★阿修羅♪ > 国家破産42 > 324.html
 ★阿修羅♪
「地球温暖化問題の歪曲」2 欧米中心の世界は終わる? 【田中宇の国際ニュース解説】
http://www.asyura2.com/0505/hasan42/msg/324.html
投稿者 愚民党 日時 2005 年 9 月 10 日 22:06:17: ogcGl0q1DMbpk
 

田中宇の国際ニュース解説 2005年9月6日 http://tanakanews.com/

━━━━━━━━━━━━━
★欧米中心の世界は終わる?
━━━━━━━━━━━━━

 この記事は「地球温暖化問題の歪曲」の続きです。
http://tanakanews.com/f0827warming.htm

 マスコミをにぎわしている地球温暖化問題は、純粋な科学の問題ではなく、
政治によって歪曲された話ではないか、と私が最近感じたきっかけは、7月上
旬にスコットランドで開かれたG8サミットの主要な議題として、温暖化問題
が採り上げられたことである。

 主催者であるイギリスのブレア首相にとって、このサミットは、アメリカの
ブッシュ政権が壊してしまった世界の体制を元に戻すための重要な会合だった。
ブレアがその会議の中心議題として、アフリカなど最貧国の救済問題と並んで、
地球温暖化問題を選んだことは、これらの2つの問題が、世界をある方向の体
制に持っていくために有効な手段であるからではないか、と私は考えた。

 サミットが近づくにつれて、欧米や日本などの先進各国でアフリカ救済をう
たった「ライブ8」が開催されたり「地球温暖化を放置すると、数年後にはロ
ンドンやオランダが水没する」といった極端な論調の新聞記事が欧米マスコミ
に増えた。毎日世界のマスコミをチェックしている私には、これはどう見ても
政治的な意図を持った動きだった。

 ブレアは、地球温暖化対策という国際問題を使って、世界をどう動かそうと
したのだろうか。それを考えるのが今回の記事の主題である。最貧国の問題や
地球温暖化の問題は、いずれも奥が深く話が専門的かつ広範囲である。そのた
め、ここでは前回も書いた地球温暖化の問題に絞り、アフリカ救済については
改めて調べて論じる。

▼排出規制は東欧へのEU統合の条件?

 地球温暖化問題が国際政治の舞台で提起されたのは1990年代の前半で、
1992年のリオデジャネイロ環境サミットで、先進諸国とロシア東欧諸国の
合計40カ国近い国々が、地球温暖化を防止するために二酸化炭素の排出量を
規制することで合意したのが、初期の到達点だった。

 当時は英ブレア政権だけでなく、アメリカのクリントン政権も温暖化対策に
積極的だった。前回の記事で紹介した地球温暖化を象徴する「ホッケーの棒」
理論を提唱したのはアメリカの科学者3人だったし、ブッシュ政権になって米
政府が温暖化対策を拒否するようになった後も、温暖化対策を主張する科学者
の中心勢力はアメリカにある。温暖化問題は、今ではヨーロッパ(EU)がア
メリカの経済成長を阻害するために持ち出した問題であると考える分析者もい
るが、経緯を見ると、むしろ米英がEUを巻き込んで始めた動きである。

 リオ環境サミットの調印国と、その後1997年に採択された京都議定書で
温室効果ガスの削減目標を課された国は、ほぼ重複しているが、それらは、西
欧諸国、アメリカ、カナダ、日本、オーストラリア、ニュージーランドといっ
た先進国のほかは、ロシアやハンガリー、ウクライナなど、ロシア東欧諸国ば
かりである。韓国、東南アジア諸国、中国、メキシコなど、東欧以外で経済成
長している中進国は一つも入っていない(京都議定書を批准しているが、温室
効果ガスの削減義務がない)。

 これはおそらく、当時ECがEUに拡大され、西欧が東欧を包含して経済統
合していく動きが始まったことと関係している。リオのサミットで、ロシア東
欧諸国が二酸化炭素排出規制に同意したのは、それが経済統合に参加する事実
上の条件として西欧から提示されたものだったからだろう。
http://www.grida.no/db/maps/collection/climate6/

