★阿修羅♪ > 地域9 > 121.html
 ★阿修羅♪
長良川堰10年 この惨状をどうする(朝日新聞・社説) ― シジミは壊滅状態、工業用水は売れず、水道料金は値上げ
http://www.asyura2.com/0505/ishihara9/msg/121.html
投稿者 シジミ 日時 2005 年 5 月 23 日 20:40:40: eWn45SEFYZ1R.
 

http://www.asahi.com/paper/editorial.html

三重県の長良川河口堰(かこうぜき)が23日、使い始めて10年になる。

 鵜飼(うか)いで知られる長良川は、大河川では珍しく本流にダムがない。「清流を守れ」と全国から反対の声が上がったが、当時の建設省が建設を強行した。

 結果はどうだろう。特産のヤマトシジミが取れた堰の周りは流れを遮られ、泥がたまっている。せき止めた水の利用はごく一部だけだ。国土交通省は「渇水の時などに役立つ」というが、1800億円を投じるほどのことだったのか。

 この10年を振り返ると、事前の説明とは異なることが次々に起きた。

 水質悪化の目安となる植物プランクトンの量は、当初の予想を大きく超える。シジミは放流しても大半が死んだ。漁民は数年で放流をやめた。アユの漁獲量は半分以下になってしまった。

 「水質の変化は想定の範囲内。漁民には補償金を払っている」という国交省の説明は、強弁としか聞こえない。

 せっかく大量に取れるようにした水のうち、使っているのは1割だけだ。それも水道用に限られ、工業用水には全く使われていない。「この地域が発展したら必要になる」と説明されていたが、10年たっても、買い手は現れなかった。

 建設費のうち900億円は愛知、三重両県と名古屋市が23年ローンで支払う。しかし、工業用水が売れないため、一般会計の一部をローンの返済に回した。水道料金も上げざるをえなくなった。

 もともと10キロ上流に、土砂が川底にたまった自然の堰があり、海水がさかのぼって田畑にしみこむことを防いでいた。だが、洪水の時には、じゃまになる。自然の堰を壊し、代わりに造ったのが、ゲートを開閉できる河口堰だった。

 しかし、洪水と塩害を防ぐのなら、他に方法はあった。自然の堰をいじらずに堤防をかさ上げしてもよかった。自然堰を壊しても、その近くで塩害対策を講じればよかった。

 結局、水を大量に使っていた60年代の計画にこだわりすぎたのだ。古びた計画を80年代に強行し、そのツケがいま回ってきている。

 長良川河口堰で批判された後、国は河川法を改めた。住民の参加や環境の保全を唱え、ダムの建設を中止し、川の蛇行も復元している。できるだけ自然をありのまま残そうというのだ。

 そうしたことは原点の長良川でこそ取り組むべきだ。まずはアユが川を上る春や下る秋にゲートを一部でも開けてみてはどうか。海水が上らない範囲なら、今すぐできる。

 上流からの川の水と海水が混じり合う河口は魚や貝、野鳥の宝庫だった。

 ゲートを開け、堰の上流に海水を入れれば、それを一部でも回復できる。取水口を上流に移せば、利水への影響も少ない。ダムと違い、堰はゲートを機動的に動かせる。その機能を生かすべきだ。

 この惨状をできるだけ回復する。それは国交省の責任である。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 地域9掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。