★阿修羅♪ > 不安と不健康10 > 638.html
 ★阿修羅♪
ダイオキシン:発生触媒のメカニズムを解明 京大 [毎日新聞]
http://www.asyura2.com/0505/health10/msg/638.html
投稿者 あっしら 日時 2005 年 10 月 24 日 03:47:42: Mo7ApAlflbQ6s
 


 京都大大学院工学研究科の高岡昌輝助教授(環境工学)らの研究グループが、ごみ焼却の際に出るばいじんを大型放射光施設「SPring−8」(兵庫県)で分析し、ダイオキシンを発生させる触媒として銅化合物が働くメカニズムを解明した。ダイオキシン抑制策などへの貢献が期待される。21日に京大で開かれた「X線分析討論会」で発表した。

 ダイオキシンは炭素や塩素などが結合した猛毒物質。塩化ビニールなどを含むごみを燃やし、ばいじんを冷却する時などに発生する。従来、ごみの銅線や基板などから出来る銅化合物が触媒になると推測されていたが、詳細は不明だった。

 高岡助教授らは、家庭ごみのばいじんをダイオキシンが発生しやすい400度まで電気炉で加熱。エックス線で物質の成分が詳しく分かる「SPring−8」を使い、銅化合物の変化を観察した。その結果、塩化第2銅(CuCl2)が還元されて塩化第1銅(CuCl)や単なる銅になり、外れた塩素がダイオキシンを作る流れが判明した。実際、ばいじん1グラム当たりのダイオキシン量は、室温時の84ナノグラム(ナノは10億分の1)が400度では4900ナノグラムに増えた。

 高岡助教授は「焼却時に薬剤を投入するなどして塩化第2銅を作らないようにすれば、ダイオキシン生成を抑制できる可能性がある」と話している。【野上哲】

毎日新聞 2005年10月23日 19時56分

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/news/20051024k0000m040063000c.html

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 不安と不健康10掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。