 欧州経済統合が進み、東欧の企業が西欧市場で自由に商品が売れるようにな
ると、西欧の経済成長が東欧に奪われ、西欧の優位性が失われる可能性がある。
二酸化炭素排出を規制すれば、発電や自動車の走行といった石油やガスの利用
のコストが上がり、その分、経済発展が阻害される。西欧は、東欧に対して排
出規制の足かせを強制することで、西欧が東欧より金持ちで政治力も強い状態
を、より長く続けることができる。

▼途上国の発展を遅らせる温暖化対策

 このことを世界的に普遍化して考えると、地球温暖化問題は、先進国が発展
途上国の追いつきを阻止するという政治的な効果を持っていると感じられる。
先進国は、経済の中心が製造業から金融業などサービス業に移行しており、二
酸化炭素を排出する時期は過ぎている。だが、これから経済成長しようとする
発展途上国は、二酸化炭素をより多く出す製造業が頼りである。

 京都議定書は、先進国とロシア東欧諸国にしか排出規制の義務を課していな
いが、次の段階では、中国や韓国など、これから先進国になっていこうとする
国々に対しても、排出規制が義務づけられていく可能性が大きい。長期的に見
ると地球温暖化対策は、途上国の発展を阻害し、その分だけ先進国が優位に立
てる時期を長引かせるための企画だといえる。

 今の世界で、先進国とは「欧米」のことである(オーストラリアとニュージ
ーランドも欧州人の国である)。地球温暖化対策を政治的に解読すると、欧米
中心の世界をできるだけ長く維持するために、英米が提起した試みといえる。

 先進国の中で、欧米でない唯一の国は日本だが、戦後の日本は完全な対米従
属国で、欧米に楯突く姿勢は一切見せていない。また日本は、国家戦略的に見
ても、省エネ技術や二酸化炭素排出削減の技術が進んでいるため、温暖化対策
が実施されることは有利にはたらく。排出規制が国際法になれば、中国など他
のアジア諸国もいずれ調印せざるを得ず、その分経済発展の足かせを負うこと
になり、アジアで最初の先進国である日本にとっては有利である。日本が、温
暖化対策という名の欧米中心体制を維持する企画に乗ったのは国益に沿った動
きだった。

 温暖化を研究している科学者はこんな風に考えず、単に地球の環境だけを考
えて発言してきたのかもしれないが、政治家はそうではない。科学者は、気づ
かぬうちに政治家に使われている可能性がある。

▼単独覇権主義は欧米中心主義の改訂版と思われたが・・・

 これでアメリカが京都議定書を批准していれば、世界の途上国は気づかぬう
ちに足かせをはめられ、欧米中心の世界体制の延命が実現していたはずだ。と
ころが現実はそうならなかった。京都議定書は、昨年11月にロシアが批准し
たことで、発効の前提となる条件(世界の温室効果ガス排出量の55%以上を
占める国々が批准すること)が満たされ、発効したものの、世界最大の排出国
(世界全体の約4割を排出)であるアメリカは批准せず、条約として不完全な
ものにとどまっている。

 アメリカの政界では1996年ごろから、共和党右派を中心とする「タカ派」
の勢力が強くなった。彼らは「ソ連亡き今、アメリカは圧倒的に世界最強なの
だから、世界から圧力をかけられても、国益にそぐわないことをやる必要はな
い」と主張する「単独覇権主義」の傾向が強く、京都議定書に盛り込まれた温
暖化対策を「米経済に悪影響を与える」として反対していた。クリントンのホ
ワイトハウスは、議会上院の多数派を共和党に押さえられ、上院は「途上国が
十分に参加しない限り、京都議定書を批准しない」という決議を採択し、批准
は事実上否定された。

