★阿修羅♪ > IT8 > 482.html
 ★阿修羅♪
高橋名人とともにハドソンの名作タイトルを振り返る
http://www.asyura2.com/0505/it08/msg/482.html
投稿者 とっぽ 日時 2005 年 11 月 15 日 15:32:38: OhNus5n6NGOT.
 

高橋名人とともにハドソンの名作タイトルを振り返る

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0511/14/news004.html

マイドームおおさかにて開催された新作ソフトの試遊イベント「Games Japan Festa 2005 in OSAKA」。2日目の最後のステージイベントにはハドソンの高橋名人が登場。トークにジャンケン大会と、おおいに盛り上がりを見せた。


 2005年11月12日と13日の2日間にわたり、マイドームおおさかにて開催された、日本テレビゲーム商業組合主催による新作ソフトの試遊イベント「Games Japan Festa 2005 in OSAKA」。2日目の最後のステージにはハドソンの高橋名人(以下、名人)が登場した。

ハドソンの高橋名人。その登場とともに向けられた多くのカメラにも、笑顔で応じていたのが印象深い

 名人はまず、「今日は何をやろうかなと、かなり悩みました」と切り出す。さまざまなイベントに呼ばれている名人らしい悩みだが、“あること”に気づきその問題は解決したという。その“あること”というのは、ハドソンより2005年12月22日から発売される「ハドソン ベストコレクション」のことだった。

 「ハドソン ベストコレクション」は、「ボンバーマン」や「スターソルジャー」など、ハドソンの名作を2〜4本収録したゲームボーイアドバンス用ソフトで、現在のところ第6弾までの発売が決定している。基本的にはファミコン版をそのまま移植しているが、2P用のコントローラーを使ったテクニックは使用できないとのこと。

 その後は、実際に「ハドソン ベストコレクション」のゲーム画面を見ながらトークが展開。「ボンバーマン」と「ボンバーマンII」を収録した「ハドソン ベストコレクションVol.1」については、「『ボンバーマン』は名前に関して言えば、非常に悲しいオチのあるタイトルなんです」とコメント。

 その理由として、「『ボンバーマン』はもともと、パソコン用として発売された『爆弾男』というタイトルなんですが、当時はこれを海外で発売しようという話がありました。それで、向こうで出す時の名前をどうしようかと考えていたら、“『爆弾男』だから、そのまま翻訳して『ボンバーマン』で出そう”という感じになったんです。でも、直前になって悲しい事故、空港での爆弾テロがありまして……そんな時にゲームで“ボンバー”はまずいだろう、ということで『ボンバーマン』にはしなかったんです。ただ、1985年にファミコン版として移植を行う際にも同様の話が出まして。この時も『爆弾男』でいくか『ボンバーマン』にするかで悩んでいたんですけど、今度は“皇居にロケット弾がとんでいく”という事件が起きた。日本人として“爆弾”はまずいだろう、という話になり『ボンバーマン』になったんです」といったエピソードを披露してくれた。

昨日の広井王子氏のトークショウ同様に、多くのファンがステージに集結。名人の話をひと言も逃すまいと耳を傾けていた

 また、「ロードランナー」と「チャンピオンシップ ロードランナー」が収録された「ハドソン ベストコレクションVol.2」では、「『チャンピオンシップ ロードランナー』はオレが名人となる前、つまりハドソンの高橋としてデビューした(ユーザーの前に顔を出した)作品です。1985年2月に銀座で行われた祭りの時で、“『ロードランナー』は売れたんだけど、『チャンピオンシップ ロードランナー』はかなり難しいから、子どもに受け入れられるのか”と不安だったころ。じゃあ実演しましょうよ、って言われてイベントを行ったんです」と、名人となる前の仕事ぶりを語る。

 その後は「チャンピオンシップ ロードランナー」を名人自らがプレイ。ステージの途中で、「この後、失敗するかもしれない」と言いながらもしっかりとクリアするなど、華麗なプレイが健在であることを見せてくれた。ちなみに祭りにて行われたイベントに関しては、「3回連続で失敗して帰ろうかと思った。結局は4回目で成功したから良かったけど、あの時に帰っていたら今は名人ではなかったかもしれない」といった話も聞くことができた。

弱気な発言をしながらもしっかりとステージをクリアした名人。話をしながらプレイする、その集中力もすごかった

 続けてステージでは、「チャレンジャー」と「迷宮組曲」が収録された「ハドソン ベストコレクションVol.3」、「ナッツ&ミルク」、「バイナリィランド」、「サラダの国のトマト姫」の3本を収録した「ハドソン ベストコレクションVol.4」の解説が行われた。
「迷宮組曲」の連射測定機能を持つタイトル画面を使い、連射を披露する名人


 ステージは、シューティングコレクションと題された「ハドソン ベストコレクションVol.5」へと話が移る。こちらには「スターフォース」、「スターソルジャー」、「ヘクター'87」の3本が収録されており、さらには何やら隠している要素もあるとか。残念ながらこちらについては明らかにされなかったが、2005年11月21日に名人のブログにて発表されるとのことなので、ぜひともチェックしてもらえればと思う。

 ちなみにサービス精神旺盛な名人は早速にもプレイをしてくれたのだが……始まってすぐに1機目が撃墜されたこともあり、すぐにプレイを中断、何ごともなかったかのように、「えっ? 何かあったの? 知らないよ、見てないよ」と語っていた。

偶然にも1機目が撃墜された瞬間を撮影……名人、こんなことがあったんです

 話をそらすかのように「高橋名人の冒険島」(以下、「冒険島」)シリーズを収録した「ハドソン ベストコレクションVol.6」の解説を始める名人。なお、なぜこれだけ4本収録されているのかというと、「開発を始めた時は、スタッフが3本入れようと言っていた。でも『冒険島』は4本ある。だから“『冒険島』は4本あるんだけど”、と言ったら“えっ!?”って。みんな忘れてたんだよ、ひどいよね。でも、『冒険島4』はスーパーファミコンが出て半年か1年経った時に、ファミコンでの発売だったから仕方ないのかな。それで“どうせなら4本入れてよ”、と言ったらそうなった」とのことだった。

 「ハドソン ベストコレクションVol.6」のトークが終了した後は、恒例(?)となったジャンケン大会がスタート。「賞品はないので余っているものをください」という名人の呼びかけに応じた各メーカーから、グッズやポスター、サンプル版のソフトやポップなど数多くの賞品が提供され、おおいに盛り上がりを見せた。

名人から協力を要請されてはさすがに断れないのか、各メーカーからさまざまな賞品が提供された


 そして最後には名人から「来年もGames Japan Festaはあります。また来てください」との言葉が来場者に贈られ、ステージは終了となった。事務局スタッフがうなずいていたことから、来年も確実に開催されるであろう本イベント、恒例? の名人ジャンケン大会。今回惜しくも逃してしまったという人は、来年ぜひとも参加してもらえればと思う。

=====================================


●ううっ。 懐かしいです。
 あのころの私は小学生でした。。


 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > IT8掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。