★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ41 > 791.html
 ★阿修羅♪
成功、おめでとうございます。紅葉の写真がきれいですね。
http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/791.html
投稿者 愚民党 日時 2005 年 11 月 05 日 03:50:04: ogcGl0q1DMbpk
 

(回答先: Re: 紅葉ツーリング ― オートバイでの、しがない独り旅でござい。(愚民党さん、なんとかUPできました) 投稿者 gataro 日時 2005 年 11 月 04 日 10:03:23)

gataroさん。オートバイだと遠出ができ、山並みが撮れるので
いいなぁと思いました。
自分は山育ちですから、山の写真をみるとほっとします。
ありがとうございました。

パソコン通信のときはテキスト表示だけでしたが
インターネットになり、ハイパーテキスト仕様になり、リンク表示と画像表示
音表示が、ひとつのページで可能になりました。それがHTMLタグの開発で
あったと思います。

インタネットのページ概念はA4版のグラビア雑誌ページをモデルとしたそうです。
写真の左とか右にテキストを配置できるようになると、インターネットページが
よりグラビア雑誌ページに接近できて、写真とテキスト配置の自由自在を獲得
できると思います。

昔の印刷会社では台紙に写真とかテキスト配置を貼っておりました。
【紙への貼り付け作業】コラジューによるデザイン仕様です。

その【紙への貼り付け作業】コラージュデザイン仕様の手作業を
インタネートページではHTMLタグがやることになりました。
HTMLタグを習得することは、ページ台紙への貼り付けをインターネットに移植するための手作業ではないかと思っております。
なんでもコツコツと手作業でやるしかないわけであります。

日本の近代にはガリ版印刷媒体という優れた民衆メディア発信装置がありました。
60年代から70年代初期にかけてはミニコミ運動を創出しました。
文芸とマンガの全国同人誌運動は先駆的でした。

マンガの場合は絵を刷らなくてなりませんので
どうしてもガリ版では限界があり、作品を掲載する肉筆同人誌は1冊で、それを郵送で
北海道から沖縄まで順番めぐりで会員から会員へと郵送していったと思います。

マンガ同人誌の印刷が可能になったのは、版に複写できるファクス印刷輪転機の
登場であったと思います。71年頃から普及しました。
それでマンガ同人誌はファクス印刷へと向かっていきました。
ここでも技術の習得が格闘されました。
そこで空前のマンガ同人誌ブームが現出しました。コミック同人誌イベントです。

パソコン通信でも画像挑戦ということで
いち早く飛び込んだのはマンガ同人誌の人々でした。
パソコン通信と画像表示という技術の格闘が開始されていきました。

インタネートが出てくると、やはり飛び込んでいったのは
マンガ同人誌の人々でありました。
技術の習得と格闘で、インターネット表示におきましては先頭を走っておりました。

別にインターネットというのは666六本木ヒルズのIT産業の私物化ではなく
日本近代からのミニコミ運動とか文芸・マンガ同人誌運動のエネルギーが
流れていると思っております。
【表現とはたたかいであり、発行しなければ誰もみてくれない】これが前提にある
のが、民衆文化メディア装置であると思います。

インタネットで表示可能となり、読者がパソコンでモニターに表示させるというのは
印刷仕様であると思っております。
電子のインクで瞬時に印刷される、それがパソコンによる
インターネットによるページ表示であると思っております。

【ページ】概念におきましてはグラビア雑誌でもインターネットでも
同じです。

HTMLタグを習得するとは、手作業によるページ編集デザインが具現化できるという
ことだと思います。

HTMLタグを習得すると、ブログなどでも展開できますので便利だと思います。

実写映画は写真から発展し写真の源流は絵画でした。
アニメはマンガから発展しマンガの源流は浮世絵でした。

「人に見てもらいたい」という表現の発生は
コツコツ手作業という技術の格闘も同時的に発生させます。

勝手なことを書いてしまい、すいませんでした。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > Ψ空耳の丘Ψ41掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。