★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ41 > 693.html
 ★阿修羅♪
映画「ディープ・スロート」監督明かすディープな裏側(夕刊フジ)
http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/693.html
投稿者 尾張マン 日時 2005 年 10 月 28 日 17:47:30: YdVVrdzAJeHXM
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051028-00000009-ykf-ent

 ポルノ映画のパイオニア「ディープ・スロート」(75年、ジェラルド・ダミアーノ監督)。エロテイックな映像ととともに、当時のニクソン政権にワイセツ裁判で弾圧されたことでも知られる。その裏事情を描いたドキュメンタリー映画「インサイド・ディープ・スロート」が11月12日、ヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズなどで公開される。その“主人公”であるダミアーノ氏(77)に、当時のエピソードと現代ポルノへの思いを聞いた。

 「ディープ−」は、リンダ・ラブレイスが、不感症の女で、ノドの奥にクリトリスがあり、フェラチオによって女の悦びを得るというストーリー。オーラル・セックスを表立って語れない時代に「ディープ・スロート」というテクを広めた衝撃作。その話題性で、女性もポルノ映画館に足を運び、当時の米国で一大社会現象になった。そのあたりを、ドキュメントでは丹念に描いている。

 ダミアーノ氏は「リンダのフェラチオがとてもうまくて、アイデアが浮かんだ。彼女のおかげだよ。女性にもSEXを楽しむ権利があると男女同権を訴えたから、女性にも支持されたんだろう。どうしてエロチックな映像が撮れるかって?。祖先にイタリア人の血が流れているからかな…」と遠い昔を振り返った。

 しかし当時、保守派のニクソン政権に目をつけられ、弾圧を受け、主演男優のハリー・リームスが有罪に。後にそのタイトルがウォーターゲート事件の『情報源』を指す言葉になったのは有名。

 「インサイド−」では、当時の関係者を改めて直撃し、今まで語れなかったエピソードを掘り起こしている。ベトナム反戦ムードから一転、70年代に急速に保守化していく米国の姿をあぶり出す。さて、今のブッシュ大統領も保守派だが…。

 「ニクソンとソックリだよ。自分の政策がうまくいかないと、何かを標的にして攻撃して自分のアラを隠す。米国が保守化しているといわれているけど、人々は昔とあまり変わってない。米国のマスコミが保守化しているんだ」

 「ディープ−」は、6億ドル以上、「タイタニック」をもしのぐ全米歴代1位の興収をあげた作品とも言われる。しかし、モノがモノだけに、その利権に群がったのは闇世界のマフィアだった。その点もドキュメンタリーでは詳しく解き明かしている。

 その点について、ダミアーノ氏は「利益より家族の安全の方を取ったよ。マフィアは金の卵を食べないで、育てた方がよかったんじゃないかな。そうしたら、僕はいまごろ、MGMの社長にでもなり、ハリウッドには『ダミアーノ帝国』ができていただろう」と笑い飛ばした。

 自身は94年までに48本の映画、ビデオを製作して引退。マイアミで隠居生活を送る。

 「ビデオ機器の発達で、誰でも簡単に撮れる。ポルノ女優は豊胸手術だらけ。ディープ・スロートが、注目されたのも、みんな再び『本物のポルノ映画』が見たくなってきたからじゃないかな…」

(夕刊フジ) - 10月28日17時18分更新

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > Ψ空耳の丘Ψ41掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。