★阿修羅♪ > ホロコースト2 > 401.html
 ★阿修羅♪
言論の自由はすべての人間に−ダヴィッド・アーヴィングにさえも(The Independent)
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/401.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 12 月 02 日 09:51:01: SO0fHq1bYvRzo
 

言論の自由はすべての人間に−ダヴィッド・アーヴィングにさえも(The Independent)


英国の日刊紙The Independent(11月29日付)は、『言論の自由はすべての人間に−ダヴィッド・アーヴィングにさえも』という見出しのCharles Glassによる論説記事を掲載しました。小見出しとして『いつの日か、イラクで米国が戦争犯罪を行ったと言うことが非合法になるのだろうか?』と書かれてあります。

はっきり言いまして私は、この記事の作者であるチャールズ・グラスの持つ「見解」には賛同しません。ただ、他のどの新聞も見解を述べようとしなかった、あるいは進んでアーヴィングの逮捕に賛辞を贈ったものが多かった欧州のマスコミの中で、欧州の非常に危険な状況の内で、このThe Independentだけが、限定された視点からであれ、異論を唱えています。この点に対してThe Independentに敬意を表し、この投稿をいたします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

http://comment.independent.co.uk/commentators/article329989.ece

Charles Glass: Free speech is for everyone - even David Irving

Will it be illegal one day to say that the US committed war crimes in Iraq?
Published: 29 November 2005

ただしThe Independentの過去の記事は有料の会員制となっており、この記事の全文はRense.comで読むことができます。以下にRense.comの記事を貼り付けて対訳を付けておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www.rense.com/general69/crank.htm

David Irving has stated that Hitler knew nothing of the genocide of Europe's Jews. It is a crank outburst here, but a crime in Austria, Germany, Poland and France.
ダヴィッド・アーヴィングは欧州のユダヤ人の大量虐殺を何も知らなかった、と述べた。これはここ【訳注:英国】でならへそ曲がりの暴言なのだが、オーストリア、ドイツ、ポーランドとフランスでは犯罪である。【訳注:スペインもこれに準ずる。】

The United Nations General Assembly passed by unanimous consent a resolution on 1 November that "Rejects any denial of the Holocaust as a historic event, either in full or in part". If a historian says - as the leading Holocaust historian of our time, Raul Hilberg, does say - that the number of Jews murdered by the Nazis was 5.2 million rather than the six million, will he be tried before an international tribunal for denying the orthodox version "in part"? Should historic inquiry cease, because the UN and the courts of Austria and Germany have stated their position on the Holocaust? That is no way to suppress fascism. It is fascism.
国連総会は11月1日に全会一致の承認により「全面的であれ部分的であれ、歴史的事実としてのホロコーストに対するあらゆる否定を拒否する」という議決を行った。もしも一人の歴史家が――今日の代表的なホロコースト研究家Raul Hilbergが言ったようにだが――ナチスに殺されたユダヤ人が600万人ではなく520万人であると言ったとするならば、彼は公的見解を「部分的に」否定したとして国際法廷で裁かれるのであろうか。国連とオーストリアやドイツの裁判所がホロコーストに対する態度を宣言しているから、歴史の調査を終わらせるべきなのだろうか。これはファシズムを抑止する方法ではない。これこそファシズムなのだ。

"Everyone has the right to freedom of opinion and expression; this right includes freedom to hold opinions without interference and to seek, receive and impart information and ideas through any media and regardless of frontiers."
『すべての人間は意見と表現の自由の権利を持つ:この権利は妨害無しに意見を持ち、求めそして情報や考えをあらゆる通信手段を通して国境を気にせずに伝える権利を含む。』

Article 19 of the Universal Declaration of Human Rights, United Nations General Assembly Resolution, 10 December 1948.
1948年12月10日の国連総会の決議である、国際人権宣言の第19条である。

