★阿修羅♪ > ホロコースト2 > 267.html
 ★阿修羅♪
Lavon Affair ラヴォン事件 From Wikipedia, the free encyclope
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/267.html
投稿者 たけ(tk) 日時 2005 年 7 月 24 日 01:31:05: SjhUwzSd1dsNg
 

過去の例:イスラエルがエジプトで行ったことが判明した爆弾テロ
http://www.asyura2.com/0505/war72/msg/535.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 7 月 23 日 19:27:38: SO0fHq1bYvRzo

に出てくるラヴォン事件を調べてみました。
作戦自体は Suzannah作戦(スザンナ・オペレーション)という名前がついていたんですね。まあ、ラヴォン事件のほうが通りが良さそうだ。

----
http://en.wikipedia.org/wiki/Lavon_Affair

Lavon Affair

ラヴォン事件

From Wikipedia, the free encyclopedia.

Wikipedia、フリー百科事典から。

The Lavon Affair refers to a widespread political scandal in Israel that followed an Israeli covert operation in Egypt known as Operation Suzannah. It led to the resignation of several Israeli officials and politicians, and ultimately to the retirement of David Ben-Gurion from active political life.

Lavon事件とはイスラエルでおきた広範囲の政治疑獄を指し示します。
それは、Suzannah作戦として知られるエジプトでのイスラエルの秘密工作によっておこされ、
数人のイスラエルの政府関係者および政治家の辞職、およびデヴィッド・ベングリオンの引退に結びつきました。

It became known as the Lavon Affair or cryptically as the Unfortunate Affair (Hebrew: ???? ???? HaEsek HaBish), after the Israeli defense minister Pinchas Lavon, who was forced to resign because of the incident.

その事件は、イスラエルの防衛大臣 Pinchas Lavon(この人はその出来事のために辞職することを強いられた)の名前にちなんでLavon事件という名前で呼ばれ、ヘブライ語では「不運な事件」と呼ばれています。

Contents [hide]
1 Operation Suzannah
2 Political aftermath
3 Legacy
4 See also
5 External links
6 Footnotes

[edit]

Operation Suzannah

Suzannah作戦

In the early 1950s the United States began pressuring the British to withdraw from the Suez Canal and leave Egypt, and the U.K. eventually signed a treaty with Egypt to do so. Israel was strongly opposed to the British withdrawal, as it feared that it would remove a moderating effect on Nasser's military ambitions, especially toward Israel, but diplomatic methods failed to sway the British. In the summer of 1954 Colonel Benyamin Gibli, the chief of Israel's army intelligence, intiated Operation Suzannah in order to reverse that decision. The plan called for bombing British and American facilities in Egypt, with the intent that they would be attributed to the Egyptian government, in order to demonstrate its "irresponsibility".

1950年代の初めに、アメリカは、スエズ運河から身を引き、かつ英国に対してもエジプトを撤退するように圧迫し始め、英国は、それに従ってエジプトとの間で撤退条約に署名した。
イスラエルは英国の撤退に強く反対し、ナセルのイスラエルに対する軍事的野心を緩和する影響を削除するのではないかと心配した。
しかし、外交努力では英国を動かせなかった。
1954年の夏に、Benyamin Gibli大佐(イスラエルの陸軍情報部のチーフ)はその決定を撤回させるためにSuzannah作戦を立案した。
その計画は、エジプトで英国・アメリカの設備を爆弾で攻撃し、エジプトの政府の「無責任」を実証しようとしたものであった。

Operatives had been recruited several years before, when the Israeli intelligence officer Avram Dar arrived in Cairo under a British cover. He had recruited several Egyptian Jews who had previously been active in illegal emigration activities and trained them for covert operations.

イスラエルの情報将校Avram Darが英国の庇護の下でカイロに着いた時、作戦要員はすでに数年前にリクルートされていた。
彼は、以前から不法な移住活動を行っていた数人のエジプトのユダヤ人をリクルートして、秘密工作のために訓練していたのである。

On July 2, a post office in Alexandria was firebombed, and on July 14, the U.S. Information Agency libraries in Alexandria and Cairo, and a British-owned theater were bombed. The bombs themselves were homemade, consisting of bags containing acid placed over nitroglycerine. The bombs were inserted into books, and placed on the shelves of the libraries just before closing time. Several hours later, as the acid ate through the bags, the bombs would explode. They did little damage to the targets and caused no injuries or deaths. Egyptian authorities arrested one suspect, Robert Dassa, when his bomb accidentally ignited prematurely in his pocket. Having searched his apartment, they found incriminating evidence and names of accomplices to the operation. Several suspects were arrested, including Egyptian Jews and undercover Israelis.

