「桶狭間の奇襲戦」キャンペーン( < http://www.akashic-record.com/dragon/okehaz.html#okehaz > )を知っている。

とすると、上記の「反日日本人?」による人気番組への投書殺到も、『亡国のイージス』への多数の酷評投稿も、北朝鮮の在日機関関係者が人気のあるラジオ番組やWebサイトをねらい撃ちにした、北朝鮮版「桶狭間の奇襲戦」ではないか、と思えて来るのだ。

とくに上記の「某国のイージス?」(1点)という投稿は、映画に登場する「某国」(北朝鮮)という言葉にこだわって(映画会社でなく海上自衛隊が映画を製作したと思い込んで!?)一種の「憎しみ」を表明しており、北朝鮮国籍を持つ者かそのシンパ(手先)によって書かれた疑いが濃厚だ(「政府(自衛隊)が映画の中のセリフ(敵もみんな生きろ!)をいちいち検閲し許可した」と考えるのは独裁国家の国民)。

●反北朝鮮映画●
上記の投稿を見るまでもなく、北朝鮮という国を批判的に描く映画や小説では、北朝鮮の国名をどう表現するか、という問題が常にある。在日機関関係者に攻撃されると困るので、北朝鮮を描きつつも描いていないフリをしないと、まずいだろう。

だから、麻生幾原作の映画『宣戦布告』( < http://www.toei.co.jp/sensenfukoku/ > )では「北東共和国」といい、上記の『亡国のイージス』では「某国」といっていたのだ。しかし、その「北東共和国」も「某国」も、東アジアに位置していて日本海に面しており、棲んでいるにんげんの顔は日本人によく似た東アジア系で、しかも公用語がハングルの独裁国家、と来れば、両作品とも北朝鮮を描いていることは明らかだ。在日情報機関関係者が「北朝鮮の国名が出ないから見逃してあげよう」などと思うはずがない。

たとえば、いまや「北朝鮮の手先」(?)が政権を握り言論統制を狙う韓国では(産経新聞05年6月1日付朝刊1面「韓国大統領『新聞権力は規制必要』 世界新聞協会会長が真っ向対立」、中央日報Web版05年4月29日「『韓国の言論の自由は54.6点』 新聞法など影響」 < http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/04/29/20050429000080.html > )、『007ダイ・アナザー・デイ』( < http://www.foxjapan.com/movies/dieanotherday/ > )のような「反北朝鮮的な」映画は不買運動を引き起こしかねず、米国映画『ステルス』( < http://www.sonypictures.jp/movies/stealth/site/ > )では北朝鮮のシーンがカットされるなど修正措置が必要とされ、当然『亡国のイージス』も公開できないのだから(産経新聞05年8月13日付朝刊7面「緯度経度 ソウル・黒田勝弘 平壌に限りなく接近!?」)。

【北朝鮮政府機関(朝鮮中央TV)は(金正日総書記の意向で?)上記の『007』を非難したことがあるので(02年12月21日放送のNTV『ウェークアップ』 < http://www.ytv.co.jp/wakeup/news01/bn/2002/n01_021221.html > ) 、当然『亡国のイージス』を「攻撃」する可能性もある。】

そういうこともあるだろうと思って、筆者は小説ではそもそも北朝鮮を描かない主義をとっている。『宣戦布告』では原作者自身が「北東共和国とは北朝鮮のこと」と週刊誌などではっきり述べているが、筆者は『ラスコーリニコフの日』( < http://www.akashic-record.com/raskol/cntnt.html > )や『中途採用捜査官 SAT、警視庁に突入せよ!』(以下『中途2』 < http://www.akashic-record.com/fort/cntnt.html > )に出て来るテロ国家「K国」のことを北朝鮮と言ったことは一度もない。

じじつ、北朝鮮ではない。『ラス…』でも『中途2』でも、K国を「かつて旧ソ連の勢力圏だった、ユーラシア大陸に位置する独裁国家」としているが、旧ソ連圏でイニシャルがKで始まる国は北朝鮮(Korea)のほかに、キルギス(Kyrgyz)もカザフスタン(Kazakhstan)もある。『ラス…』では、K国の上流階級はみなロシア語を話すことになっており、国内でハングル(朝鮮語)が使われているという記述は一切ないし、『中途2』では、K国の空港の位置は「ユーラシア大陸の内陸」になっている。