One of my first stories as a reporter for The Observer was a student strike in 1977 at the London School of Economics. Whenever a fellow student spoke against the strikers, they chanted, "No free speech for fascists". It had never occurred to me that free speech should be denied to anyone - fascist, communist or vegetarian. That was 1977, and I have since witnessed free speech denied to both those with whom I agree and those whose views repel me. But my belief in freedom of expression requires me to defend the right of both to speak. Otherwise, what is this free speech I believe in? The freedom to agree?
私のリポーターとしての最初の記事の一つに、1977年のロンドン経済学校での学生ストライキがあった。ある学生仲間がストライキに反対して発言したときにはいつでも、彼らは「ファシストに発言の自由は無い」とシュプレヒコールを上げた。私は発言の自由が誰に対しても――ファシスト、共産主義者あるいはヴェジタリアンでも――否定されるとは考えたこともなかった。これは1977年のことであり、私はそれ以来、私に同意する人に対しても私を拒否する人に対しても、発言の自由が拒否されるのを目撃してきている。しかし私の表現の自由に対する信念は、双方の発言する権利を守ることを要求する。さもなければ、私が信じる自由な発言とは一体何なのか? 同意する自由なのか?

So, get ready. I am about to defend the right - remember, the right, not the views - of David Irving, who today languishes in an Austrian holding cell for the crime of stating a view that most of us find disgusting. He has stated that Hitler knew nothing of the genocide of Europe's Jews. It is a crank outburst here, but a crime in Austria, Germany, Poland and France. Another anti-Semitic, and much more vicious, Holocaust denier, Ernst Zundel, awaits trial in Germany on a similar charge.
だから、いいかい。私は、デイヴィッド・アーヴィングの権利を――注意してくれ、権利であって見解ではないのだ――守ろうとしているのだ。彼は今、我々の大多数が胸が悪くなるような見解を述べた罪で、オーストリアの拘置所で呻吟している。彼は、ヒトラーは欧州のユダヤ人の大虐殺を全く知らなかったと述べているのだ。これはここでならへそ曲がりの暴言なのだが、オーストリア、ドイツ、ポーランドとフランスでは犯罪なのである。もう一つのアンチ・セミティックである、そしてもっと罪深いホロコースト否定論者エルンスト・ツンデルは、同じ罪によってドイツで裁判を待っている。

Irving is a historian of the Second World War, who has uncovered important Wehrmacht documents, but defended the Nazis. He supported Zundel in court - not his right to speak, but what Zundel actually said: that the Holocaust was a myth. This places them both beyond the realm of reasonable argument. Their errors could be demonstrated in open debate - as historians have done with Irving's work. Indeed, open debate - without fear of imprisonment and fines - helps to make an open society.
アーヴィングは第2次世界大戦の歴史家であり、彼は重要なWehrmacht文書を発見したのだが、しかしナチスを擁護した。彼は法廷でツンデルを弁護した。彼の発言の権利ではなくツンデルが実際に語ったことをだが。それはホロコーストが神話だ、ということである。このことが彼ら二人を理性的な議論の範囲の外に置いている。彼らの誤りは、アーヴィングに対して歴史家たちが行ってきたように、オープンな議論で示されるのかもしれない。実際に、投獄や罰金の恐れの無いオープンな議論が、オープンな社会を作る手助けになるのだ。

Most of us spoke out in favour of someone who affirmed another genocide. The Turkish government charged the novelist Orhan Pamuk with what can only be called "holocaust confirmation" for asserting that Turkey committed genocide against its Armenian population during and after the First World War. I think Pamuk was right, and I was among many to sign petitions for him. Turkey's citizens should not be obliged to adhere to any orthodoxy. Nor do I believe that Turkey has a right to prosecute those who accuse its armed forces of crimes against the country's Kurdish population. Outside Turkey, this is an easy (and obvious) position to assume. But within the European Community, how many in the literary and human rights worlds who rallied to Pamuk's defence have stood up for the right of two men with whom they disagree to have their say?
我々の大部分は、新たな大量虐殺を確信したある人物に賛同して声を上げた。トルコ政府が作家のOrhan Pamukを、第1次世界大戦の最中と後でトルコがアルメニア人に対する大量虐殺を行ったと断言する「ホロコースト確信」としか言いようの無い罪状で有罪にしたのである。トルコ国民はどのような公式見解にも縛られる義務を負うべきではない。同時にまた、トルコ政府も軍隊による自国のクルド民族に対する犯罪を告発する者を処罰する権利を持つとも信じない。トルコの外でならこれは、同意を得る容易な(そして明白な)立場である。しかし欧州共同体の中では、Pamukの弁護にはせ参じた文学者と人権団体の中で、一体どれほどの人が、その言い分に賛同しないこの2人の権利のために立ち上がっているのだろうか。

