★阿修羅♪ > ホロコースト2 > 831.html
 ★阿修羅♪
Re:反シオニストのラビたちの代表団がパレスチナの議会に迎えられた(仏『ヴォルテール・ネット』)
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/831.html
投稿者 さすれば 日時 2006 年 3 月 27 日 12:05:49: reQxnNwQ2shuM
 

(回答先: ユダヤ教正統派Neturei Kartaハマス歓迎しイスラエル解体主張 投稿者 木村愛二 日時 2006 年 3 月 23 日 21:43:45)

反シオニストのラビたちの代表団がパレスチナの議会に迎えられた

イランのアマディネジャド大統領が、昨年10月、シオニスト国家(ユダヤ国家ではない)に対決する言辞を繰り返していた時、超正統派(Ultra-orthodoxes)のラビの再構成グループであるNeturei Kartaは、アマディネジャドの言明を支持する手紙を公表した。数ヵ月後、主に英国と米国の、だがエルサレムを故郷とする400家族の会員などから成るこのグループは、テヘランに代表団を派遣して熱烈な歓迎を受けた(写真参照)。
今回、この運動に加わる14人のラビがパレスチナ議会に迎えられた。ハマスが支配する新議会は、彼らを熱狂的にもてなすために会期を延長した。代表団の頭であり、自らを《パレスチナのユダヤ人》と呼ぶMoshe Hirshは、この地域へは初めての訪問ではない。かつて彼はユダヤ人問題でヤセル・アラファトの顧問だった。今日、彼の運動はイスラエル国家の支持者による政治目的であるホロコーストの悪用について懸念を抱いている。《われわれはハマスへの連帯を表明するためにパレスチナ議会へ来た真のユダヤ人である》と、運動の広報担当者は言明した。この運動は、シオニズムはタルムード法と真っ向から対立するものと考えている。

【訳註】ウイキペディアによれば、Neturei Kartaはニューヨークを中心に5000人から1万人の会員がいる。第2次大戦中、数千人のユダヤ人をパレスチナ以外の地に移送せずにナチのガス室で処刑した元凶はシオニストであるという見解を持っており、アマディネジャド大統領の「イスラエルを地図から消せ」に賛成している。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > ホロコースト2掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。