★阿修羅♪ > カルト2 > 836.html
 ★阿修羅♪
世田谷一家殺害事件で担当警部補が報告書を虚偽作成 朝日新聞他
http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/836.html
投稿者 外野 日時 2006 年 5 月 13 日 00:15:09: XZP4hFjFHTtWY
 


二階堂ドットコム http://www.nikaidou.com/column02.html には次のような投稿がある。

---------------------------------------------
 ひょんなことからこのサイトに出会いました。5-6年前に起こった、世田谷一家殺人事件覚えていますでしょうか。現在も捜査続行中などと報道されていますが、あれは現場の刑事がポーズでやっているだけです。警視庁上層部は既に犯人を知っています。あの殺人は創価学会が絡んでいるため、自民党・公明党の大物議員が警視庁に猛烈な圧力をかけていたそうです。警視庁幹部と懇意にしているある社長の娘から聞いたので間違いないと思います。知人に迷惑がかかるので私からはこれ以上の情報提供は出来ませんが、もし興味がありましたら調べてみてはいかがでしょうか。

→ 宗教がらみ、とまでは報じられましたよね。一課から異動してきた奴に聞きましたが、なきにしもあらずというところで。(略)
---------------------------------------------


世田谷一家殺害事件、警部補が虚偽の報告書作成
2006年 5月12日 (金) 21:53
朝日新聞
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060512/K2006051203310.html

 東京都世田谷区で00年12月、会社員宮澤みきおさん(当時44)一家4人が殺害された事件の捜査に携わっていた警視庁小平署地域課の男性警部補(57)が、実際には会っていない住民から聞き込みをしたなどとする虚偽の捜査報告書を作成していたことが分かった。警視庁は12日、警部補を虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで書類送検するとともに、停職3カ月の懲戒処分とした。警部補は同日付で辞職した。

 人事1課によると、警部補は当時、捜査本部がある成城署の生活安全課に所属。警部補は01年5月〜04年6月、担当地域で住民が不在だったり、協力が得られなかったりしたにもかかわらず、住民から聞き取ったとする報告書35通を作成し、提出したとされる。指紋採取では、自分や妻の指紋を押していたという。

 捜査の洗い直しの過程で、捜査協力をしたことがない人の捜査報告書が存在していることが分かり、発覚した。

世田谷区の一家4人殺害、警部補が報告書ねつ造
2006年 5月12日 (金) 19:17
読売新聞
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/shakai/20060512/20060512it13-yol.html?C=S

 警視庁小平署地域課の警部補(57)が、東京都世田谷区で会社員宮沢みきおさん(当時44歳)一家4人が殺害された事件(2000年12月)の捜査に当たった成城署特捜本部に在籍していた当時、聞き込み捜査で虚偽の報告書を作成したとして、警視庁は12日、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いでこの警部補を書類送検し、3か月の停職処分にした。
 警部補は同日、辞職した。

 同庁によると、警部補は01年5月〜04年6月、付近住民の聞き込み捜査で、実際には会っていない住民ら43人について、十分に話を聞いたと偽った報告書を計35通偽造した疑い。

 当時、特捜本部は、住民に指紋を押してもらうこともあったが、偽造報告書には、警部補と妻の指紋が押されていた。警部補は「協力を得られず、やってしまった」と供述している。特捜本部が最近になって改めて聞き込みし、虚偽が判明した。

世田谷事件で虚偽の報告書 警視庁、警部補を書類送検
2006年 5月12日 (金) 21:48
共同通信社
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20060512/20060512a4900.html?C=S

 東京・世田谷の一家4人殺害事件の捜査で虚偽の報告書を作ったとして、警視庁は12日、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で、小平署地域課の警部補(57)を書類送検し、停職3カ月の処分にした。この警部補は同日付で依願退職した。

監督責任として捜査1課の課長代理(55)ら4人を所属長訓戒と注意処分にした。

調べでは、警部補は成城署生活安全課員で事件の捜査本部員だった2001年5月から04年6月までの間、延べ44人の住民らから聞き込みし、指紋採取の協力を得たかのように装って虚偽の報告書計35通を作成して提出した疑い。

指紋はすべて押されていたが、いずれも自分と家族のものだった。警部補は「住民と思うように面接できず、協力が得られないことがあり、放置すると捜査全体が遅れると思った」と話している。


世田谷区4人殺害:警視庁警部補が虚偽の捜査報告書
毎日新聞
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060513k0000m040006000c.html

 東京都世田谷区で00年に起きた会社員一家4人殺害事件で、虚偽の捜査報告書を提出したとして警視庁は12日、小平署地域課の警部補(57)を虚偽有印公文書作成・同行使容疑で書類送検するとともに、停職3カ月の懲戒処分とした。現場周辺の聞き込み捜査や任意での指紋採取を担当していたが、自分の指紋を添付した報告書を作成していた。事件は未解決だが、警視庁は「捜査への影響はなかった」としている。

 警部補は同日付で辞職した。調べでは、警部補は成城署生活安全課員として同署に設置された「宮沢みきおさん(00年12月の発生当時44歳)一家4人殺害事件」の捜査本部に所属していた01年5月〜04年6月、虚偽の捜査報告書35通を捜査本部に提出した疑い。報告書には、事件現場近くの住民ら43人に面接し話を聞いた記録と、協力を得て採取したとする指紋が添付されていたが、報告内容は虚偽で、26人には面接すらしていなかった。指紋は警部補自身か妻のものだった。

 捜査本部が最近になって捜査を洗い直そうと住民らに再捜査したところ、「過去に協力したことはない」という住民がいたため、発覚した。調べに「住民が不在だったり、捜査協力が得られないことがあり、放置すると全体の捜査が遅れると思った」と供述している。発覚後住民に対して補充捜査をした結果、すべて事件に無関係であることが確認されたという。

 一家殺害事件は00年12月末に発生した警視庁最大の懸案とされる未解決事件。現場の宮沢さん方から犯人のものとみられる指紋が採取され、捜査本部は聞き込み先でも任意の指紋提出と照合に協力してもらっている。

 宮沢さんの父良行さん(78)は「すべての捜査員が懸命に捜査していると信じていたのに。もっと引き締めてほしい」と話した。殺害された妻泰子さん(当時41歳)の姉の入江杏さん(48)は「地域の方々が痛みを伴いながらも捜査協力をして下さっているのに、信じられない気持ちです」とのコメントを出した。

 ▽北村博文・警視庁警務部参事官の話 全庁あげて取り組んでいる事件捜査の信用を害する行為で、極めて遺憾。事件解決に向けて引き続き組織をあげ取り組んでまいりたい。

毎日新聞 2006年5月12日 17時30分 (最終更新時間 5月12日 23時54分)

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > カルト2掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。