I have a free speech hero, a Jewish lawyer in the United States who would never dare deny that Jews were massacred in their millions by Germany. David Goldberger is a law professor at Ohio State University, but in 1977 he worked for the American Civil Liberties Union. The ACLU has an honourable record defending American blacks in the South and free speech throughout the country. Holocaust survivors in 1977 sought to ban a parade by American Nazis through a Chicago suburb. Goldberg represented the Nazis' right to free expression, and he was pilloried for it. But he believed in the constitutional right to express views that he found odious.
私は、発言の自由の英雄を知っている。ドイツによって数百名のユダヤ人が殺害されたことを決して否定しようとしない米国のユダヤ人法律家である。デイヴィッド・ゴールドバーガーはオハイオ州立大学の法学教授だが、1977年に米国市民自由連盟(ACLU)のために働いた。このACLUは南部の米国黒人を守り国中で発言の自由を守る栄光ある歴史を持っている。1977年にホロコーストの生存者たちがシカゴ郊外で米国ナチスのデモを禁止させようとした。ゴールドバーグは表現の自由に対するナチスの権利を表明して晒し者にされた。しかし彼は、彼が醜悪だと分かったような見解を表現する憲法に保障された権利を確信していた。

Similarly, a conservative Chief Justice of the US Supreme Court, Charles Evans Hughes, wrote in 1931 in the case of Near vs Ohio: "The rights of the best of men are secured only as the rights of the vilest and most abhorrent are protected."
同様に、米国最高裁の保守系裁判長であるチャールズ・エヴァンズ・ヒューズは、1931年のニアーとオハイオが争った件で次のように書いた。『人間にとって最高の権利は、最も醜悪で最も憎むべきものの権利が守られることによってのみ、確保されるのだ。』

Perhaps nothing is more vile and abhorrent than denying the genocides of our time, whether Armenian, Jewish or Rwandan. But nothing could be more fatal to our rights to speak and to write than for us to deny others the right to deny our dearest beliefs. One day, will it be illegal to assert (or deny) that the United States committed war crimes in Iraq?
たぶん現代の大虐殺を否定することよりも醜悪で憎むべきことは無いだろう。それがアルメニア人でもユダヤ人でもあるいはルアンダ人でも。しかし、我々の最愛の信念を否定する他人の権利を否定することほど、我々の発言と著述の権利にとって致命的なものはあるまい。いつの日か、米国がイラクで戦争犯罪を行ったと断言する(あるいは否定する)ことが非合法とされるのだろうか。

The United Nations General Assembly passed by unanimous consent a resolution on 1 November that "Rejects any denial of the Holocaust as a historic event, either in full or in part". If a historian says - as the leading Holocaust historian of our time, Raul Hilberg, does say - that the number of Jews murdered by the Nazis was 5.2 million rather than the six million, will he be tried before an international tribunal for denying the orthodox version "in part"? Should historic inquiry cease, because the UN and the courts of Austria and Germany have stated their position on the Holocaust?
国連総会は11月1日に全会一致の承認により「全面的であれ部分的であれ、歴史的事実としてのホロコーストに対するあらゆる否定を拒否する」という議決を行った。もしも一人の歴史家が――今日の代表的なホロコースト研究家Raul Hilbergが言ったようにだが――ナチスに殺されたユダヤ人が600万人ではなく520万人であると言ったとするならば、彼は公的見解を「部分的に」否定したとして国際法廷で裁かれるのであろうか。国連とオーストリアやドイツの裁判所がホロコーストに対する態度を宣言しているから、歴史の調査を終わらせるべきなのだろうか。

That is no way to suppress fascism. It is fascism.
これはファシズムを抑止する方法ではない。これこそファシズムなのだ。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > ホロコースト2掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。