★阿修羅♪ > カルト2 > 459.html
 ★阿修羅♪
池田レイプ事件を告発した信平信子氏の夫、醇浩氏が死去(週刊新潮が報道)
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/459.html
投稿者 熊野孤道 日時 2005 年 11 月 26 日 16:53:17: Lif1sDmyA6Ww.
 

「週刊新潮」12月1日号(週刊新潮http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
参照のこと)に『10年間「創価学会」と闘い続けた「信平さんの夫」』と題した記事が掲載された。

それによると今月の11月11日、池田レイプ事件を告発した信平信子氏の夫、
信平醇浩氏が心臓の衰弱により死去していたことが分かった。享年83歳。

詳細は下記に挙げる週刊新潮の記事を参照のこと。
先に述べた記事が全文引用されているサイトから引用。


創価学会ウォッチhttp://wave2005.hp.infoseek.co.jp/から
http://wave2005.hp.infoseek.co.jp/hanzai/051125.htmより引用

10年間「創価学会」と闘い続けた「信平さんの夫」

池田レイプ事件を告発した信平(のぶひら)信子さんの夫、醇浩(じゅんこう)さんが心臓の衰弱により83歳で亡くなった。告発以来、およそ10年。激しい誹謗中傷に晒されながらも、最後まで創価学会と池田大作名誉会長に対する毅然たる姿勢を失わない生涯だった。


11月11日午後10時25分。函館五稜郭病院で、醇浩さんは、家族に見守られて静かに息を引き取った。
もともと心臓が弱かった醇浩さんは、今年になって病院に通うことが多くなり、10月31日に心臓の不調を訴えて入院。しかし、入院中は元気そのもので、亡くなる当日の夕方も笑顔で、「明日、何時に来るから」という信子さんに、「ああ、そうかい。気をつけて帰れよ。バイバイ」

と、言葉を交わしたばかりだった。その数時間後に容体が急変。病院からの連絡で信子さんと長男が駆けつけると、醇浩さんは、酸素吸入を受けていたという。

「苦しそうな様子もなく、口がぶつぶついっているので耳を近づけると、目をつむったままお題目をあげていました。そのまま眠るように息を引き取りました。お人形のようにきれいな顔でした」


罵詈雑言をあびても


醇浩さんは、・・・・・・・・・・・・信子さんが長男を出産して以降、健康が優れなくなったことから、創価学会に入信。夫婦で信仰のために尽くした。

特に信子さんの活躍はめざましく、“折伏の鬼”と称され、池田氏は「函館に 歴史残せし 光る君」という自ら作った句を信子さんに贈り、金褒章や公布功労賞という名誉ある賞も与えて功績を讃えている。

しかし、信子さんが告発することになる池田大作氏の3度にわたるレイプ事件を経て、夫妻は平成5年に創価学会を脱会。本誌に、「私は池田大作にレイプされた」という告白手記を発表したのは、平成8年2月のことだった。

その後、創価学会の機関紙や雑誌で、“品格”のかけらもないあらゆる罵詈雑言を浴びせられながらも池田レイプ事件を法廷に持ち込んだ。

信平さん夫妻は、急発進した車に轢かれそうになる何度も遭遇しながら、挫けることはなかった。

だが、裁判所は信子さんに対して、証人として証言させることもなく、「時効」でこれを退けるのである。

裁判を傍聴し続けたジャーナリストの乙骨正生氏がいう。

「信子さんの訴えは時効であるとし、ご主人の醇浩さんの損害部分についても実質的な事実審理に入ることなく訴えを退けたのです。裁判官が完全に創価学会側の主張に沿って訴訟指揮するという、司法における創価学会の力を見せつけた裁判でした。しかし、それでも醇浩さんは、誰もがひれ伏すこの巨大組織に一度も揺らぐことなく、毅然たる批判の姿勢を貫きました。自らの信仰に忠実に生きた立派な生涯でした」

83歳の大往生だった。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > カルト2掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。