★阿修羅♪ > カルト2 > 775.html
 ★阿修羅♪
歴史改竄で故人「藤原弘達」まで鞭打つ「創価学会」 【週刊新潮】
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/775.html
投稿者 ロシアチョコレート 日時 2006 年 4 月 09 日 14:16:48: DsXgc9p/1U5SM
 

「週刊新潮('06.4.13)」の53頁から貼り付けます。
http://book.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

(貼り付け開始)

6 歴史改竄で故人「藤原弘達」まで鞭打つ「創価学会」

 死者に鞭打つとは、まさにこのことだろう。創価学会青年部の機関紙で繰り広げられている故・藤原弘達氏への罵詈雑言だ。言論出版妨害事件を歴史から消し去ろうとしているかのような悪辣さである。

森山 藤原弘達という男がデタラメな本を出して>、中傷したこともあったな。
 佐藤 昭和44年のことだ。僕も生まれていない昔の話だが(笑い)、デマの構図は今と全く変わらない。むしろ時代が経って、より鮮明になる事実もある>(『創価新報』3月15日付)

<元祖デマ男藤原弘達の正体>というタイトルの青年部の座談会だが、何とも下品な表現が続く。故人である藤原氏(平成11年没)に対して、<品性下劣><エロ達><愚劣なやつ><インチキ野郎>など、それこそ品性下劣な言葉を投げつける。

 ご存じのように政治評論家の藤原氏が昭和44年に出版した『創価学会を斬る』を巡って起きたのが言論出版妨害事件。批判を浴びた池田大作会長(当時)は謝罪し、公明党との政教分離を表明せざるをえないところまで追いつめられた事件だが、「学会は、風化したので何を言ってもいいと思っている」(学会ウォッチャー)

 それにしてもこのデタラメさはいったい何なのか。

竹内 とにかく悪辣な「言論の暴カ」だった。なかでも許せなかったのは、藤原が学会の婦人部、女子部を侮辱したことだ>

 その侮辱の傍証として、本誌記事中の藤原氏のコメントを引用している。

<“学会の情報網は信者のキャバレーの女中やホステスが主で、その知的水準の低さは……”(「週刊新潮」昭和44年3月1日号)等々、まるで“遊女”呼ばわりだった>

“墓荒らし”

 曲解である。

<知的水準の低さは>

 の後にこう続くのだ。

<せいぜい高利貸程度の情報でしかなく、高度の政治犯罪をアバく力はない>

 いったいどこが侮辱であり、遊女扱いなのか。

竹内 だから広告が出た後、学会側は藤原に忠告した。代表が藤原に会いに行った。“学会に関する本を出すなら、極端な決めつけではなく、きちんと取材もして、事実に基づいて書いてほしい”“そのために資料も提供するし、どこでも案内する”と要望した

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > カルト2掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。