 その後、2000年の大統領選挙でブッシュが、クリントンの後継者である
ゴアを破り、さらに翌年の911事件でアメリカ社会が一気に保守化したため、
米政界は共和党右派の圧勝状態となった。ブッシュは京都議定書を否定し、温
暖化対策を拒否し続けた。

 当初、イギリスや日本などのアメリカの同盟国は、クリントンからブッシュ
への交代に伴うアメリカの戦略転換を、方針の微調整だと考えていた。クリン
トンは、共和党支持の傾向が強い石油業界と軍事産業に対して比較的冷たかっ
たが、ブッシュはこれらの業界にテコ入れするため、京都議定書を破棄したり、
外交ではなく軍事による解決を重視する「先制攻撃」の政策を提唱したりする
のだろうと考えられた。

 政権を握った共和党右派からは「環境問題の重視や、国際紛争の外交的解決
など、西欧諸国の主張は、アメリカの国益にそぐわないので無視した方がよい」
といった主張も出てきた。これは従来の「欧米中心主義」が「アメリカ中心主
義(単独覇権主義)」に代わっただけだと、米国内や日英などの分析者の多く
が考えた。

 つまり、アメリカはブッシュ政権になって、国内的には石油産業と軍事産業
を重視し、国際的には西欧との関係を軽視して単独覇権の傾向を強めるという
微調整を行ったというのが、イラク戦争の泥沼化が顕著になるまでの、大方の
見方だった。ブッシュに切り捨てられた西欧諸国は、EU全体を合計しても、
軍事的、経済的にアメリカよりずっと弱く、アメリカが身勝手に振る舞っても、
それに報復することはできないと考えられた。


▼温暖化対策を拒否して世界を多極化する

 ところが、2004年になって、明らかにイラク戦争は失敗だったと分かっ
ても、ブッシュ政権は「単独覇権主義」や「先制攻撃」の姿勢を変えなかった。
単独覇権主義が失敗した以上、ブッシュは欧米中心主義(いわゆる「国際協調
主義」)に戻るだろうと考えて、ブレアはブッシュが方針を戻しやすいように
今年7月のG8サミットを用意した。
http://tanakanews.com/f0216bush.htm

 ブレアは、G8の会議場に中国やインドの首脳を招待し、彼らに地球温暖化
対策の重要性について肯定的な見解を述べてもらうことで、ブッシュや米議会
が京都議定書を拒否してきた理由である「途上国の十分な参加がない」という
問題点を乗り越える形を作ろうとした。だがブッシュはこれに乗らず、温暖化
対策を拒否する姿勢をほとんど変えず、アフリカ支援強化も表向きだけ協力す
るにとどまった。
http://tanakanews.com/f0708London.htm

 そして、ブッシュがブレアの提案を断る代わりに行ったのは、中国やインド
などと、二酸化炭素などの排出削減技術の開発で協力する協定を結ぶという行
為だった。この協定には、日本や韓国、オーストラリアも入っているが、イギ
リスを含む欧州勢は外されている。ブッシュが発したメッセージは、ブレアが
提案する「欧米中心主義への回帰」を拒否し、中国やインドといった欧米中心
主義が発展を阻害しようとした国々との協力関係を作るという姿勢である。

 ブッシュは単に、自分が掲げた「単独覇権主義」などの方針を変えたくない
という、メンツにこだわる依怙地なだけなのだろうか。ブッシュ本人は、そう
なのかもしれない。しかし、政権全体としては、おそらく「欧米中心主義」と
は別の戦略を追究し始めていると思われる。

 別の戦略とは「多極主義」、つまり世界の中心を欧米に固定化するのではな
く、中国、インド、ロシアなど複数の覇権国が存在している状態を、今のアメ
リカ上層部は目指しているのではないかと私は感じている。アメリカは世界を
多極化しようとしているのではないか、という分析を、私はこれまでに何本か
書いてきたので、それらを読んでいただくと、この間の経緯を理解していただ
けると思う。
http://tanakanews.com/e0217dollar.htm
http://tanakanews.com/e1027america.htm
http://tanakanews.com/f0315dollar.htm
http://tanakanews.com/f0716Iraq.htm

