★阿修羅♪ > IT8 > 234.html
 ★阿修羅♪
喧騒をカットする「携帯端末」技術 【週刊新潮】
http://www.asyura2.com/0505/it08/msg/234.html
投稿者 ロシアチョコレート 日時 2005 年 7 月 31 日 17:49:33: DsXgc9p/1U5SM
 

「週刊新潮 2005年8月4日号」の43頁から貼り付けます。

(貼り付け開始)

喧騒をカットする「携帯端末」技術

 喧騒の中での携帯電話ほどイラつくものはない。相手の声は聞きとれないし、自分の声も伝わらない。そんな不満を解消してくれそうな、携帯端末が開発された。
「複数のマイク(マイクロフォン)を使うことで、雑音を抑制することが可能となりました」
 と説明するのは、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の堀内俊治研究員。
「マイクを縦に4つ、横に5つ」字型に並べることで、雑音と利用者の声を判別します。利用者の声はマイクの正面から入りますが、雑音は、横や斜めなど、あらゆる角度から入ってきますから、各マイクに入る音が、ほんのわずか時間がずれます。20マイクロ秒(マイクロは100万分の1)くらいの時間差ですが、それを感知することで、雑音と認識し、消去するのです」
 利用者の音声だけを拾うというこの技術、当初は、自動翻訳機に利用。日本語や英語など、双方向で翻訳する時、雑音があっても誤って翻訳しないという優れものだ。では、聞く方の雑音カットはどうするか。すでに“骨導”の携帯電話が発表されたが、ATRでは、テレビ電話でも雑音が消える研究を進めている。
「今後、携帯電話等に指向性の極めて強いスピーカーを組み込み、耳元を狙って再生するなどの方法で、騒音の中でも相手の声が鮮明に聞こえる技術を開発する予定です。さらに、雑音を判別して、耳元の周辺だけ雑音を消去したり、話し声が外部に聞こえない携帯端末も研究中です」

http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

(貼り付け終了)

ATR音声言語コミュニケーション研究所
http://www.slt.atr.jp/slc/

Toshiharu Horiuchi - 堀内俊治 on the Net.
http://toshiharu.net/

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > IT8掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。