★阿修羅♪ > カルト2 > 601.html
 ★阿修羅♪
ストーカー被害とそれに類する音声被害への対策「創価学会員による組織ストーカー犯罪」
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/601.html
投稿者 ノース 日時 2006 年 1 月 28 日 18:30:24: sZ9vL2AnAjmMo
 

創価の組織的ストーカー犯罪では、ストーカー行為のほかに
音響機器等を使った傷害行為も行われます。
各被害者様の被害例、当方案件被害状況から、

・低周波騒音のような形態の意図的な攻撃
・居もしない鳥・犬・猫の不自然な鳴き声や、走っていない列車の警笛を再生する
・就寝時を狙った音声送信と、継続犯行による催眠行為
・上記が効かない場合や、精神失調誘発を意図した場合の、終日音声送信

のように、被害者状況に合わせた攻撃レベルがあります。

音声送信の内容は、犯行者偽装・恐喝・恫喝・挑発による釣り出しなどの意図が含まれており、言葉選び・内容構成は精神医療等専門の者が関わっているかのように意識的な構成が行われている。
例えば、被害者の意識を引き音声を聞かせるべく、カクテルパーティ効果等を意図したものなどがあり、
・被害者の名前を含める・呼びかける(〜ちゃん!〜さーん!などと定期的に)
・被害者の過去関係者・出来事等を含ませる
・怒りを増幅させたいときには、幼稚園児に話すかのごとくの口調を使う
などを定期的に繰り返し聞かせる。
大抵、近所の創価学会員による実声の同義の喚き等も併用される。

音声送信に対する防御法は(不確実ではあるが)、
・機器運用者宅を特定し、射線上に金属性戸棚等を配置する。
・就寝時の耳栓使用
・メンタルコントロール
・上半身・首筋等へ効果のあるストレッチ・マッサージ
等であり、もっとも重要なのは、
「ストーカー行為者・機器運用者の特定及び親族の洗い出し、通報等反攻」
です。
実質的犯行者を視野に入れると、音声送信による犯行者偽装の滑稽さが際立ち、メンタルコントロールによる聞き流しもし易くなります。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > カルト2掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。