筆者は、小説の中で北朝鮮批判をする意志は一切ない。理由は、小説で批判したぐらいであの国が変わるとは思えないからだ。
そんな「無駄な抵抗」をするぐらいなら、在日朝鮮人や、日本語に堪能な北朝鮮工作員を含む大勢の方々に、エンターテイメントとして拙著をお楽しみ頂いたほうがよいと考えているので、拙著には北朝鮮と思われる国は原則的に登場しないのである。

【但し、小誌ではしばしば北朝鮮を(批判的に)取り上げる。小誌読者には永田町・マスコミ関係者が多く、そういう方々のニーズがあるからだ。】

【ちなみに、今月(05年10月)文庫化されたばかりの『龍の仮面(ペルソナ)』( < http://www.akashic-record.com/dragon/cntnt.html > )には、中国は登場するが、北朝鮮はほとんど登場しない。この作品は中国を描くことが目的であり、北朝鮮は筆者(この場合は著者)の眼中にはなく、べつに批判の対象にもなっていない。】

もちろん、雑誌や新聞などで筆者(著者)が「K国は北朝鮮のこと」などと麻生式に発言することもない。
どうか、国籍や思想信条にかかわらず、日本語の読める方々はみな、拙著を娯楽作品としてお楽しみ頂きたい。

●大画面向き●
尚、念のために申し上げるが、映画『亡国のイージス』は傑作である。
ぜひ(ビデオ、DVDでなく)映画館の大画面でご堪能頂きたい。それだけの迫力のある作品だ。

どうあがいても対日イメージのよくならない某独裁国家の「手先ども」の言い分など、鵜呑みにしてはいけない(イメージをよくしたければ、さっさと「日本人拉致事件」の被害者を全員返せばよいのだ。くだらん小細工はするな、手先ども!)。


◆超映画批評『亡国のイージス』45点(100点満点中) 前田有一
http://movie.maeda-y.com/movie/00569.htm

福井晴敏の人気小説を海上自衛隊全面協力で映画化。「ローレライ」「戦国自衛隊1549」と、今年続々公開されている邦画軍事アクション大作のひとつだ。

あるとき、東京湾沖で訓練航海中のイージス艦が、某国工作員と副長(寺尾聰)ら裏切り者の自衛官との合同チームにのっとられてしまう。艦には沖縄米軍から盗み出した強力な化学兵器がつみこまれ、それを搭載したミサイルは東京各地に標準をあわせてある。日本政府に激震が走る中、犯人らの退避命令に背き、ただ一人艦内に残った先任伍長(真田広之)の孤独な戦いが始まった。

『亡国のイージス』の見所は、本物のイージス艦でのロケや、実物大に近いセットを組んで撮影した艦内での人間ドラマだ。各登場人物については、決して十分に内面描写を尽くしたとはいえないが、なんといっても役者がいいので見ごたえがある。膨大な小説を映画化したことによる人物描写の浅薄化を、よく補っているといえる。

ただし、原作を読んでいないものにとっては、誰が何の役職なのかすらさっぱりわからないだろう。途中で出てくる女工作員の存在意義も感じにくい。この点はやや不親切だ。

これは私のみならず、防衛政策に造詣が深いジャーナリストの西村幸祐氏も帰り道で同じ事をいっていたから、多くの方が同様に感じると思われる。これだけ登場人物が多いのだから、せめてテロップで場所と役職の説明くらい入れる配慮があってもよかった。……というより、こうした軍事もの映画ではそれ自体が緊迫感を高める演出にもなる。積極的にやるべきだった。

艦内での先任伍長の動きを中心に追っていくので、艦隊戦などの大掛かりなアクションはあまりないが、唯一別の護衛艦との艦上戦闘の場面は、CGを駆使した大きな見せ場になっている。しかし、ここに残念ながら期待したほどの迫力がないのは、基本的にアクションの見せ方が下手だからだ。

たとえば、技術的に難しかったからなのかはわからないが、主砲が敵弾頭を打ち落とす場面や、敵艦沈没というキモを一切描かずにすませてしまったのはいただけない。結果、ほぼ唯一の軍事アクションらしいこの場面の迫力は、なんだかテレビゲーム程度のレベルにとどまってしまった。なんとも残念至極だ。

この映画では本物のイージス艦を使っているのだから、誰が撮ったってそれなりに立派に見えるのは当たり前。しかし、同じ自衛隊全面協力の『戦国自衛隊1549』が色々と工夫して、製作費以上にスケール感を出しているのに比べ、こちらはその逆だ。あれと比べると、こうした軍事アクションの見せ場演出における監督の力量の差は一目瞭然だ。この事については、とくにラストシーン近くのある場面において決定的に露見する。あの東京湾におけるシーンのできの悪さは、それまで物語に没頭していた観客を一気にどっちらけさせる程の破壊力がある。

