★阿修羅♪ > カルト2 > 409.html
 ★阿修羅♪
創価学会員非公然組織による常習的ストーカー犯罪「狂わせろ!そうすれば無罪だ!」
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/409.html
投稿者 ノース 日時 2005 年 11 月 05 日 16:14:02: sZ9vL2AnAjmMo
 

当案件は、北海道(おもに札幌-苫小牧の)創価信者グループによる、常習的なストーカー行為を利用した別れさせ犯罪と、その事実を隠蔽すべく行われている音響機器等悪用を含んだ「精神病に追い込んで口封じ」しようとする常習的犯罪行為である。

・交際相手宅の移動時に当て逃げを行い、それに絡む追い回しを演じ当方を交際相手宅に寄り付かぬよう図った。
・上記が通じぬと、交際相手にまで付き纏い悪戯し、そのレイプ音声を当方宅へ向け聞かせた上、犯行創価信者の関係宅に飛び込ませようと誘導を繰り返した。
音声データの信者と子供は、その重要犯行者であり、送信音声に合わせ交際相手の名を含んだ喚きなどを行う事で誘導場所に飛び込ませようとしていた。
・上記音声を聞かせるうえで、複数の創価信者など氏名・住所・証拠が露呈した為と公安警官の一時的な個人的介入があった為、レイプ音声を中止し、恫喝・脅迫・中傷を含む計算された喚き声に切り替え、当方が短絡的行動を起こしたり神経失調になるように犯行内容を変更、現在も犯行を継続している。

公開データを見ていただければわかるが、ストーカー犯罪者とその繋がりから調査している為、犯行者間の繋がり・車両ナンバーの犯罪性・創価信者の明確な関与(信者の喚きも含め)などが浮き彫りになっている。
また、音声を聞かせての当方の反応・身体的影響を見る為に、専従の創価ストーカーと犯行拠点信者が現れ行動を起こす為、調査・証拠確保に役立っている(笑)

犯行者個人の、交際相手を奪いたい、という目的の為に、創価信者が組織立ってストーカー行為に及び、オウム真理教のニューナルコを模倣・改良した手口を使って数年間に渡り犯行を繰り返す。
別れさせ行為、創価信者、という点から目を逸らさせようと、ストーカー行為者の演技や音声送信内容にストーリー性を持たせることで、
当方・過去関係者による怨恨犯罪や、若年者による犯行、と見せようとする薄汚さである。
ストーカー行為や音声の録音に信者子供や若年者を利用している部分はあるが、犯行を計画・主導しているのは、れっきとした成人で職や家庭をもつ馬鹿信者達である。
当方のみにわかるようストーカー行為を行い、交際相手からみて当方がおかしくなったと見えるよう目論み、交際相手と喧嘩などが起こるたびに犯行依頼者が擦り寄る。
交友範囲や生活を困窮させれば犯人を調べる余裕がなくなるだろうと、交友範囲・業務等にも有形無形の妨害を加える。
創価信者の実態は、「狂え!」などと喚く信者子供の声を聞いていただければ理解できるかと思う。


犯人データ更新版アップ先 2005-11-15

http://puinyu.kir.jp/__HPB_Recycled/uploader/src/up0125.zip

http://game.free-uploader.com/up/download/1131168205426280.AzL8Vu

http://itaro.kir.jp/cgi-bin/up5/src/ita0024.zip

http://uploaders.ddo.jp/upload/5mb/src/up1505.zip.html

http://bebe.sakura.ne.jp/kitten/src/kitten0322.zip.html

http://upld2.x0.com/data/upld21921.zip

http://read.kir.jp/file/read25332.zip

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > カルト2掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。