★阿修羅♪ > カルト2 > 225.html
 ★阿修羅♪
統一協会  犠牲にされた女たち
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/225.html
投稿者 oyamada 日時 2005 年 9 月 07 日 18:56:50: SVuoXmoU4u/rk
 

(回答先: 統一協会 劉孝敏さんの証し 投稿者 oyamada 日時 2005 年 9 月 07 日 18:54:30)

李順哲は、私が慶州の生活を清算して、釜山の水晶洞教会に行った頃、呉明春の伝道で入
信することになり、文鮮明の復帰を受けてから、ずっと彼に従っていた。李順哲の夫は当
時、管財管理庁の役人だった。彼女は夫に内緒でたくさんの財産を文鮮明に献金した。文
鮮明がたいへん熱をあげていた頃に、私たち三人で安養、釜山などを回ったことは、すで
に述べたとおりである。
------------------------------------------------------
 作業が終わって帰ろうとしたとき、李順哲がいきなり訪ねてきて、自分が住んでいると
ころに来てくれと言った。彼女についていくと、「統一産業株式会杜」の出口からそんな
に遠くないところに、部屋を借りて暮らしていた。部屋の中には、使い古した布団とく
ちゃくちゃになった洋服など、わずかばかりの家財道具が置いてあった。あんなにハデな
生活をしていた李順哲が、なぜこのように悲惨な生活をするようになったのだろう。
 私は李順哲に、どうしてこんなところに来て、こんな生活をしているのかと聞いた。す
ると彼女は、
 「文先生に会いたくて、教会の方へ訪ねていっても、会ってくれないのです。何回行っ
ても会えなくて、仕方なく、統一産業には文先生が一日一回は必ず来るというので、ここ
に引っ越してきました。毎日、文先生が来る道で待っていて、遠いところから顔だけでも
うかがいたいと思うのですが、文先生は車で来るので、私が立っているのを見ると、さっ
と車を他の方向にまわし、違う道を行ってしまうんです」
と話した。彼女はこの悲しい事情を、誰にも話せなかったのだろう。たまたま私が来てい
ると聞いて、私を訪ねてきたという。
三時間も涙を流しながら話した李順哲は、文鮮明に財産も自分の身体もすべて捧げ、夫か
らも離婚されてしまった。子どもたちは夫についていき、淋しい生活をしながら、それで
も文鮮明に会いたくて、ここで生活しているのだ。それなのに、文鮮明はどうして、こう
も冷たく裏切ることができるのだろう。これが再臨メシアを自称する男のできることなの
だろうか。私たちは手を取りあって涙を流した。
 この日から一か月後に、呉明春執事から連絡が来た。呉明春がたった一人で見守るな
か、李順哲はその恨みの人生を終えて、この世の中から去っていったという。
 かって文鮮明は夜も昼も、李順哲なしには生きていけないような様子だったのに、今と
なっては、李順哲が文鮮明に会いたくて、こんな生活まで送りながら文鮮明を待っていた
のに、顔を合わせることもなくあの世に行ってしまったなんて:…・。あの世で李順哲
は、文鮮明をどう恨んで見下ろしているだろうか。
(「六マリアの悲劇 真のサタンは文鮮明だ!! 統一教会創始者 朴 正華 恒友出版」
の、第四章 犠牲にされた女たち P.155 より)

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > カルト2掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。