各台詞には、はっとさせるものがいくつかあるが、ストーリー全体としてはまだまだ不満が残る。あらすじから予想されるような、憂国的な内容、問題提起としてのテーマ性は相当薄味で、リアリティも少々難ありといったところだ。なんといっても反乱自衛官の目的や動機の説明が不充分だし、某国工作員についてはなおのこと、である。

これについては、日本の有事における法体制、または政治家や行政官たちの危機管理の薄さなどに警鐘を鳴らすような、骨太な主張を強くこめていたら現在のような中途半端な印象にはならなかったのではないかと想像する。しかし、映画化にあたっても北朝鮮の国名を名指しできなかったくらいだから、それは無理な相談というものか。

結論として、『亡国のイージス』は(悪くはないが)やや期待はずれの部類に入る。きっとVFXや軍事もの、アクションに強い監督を起用したらもっとよくなっただろう。また、この映画の政治的立ち位置のあいまいさはいかにも日本的といえなくもないが、できればもっと作り手の立場をハッキリさせた、見ごたえのある軍事娯楽作品を次は見てみたいものである。

(私のコメント)
今年の夏に「亡国のイージス」を見ましたが、選挙戦が始まってしまって、映画批評を書こうと思っていたのですがそれどころではなくなってしまった。映画自体は劇画調のアクション映画であって、国策を憂えるような重い映画ではない。真田弘之が演ずる主人公が不死身なのは、まさに劇画ですが、印象としては、いろいろな映画評を見ましたが前田氏の映画評に近い印象を持ちました。

いわゆる近未来の架空の世界の物語だから北朝鮮と名指ししたところで物議をかもすはずがないのですが、国内にいる北朝鮮の世論工作員が妨害活動をするので「某国」と言い直しているのだろう。しかし韓国や中国では架空の近未来映画でも東京に核ミサイルを撃ち込む映画を作ったりしているが、日本人は文明度が高いからいちいち映画ごときでクレームをつけるようなことはあまりない。

しかしテレビや映画は非常に洗脳効果が高いので、工作員達はテレビや映画をチェックしてはクレームをつけることにしているようだ。つい2年前ぐらいまではテレビでも北朝鮮を「北朝鮮民主主義人民共和国」といちいち言い換えていたのは工作員からのクレームによるものだった。それだけ韓国・北朝鮮や中国などでは国策として映画などに力を入れている。

日本でも戦前はこのような国策映画は作られましたが、戦後は極端にナーバスになって、国策を主張するような映画作りは避けられてきた。それでも最近は東条英機を主人公にした「プライド」と言う映画がありましたが、例によって中国や韓国は非難攻撃をしていた。このような文化的なものに対して他国がいちいち干渉するのは文化レベルの違いからですが、発展途上国はしかたがないのだろう。

外国にも日本をぼろくそに描いた映画が沢山ありますが、ハリウッド映画は本当にひどいものが多い。「パールハーバー」と言う映画がありましたが、大本営が戦国武将みたいな旗を立てて作戦をしていたのは笑ってしまったが、これはコメディー映画だったのだろう。このような映画を見ただけでもアメリカと言う映画の文化レベルの低さを世界に知らせるだけなのですが、アメリカ人はそれを自覚していない。

「亡国のイージス」と言う映画は国策的なメッセージを含んではいますが、アクション映画として作られている。娯楽性もあるから見て楽しむには良く出来た映画だ。しかし憂国的な問題提起の映画としては高い評価は出来ない。工作員達からの妨害を恐れたのだろうが、対馬海峡から西は野蛮な荒野と思ったほうがいいのだろう。

この映画は実物のイージス艦や戦闘爆撃機も出てきて、艦内も本物そっくりに作られていて、海上自衛隊員の服や装備が良くわかってマニアにはたまらない映画だろう。先任伍長などと言う階級も始めて知る人も多いだろう。先任伍長は艦長も一目を置くべき存在であり、主人公はその先任伍長だった。陸軍における鬼軍曹ですが、艦長が殺されて青年士官が役に立たない時に指揮を取って危機を乗り越えますが、そんなことが出来るのだろうか。


 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > Ψ空耳の丘Ψ41掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。