▼多極主義の背後に資本の理論

 重要なのは、アメリカの上層部がなぜ、自分たちが世界の中心であり続ける
「欧米中心主義」ではなく、あえて中国やロシア、インドなどに覇権を譲り渡
す「多極主義」を選ぶのか、ということである。私は、その理由は「資本の理
論」にあるのではないかと考えている。

 欧米や日本といった先進国は、すでに経済的にかなり成熟しているため、こ
の先あまり経済成長が望めない。温暖化対策が途上国の経済発展の足かせとし
て用意されていることを見ると分かるように、今後も欧米中心の世界体制を続
けようとすることは、世界経済の全体としての成長を鈍化させることにつなが
る。これは、世界の大資本家たちに不満を抱かせる。欧米中心主義を捨て、中
国やインド、ブラジルなどの大きな途上国を経済発展させる多極主義に移行す
ることは、大資本家たちの儲け心を満たす。

(欧米のマスコミで最近よく見る「予測」通り、地球温暖化による海面上昇で、
このままだと数年後にロンドンやニューヨークが海中に沈むのだとしたら、温
暖化対策は、経済的マイナスよりプラスの方が大きいということになるが、こ
うした「予測」は極論であり、政治的プロパガンダとしか見えない)

「資本家だって、ほとんどは欧米人(もしくはユダヤ人)なのだから、欧米中
心主義(もしくは欧米・イスラエル中心主義)を望むのではないか」と考える
人がいるかもしれない。しかし、産業革命以来の資本の動きを見ていると、資
本(もしくは大資本家)とは、非常に国際的な存在であることが分かる。イギ
リスで始まった産業革命を、欧州大陸諸国やアメリカ、そしてロシアやアジア
へと拡大、飛び火させていったのは、資本家の動きである。

(資本家の中心が反シオニズム・国際主義のユダヤ人だとしたら、資本家の特
性と、国籍を選ばないという資本の特性とは一致する)
http://tanakanews.com/f0622israel.htm

 資本家が愛国主義を最重視したとしたら、産業革命で得られた技術をイギリ
スから出さなかっただろうが、歴史はそうなっていない。資本家は、産業革命
が一段落したらイギリスを見捨て、まだ産業革命が始まっていない他の国に投
資し、その国で産業革命を起こしてもっと儲ける道を選んだ。第一次世界大戦
後、世界の覇権と経済の中心がイギリスからアメリカに移動したことにも、資
本家の意志が感じられる。欲得が愛国心などのイデオロギーを上回っているの
が資本の論理である。

 資本家が世界の多極化を望むのは、以前からの傾向だった。アメリカの大資
本家の代表格であるロックフェラー財閥は、国民党政権の時代から中国の経済
発展を望んでいた。その後、中国は共産化し、アメリカの敵とされてしまった
が、1970年代に入り、ベトナム戦争の泥沼を救うという名目で、冷戦重視
派を押しのけて中国との友好関係を復活したニクソン政権のキッシンジャー補
佐官は、ロックフェラーの政策大番頭だった。

 最近ではキッシンジャーは、毎年のように北京を訪問し、共産党政権の首脳
たちに対し、どうやったら大国になれるかをアドバイスし続けている。こうし
た動きの背景には「資本の理論」、つまり今よりもっと儲かる投資先を作り続
ける、という意図があると思われる。

 クリントン時代のアメリカは、デリバティブなど金融商品の拡大によって信
用創造を行い、国内消費を喚起して世界経済の牽引役として機能していた。こ
の体制は資本の理論に合っていたが、1997−98年の世界通貨危機後、こ
の体制による発展が続かなくなり、ブッシュ政権になって、アメリカは政府も
民間も債務が拡大し、ドルの不滅神話もどこまで続くか心もとない感じになっ
てきている。