7月2日に、アレキサンドリアの郵便局が firebomb(焼夷弾?)で攻撃された。
7月14日に、アレキサンドリアとカイロの米国情報調査所図書館および英国所有の劇場が爆弾で攻撃された。
爆弾は自家製で、ニトログリセリンの上に酸を含んでいるバッグを置いた構造になっていた。
爆弾は本に挿入され、ちょうど閉店時間の前に図書館の棚に置かれた。
数時間後に、酸によってバッグが侵食されるとともに、爆弾は爆発するようになっていた。
しかしそれらの爆弾は、目標にほとんど損害与えず、負傷者も死者ももたらさなかった。
容疑者の一人(Robert Dassa)の爆弾が彼のポケットの中で偶然に時期尚早に点火した時、エジプトの当局は彼を逮捕した。
彼のアパートを探索して、作戦の共犯者であることを示す証拠および名簿を見つけた。
数人のエジプトのユダヤ人(秘密のイスラエル人を含む)を容疑者として逮捕した。

Israeli authorities reacted with outrage at the accusation, though there was much uncertainty among senior officials as it came to light that the operation had been authorized by Colonel Dar. The trial against those arrested lasted until January 27, 1955, when two of the accused (Moshe Marzouk and Shmuel Azar) were condemned to execution by hanging, and the rest received lengthy prison terms. Two suspects had committed suicide in prison, and another (Israeli agent Avraham Seidenberg alias Paul Frank) had managed to escape.

作戦が Dar大佐によって認可されたことが明るみに出たとともに、不確実ではあるが数人の上級職員の罪名が取りざたされると、イスラエルの政府当局は憤慨で反応した。
逮捕者に対する公判は1955年1月27日まで続き、被告(Moshe MarzoukおよびShmuel Azar)のうちの2人は絞首刑になり、
残りは長期の懲役となった。
2人の容疑者が刑務所で自殺し、別のもの(イスラエルのエージェント Avraham Seidenberg別名Paul Frank)は釈放された(escape?、逃走した?)。

The trial was criticized as a show trial, and there were allegations of torture against suspects.

その裁判は見せしめ裁判として非難され、容疑者に対する拷問の主張があった。

[edit]

Political aftermath

政治的な余波

In meetings with prime minister Moshe Sharett, secretary of defense Pinchas Lavon denied any knowledge of the operation.
When intelligence chief Gibli contradicted Lavon, Sharrett commissioned a board of inquiry consisting of Israeli Supreme Court Justice Isaac Olshan and the first chief of staff of the Israel Defense Forces, Yaakov Dori that was unable to find conclusive evidence that Lavon had authorized the operation. Lavon tried to fix the blame on Shimon Peres, who was the secretary general of the defense ministry, and Glibi for insubordination and criminal negligence. Sharett resolved the dilemma by siding with Peres, after which Lavon resigned. Former prime minister David Ben-Gurion succeeded Lavon as minister of defense.

Moshe Sharett首相との会合で、国防長官Pinchas Lavonは作戦についてのどんな知識も否定した。
Gibli情報大佐がLavonと対立したので、Sharrettはイスラエル最高裁判事Isaac Olshanおよびイスラエル防衛軍の最初の首席補佐官であるYaakov Doriから成る調査委員会に調査を委任した。
その委員会はLavonが作戦を認可したという決定的な証拠を見つけることができなかった。
Lavonは、Shimon Peres(この人は国防省の事務局長だった)およびGlibiに不従順と犯罪的過失への非難を振り向けさせようとした。
Sharettは、Lavonが辞職したのちに、Peresの側につくことによりジレンマを解決した。
Lavonが国防大臣を辞任すると、元首相のデヴィッド・ベングリオンが国防大臣となった。

In April of 1960, a review of minutes from the inquiry found inconsistencies and possibly a fraudulent document in Gilbi's original testimony that seemed to support Lavon's account of events. During this time, it also came to light that Seidenberg (the Israeli agent running Operation Suzannah in Egypt), had committed perjury during the original inquiry. Seidenberg was also suspected of betraying the group to Egyptian authorities; though the charges were never proven, he was eventually sentenced to a jail term of 10 years. Ben-Gurion scheduled closed hearings with a new board of inquiry chaired by Chaim Cohen, a supreme court justice.

