★阿修羅♪ > 不安と不健康10 > 252.html
 ★阿修羅♪
自殺未遂患者、初回例で8割、複数回例で7割が睡眠不足を自覚 (MedWave) ― 【日本睡眠学会速報】
http://www.asyura2.com/0505/health10/msg/252.html
投稿者 シジミ 日時 2005 年 7 月 05 日 21:17:46: eWn45SEFYZ1R.
 

http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf?CID=onair/medwave/tpic/384167

2005.7.5

自殺未遂患者では、初回企図例で8割が、複数回企図例でも7割が睡眠不足を自覚していたことが分かった。日本医科大学の伊藤敬雄氏らの調査で明らかになったもので、7月1日、一般口演で発表した。

 自殺予防という視点から、睡眠不足がどれだけ影響を与えているのか調べるため、伊藤氏らは、2003年8月から2004年12月までの間に、日本医科大学多摩永山病院の高次救命救急センターに入院した自殺企図例347例(男性117人、女性230人)を対象に、自殺企図1週間前の睡眠状態を調査した。初回例134例(男性54人、女性80人)と複数回例177例(男性38人、女性139人)で比較検討した。

 背景としては、初回例の平均年齢は25歳(18〜79歳)、複数回例は31.2歳(16〜69歳)で、いずれも若い年代が中心だった。診断は、初回例では、適応障害が46%、気分障害圏が34%、不安障害・身体表現性障害が13%、統合失調症圏が6%だった。一方、複数回例では、不安障害・身体表現性障害が36%、適応障害が33%、気分障害圏が16%、統合失調症圏が15%だった。

 初回企図例で84%が、複数回企図例で72%が睡眠不足を自覚していた。また、悪夢を頻回に見た症例は初回例で65%、複数回例で43%に認められた。初回例の52%、複数回例の89%が、就寝前に睡眠導入剤や安定剤を使っていた。

 睡眠時間は、初回例で4.6時間、複数回例で5.7時間と、いずれも成人に理想とされる8時間を大きく下回っていた。

 入床時刻は、初回例が25.2時、複数回例が26.3時だった。睡眠潜時は、初回例が1.5時間、複数回例が0.9時間だった。中途覚醒は、初回例が1.8回、複数回例が2.4回だった。

 これらの結果から、伊藤氏らは、初回例については、「適切な薬物療法の実施、および服薬指導が必要」と結論づけ、「適応障害とともに気分障害圏が多いことから、精神疾患に基づいた睡眠の改善を図るべき」と指摘した。また、複数回例については、「治療の中で睡眠状態の再評価が必要」と指摘した。

 その上で、「睡眠障害に着目し適切に対応することは、その背後にある精神疾患の発見、治療につながりうるので、精神症状の悪化を事前に食い止め、ひいては自殺行動を減少させることにつながる」(伊藤氏)と考察した。(三和護、医療局編集委員)

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 不安と不健康10掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。