▼911で失われた石油利権

 ブッシュ政権の中に自滅的な多極主義を推進する勢力がいると思われる他の
要素としては、たとえば911事件でサウジアラビアを犯人扱いしたことがある。

 サウジアラビアは、石油の産出力に大きな余力がある。従来のアメリカはサ
ウジ王室と親密な関係を築くことにより、石油価格が高騰しそうなときにサウ
ジに増産してもらい、石油価格を安定させてきた。サウジ王室は1930年代
の建国以来、国作りの根幹をアメリカのノウハウに頼り続けており、親米以外
の政策を採れない状況にあった。

 石油は経済発展には不可欠な物資である。欧米諸国が、これまで欧米中心の
世界体制を維持できた背景には、世界の石油流通の根幹をアメリカや西欧の石
油会社が握るとともに、サウジに代表される産油国の政府を手なずける外交政
策があった。

 ところが、ブッシュ政権が911事件でサウジ政府を犯人扱いしたため、ア
メリカとサウジの関係は悪化した。以前の記事「サウジ滞在記(3)」に書い
たが、911の実行犯19人のうち15人がサウジ人だとされていることは、
米当局が仕掛けた濡れ衣である可能性が大きい。
http://tanakanews.com/f0426saudi.htm

 サウジ王室は、その後も表向きは親米的な態度をとっている。だが、本質は
どうなのか、疑問がある。サウジの王室やその他の金持ちたちがアメリカに投
資していたオイルダラーの多くは、アメリカを離れて中東に還流しており、ア
メリカを敬遠する傾向が見られる。

 このところ続いている石油価格の高騰に対しては、サウジ政府は増産して高
騰を抑制することに協力していると表明しているが、本当にそうなのか。アメ
リカに裏切られたサウジは、ロシアやベネズエラなど他の産油国と裏で協定し、
石油価格をつり上げて儲けているのではないかとも勘ぐれる。

 ベネズエラ、イラン、スーダンなど、アメリカは他の産油国に対しては露骨
な敵対政策を採っており、これらの国々は、世界最大の石油消費国であるアメ
リカを困らせると同時に、自国の富を膨らませることができるので、石油価格
をつり上げる動機を持っている。

 イランなどは、従来は米英だけに存在している石油の国際市場を自国に作る
ことで、石油の価格決定権を米英が独占してきた状態に風穴を開けようとして
いる。この試みが成功するかどうか、まだ分からないものの、アメリカは単独
覇権主義を掲げたことにより、不必要に石油に対する支配権を失いかねない状
況になっていることは確かである。

 地球温暖化対策との関係で見ると、石油価格の高騰は、皮肉な効果をもたら
している。ガソリンの高騰が続くことで、米国民は自動車の利用を抑制せざる
を得なくなり、二酸化炭素の排出量も自然に減るからである。

▼多極主義はブッシュ政権の隠された戦略?

 911事件後、執拗にサウジ政府を犯人扱いし続けたのは、ブッシュ政権の
中枢にいたネオコン勢力である。彼らは中東でサウジとライバル関係にあるイ
スラエルのためにサウジを攻撃し続けたという分析が一般的だ。だが私が以前
から疑っていることは、実はネオコンは「隠れ多極主義者」であり、アメリカ
が従来推進してきた欧米中心主義の体制を破壊することが真の目的だったので
はないか、ということである。
http://tanakanews.com/e0619neocon.htm

 イラク侵攻の際、少ない兵力で十分勝てると主張し、フセイン政権崩壊後の
イラク占領の過程で兵力不足を引き起こしたのは、当時のウォルフォウィッツ
国防副長官に代表されるネオコン勢力である。「イラクは大量破壊兵器を持っ
ていないのではないか」と主張するCIAをブッシュ大統領から遠ざけるとと
もに、極論をかき集めてイラクが大量破壊兵器を持っているに違いないという
歪曲された論陣を張り、米国民を騙したのも、当時のダグラス・ファイス国防
次官らネオコンである。

