★阿修羅♪ > 地域9 > 438.html
 ★阿修羅♪
<奈良・高松塚古墳>地元住民ら、壁画の損傷隠し「あきれる」 / 文化庁、変わらぬ体質(読売新聞)
http://www.asyura2.com/0505/ishihara9/msg/438.html
投稿者 gataro 日時 2006 年 4 月 12 日 17:53:24: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is60412a.htm

 「あきれて物も言えない」「文化庁の秘密主義は全く変わっていない」。文化庁職員がカビ処理の作業中に高松塚古墳の極彩色壁画を誤って損傷、その事実を4年近く公表していなかった問題は同庁の〈隠ぺい体質〉を改めて示した。地元の住民や関係者、学識経験者は同庁の度重なるミスを強く批判するとともに、情報開示の必要性を求めた。

 高松塚古墳では2001年、石室内にカビが繁殖していることが発覚。04年6月には、壁画が1972年の発見当初より著しく劣化が進んでいることも明らかになったが、文化庁はいずれの場合も情報をほとんど公開しなかった。

 明日香村議会の高松塚・キトラ古墳現地保存対策特別委員長の広井三平村議は「秘密主義は全く変わっていない」と批判。古墳発見にかかわった「飛鳥古京顕彰会」の上田俊和さん(65)は「裏切られた気持ちだ。起きたことは仕方がないにしても、国民に速やかに明らかにすべき」と指摘する。

 壁画を発見した網干善教・関西大名誉教授(考古学)は「(傷跡を)修復して公表しないとは、隠ぺい工作そのもので悪質」と語り、辰巳和弘・同志社大教授(古代学)は「あきれて物が言えない。責任の所在を明らかにしてないから、こんなことになる」と憤る。

 一方、文化庁の高松塚古墳壁画恒久保存対策検討会委員でもある百橋明穂・神戸大教授(美術史)は「問題があれば情報を共有するなど(体質を)もう少しオープンにすべき」と話す。

(2006年04月12日 読売新聞)

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 地域9掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。