★阿修羅♪ > 地域9 > 203.html
 ★阿修羅♪
奈良・島庄遺跡名 「馬子邸」天皇宮殿並み 「馬子邸」 天皇宮殿並み(読売新聞)
http://www.asyura2.com/0505/ishihara9/msg/203.html
投稿者 シジミ 日時 2005 年 8 月 25 日 21:35:36: eWn45SEFYZ1R.
 

蘇我馬子の邸宅跡とみられる建物群のほぼ全容がわかった島庄遺跡(手前中央の区域が今回の調査地。後方は石舞台古墳)=24日、奈良県明日香村で、本社ヘリから


http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50825a.htm

奈良県明日香村の島庄遺跡で昨年見つかった飛鳥時代の豪族、蘇我馬子(そがのうまこ)(〜626年)の邸宅跡とみられる建物群の全容がほぼ判明し、村教委が24日発表した。最大の建物は幅12メートル、奥行き7・5メートルの規模と確定。当初の推定より一回り小さかったが、飛鳥時代の豪族居館としては大型で、天皇の宮殿並み。馬子の権勢を改めて裏付ける成果となりそうだ。

 今年3月までの調査で馬子時代の建物跡が4棟出土し、今回はその東隣を発掘。4棟のうち最も大きい建物を含む2棟の規模を確認した。最大の建物は柱穴の大きさから幅は17メートル以上とみられていたが12メートルと判明。もう一棟は幅11・8メートル、奥行き5・4メートルだった。さらに、この2棟から塀(長さ約12メートル)を隔てた東側で新たに奥行き6メートル以上の建物跡が出土、馬子時代の建物は計5棟に増えた。

 調査地は馬子の墓とされる石舞台古墳の西約200メートル。周辺は馬子が「飛鳥川のほとりに家を造り、池に小さな島を築いた」とする日本書紀の記述と一致する場所で、今回の建物群は、馬子邸の中心部である可能性が高いという。

 一方、同遺跡で出土している、蘇我氏滅亡後に建てられた天武天皇の第一皇子、草壁皇子(662〜689年)の離宮「嶋宮(しまのみや)」とみられる建物跡の規模も判明。最大の建物は幅12メートル、奥行き4・4メートルで、馬子邸とみられる建物より小規模だった。

 現地説明会は27日午前10時から。

 和田萃・京都教育大教授(古代史)の話「最も大きな建物は馬子邸の中心施設だろう。日本書紀の記述に合致し、飛鳥の歴史を彩った一等地の実態を知る上で重要な成果だ」

(2005年08月25日 読売新聞)

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 地域9掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。