 ネオコンは、米政界で強まっていた単独覇権主義の論調を極端に押し進める
ことで、事態を失敗に持ち込み、結果的に単独覇権主義を破綻させ、世界が多
極化していく素地を作ったと考えられる。

 とはいえ、ブッシュ政権内で隠れ多極主義者だと思われる人々は、ネオコン
だけではない。ネオコンと対立していたとされるパウエル前国務長官と、その
後任であるライス国務長官も、単独覇権主義を推進しているように見せながら、
実は世界の多極化を推し進めてきた疑いがある。

 パウエルは、国務長官だった2004年初めに、フォーリン・アフェアーズ
誌に、アメリカはロシア、インド、中国を支援するという主旨の宣言を含む論
文を発表している。彼は「アメリカは、強くて安定し、経済力と外交力を持っ
た大国として中国が台頭することを望んでいる。中国の指導者も、それをよく
知っている」と多極主義的なことを書いている。
http://tanakanews.com/e0122powell.htm

 ライスは6月初め、中国・ロシア・インドの外務大臣がロシアのウラジオス
トクに集まり、3カ国でユーラシアを安定させる協調体制を組むと宣言した会
議が開かれる直前、この会議に出席する直前の中国の李肇星外相と電話会談し、
アメリカは中国が国際社会の中で果たす役割を支援する、と表明している。こ
うしたライスの言動は、アメリカは中国やロシアを支援するというパウエル宣
言の意志を受け継いでいる。
http://tanakanews.com/f0615empire.htm

 このほか、中国人民元のドルペッグを何としても外させようと中国に要求し
続けたジョン・スノー財務長官の行為も、表向きは米企業の保護が目的だと言
いながら、実質的には世界の多極化を推進している。
http://tanakanews.com/f0315dollar.htm

 これらのことから言えるのは、ブッシュ政権の中枢には、単独覇権主義者の
ふりをして世界の多極化を推し進めている人々が多いということだ。ブッシュ
政権は、最近のハリケーン「カトリーナ」への災害対策の無策ぶりに象徴され
るように、行政能力の欠如が目立ち始めている。アメリカは世界のことはおろ
か自国のことも対応できない状態になりつつあるが、これは政権内の多極主義
者たちにとっては、世界がアメリカに頼らない多極状態に近づくことを意味し
ており、むしろ好ましいことなのかもしれない。

 半面、イギリスのブレア首相や、強いアメリカの復活を目指す米国内の政治
家など、欧米中心主義者(国際協調主義者)にとっては、まずい状態が拡大し
ている。このままでは、ブレアがG8で提唱した地球温暖化対策も、実現しな
いまま空中分解する可能性がある。

 ブレアは9月5日から中国とインドを訪問し、両国との経済関係を強化しよ
うとしている。ブレア自身、ブッシュを説得して欧米中心主義を復活させるこ
とを半ばあきらめ、世界の多極化に沿って自国の国益拡大を追及する道を模索
し始めているようにも見える。
http://edition.cnn.com/2005/WORLD/asiapcf/09/04/blair.china.india.ap/


この記事はウェブサイトにも載せました。
http://tanakanews.com/f0906multipolar.htm


★韓国語版
http://www.ganland.com/tanaka/

★音声訳
http://studio-m.or.tv/index.html

★中国語版
http://tanakanews.com/cn/

メール配信の中止は
http://tanakanews.com/cgi-bin/stop1.cgi?address=katumi@mrj.biglobe.ne.jp
からお願いします。アドレスを変更する場合は、古いアドレスを解除した後、
http://tanakanews.com/
で、新しいアドレスで登録し直してください。
解除できない場合のみ、講読中のアドレスを明記し、経緯を書いてメールで
ご連絡ください。ご自分で解除を試みた経緯が書かれていない解除依頼は
お受けいたしません。

筆者への連絡は
http://tanakanews.com/sendmail.htm
からお願いいたします。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 国家破産42掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。