1960年の4月に、Lavonの事件への関与を支持するように見えたGilbiのオリジナルの証言の詳細な再調査の結果、矛盾および恐らく詐欺のドキュメントを見つけた。
その間、Seidenberg(エジプトでSuzannah作戦を実行したイスラエル人エージェント)がオリジナルの質問の間に偽証を犯したことも明るみに出た。
Seidenbergはまた、エジプト当局にグループを渡した疑いをかけられ、その関与は証明されなかったのだが、結局、彼に10年の刑期が宣告された。
ベン・グリオンは、Chaim Cohen最高裁判所判事を長とする新しい調査委員会によって審問を終了させようと予定した。

This inquiry found that the perjury indeed had been committed, and that Lavon had not authorized the operation. Sharett and Levi Eshkol tried to issue a statement that would placate both Lavon and those who had opposed him. Ben-Gurion refused to accept the compromise and viewed it as a divisive play within the Mapai party. After another investigative committee sided with the Cohen inquiry, Ben-Gurion resigned from his post as defense minister. This led to the expulsion of Lavon from the Histadrut labor union and an early call for new elections which changed the political structure in Israel.

審問の結果、偽証が確かに犯され、Lavonがオペレーションを認可しなかったことが明らかになった。
SharettおよびLevi Eshkolは、Lavonとその反対者の両方を懐柔する声明を発表しようとした。
ベン・グリオンは、妥協を受理することを拒絶し、Mapaiパーティー内の不和を生ずるプレーだとみなした。
別の調査委員会がコーエンの質問の側を支持した後、ベン・グリオンは防衛大臣としての彼の地位を辞職した。
これは、Histadrut労働組合からのLavonの放逐、および新たな選挙を要請し、イスラエルで政治機構を変更に繋がった。

It should be noted that the specifics of Operation Suzannah were not public at the time of the political upheaval.

大政変の時点ではSuzannah作戦の詳細が公になっていなかったことが注目されるべきです。

[edit]

Legacy

While Israeli concerns about Nasser's military ambitions turned out to have some merit, Operation Suzannah and the Lavon Affair turned out to be disastrous for Israel in several ways:
The Egyptian government used the trial as a pretext for a series of efforts to punish Egyptian Jews culminating in 1956 when, following the Suez Crisis, 25,000 Jews were expelled by Egypt and at least 1,000 ended up in prisons and detention camps.
Israel lost significant standing and credibility in its relations with the United Kingdom and the United States that would take years to repair.
The tactics of the operation led to deep-seated suspicion of Israeli intelligence methods that persists to this day in various conspiracy theories about agent provocateur and false flag operations authorized by Israel.
The political aftermath caused considerable political turmoil in Israel that affected the effectiveness of its government.

Suzannah作戦およびLavon事件はナセルの軍事の野心に対するイスラエルの懸念にメリットをもたらそうとしてものであるが、イスラエルにとって悲惨な結果をいくつかもたらした:

エジプトの政府は、1956年のスエズ運河危機ののちに最高潮に達するエジプトのユダヤ人を罰する口実として使用し、25,000人のユダヤ人がエジプトによって放出され、少なくとも1,000は刑務所と拘留所で死亡した。
イスラエルは、英国およびアメリカとの関係で重要な立場および信用を失い、その修復には数年を要した。
作戦の戦術内容は、イスラエルの情報活動の方法への根深い疑いを生み、イスラエルの工作員および彼らの偽装作戦に関する様々な陰謀説を生み出し、それは今日まで続いている。
政治的な余波は、イスラエルで相当な政治的混乱を引き起こし、その政府の有効性に影響した。

[edit]

See also
History of Israel (under "Lavon affair")
Moshe Marzouk
[edit]

External links
The Lavon Affair - Israel and Terror in Egypt
Excerpts from David Hirst's book: The Gun and the Olive Branch
About the Lavon affair
The Lavon Affair by Doron Geller, Jewish Virtual Library
[edit]

Footnotes

Note 1: Benny Morris, Righteous Victims, p. 282

Categories: U.S.-Israeli relations | Arab-Israeli conflict | Espionage | History of Egypt
ArticleDiscussionEdit this pageHistory
Create account / log in
Navigation
Main Page
Community portal
Current events
Recent changes
Random article
Help/Contact Us
Donations
Search

Toolbox
What links here
Related changes
Upload file
Special pages
Printable version
In other languages
?????


This page was last modified 17:49, 21 July 2005. All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License (see Copyrights for details).
About Wikipedia Disclaimers

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > ホロコースト2掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。