★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK12 > 800.html
 ★阿修羅♪
創価学会:政・官・司法・マスコミ支配の真実を語る平野貞夫
http://www.asyura2.com/0505/senkyo12/msg/800.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 8 月 29 日 10:46:33: CjMHiEP28ibKM
 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『亜空間通信』1087号(2005/08/29)
【創価学会:政・官・司法・マスコミ支配の真実を語る平野貞夫・前参議院議員の筋を通す姿勢支持】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 転送、転載、引用、訳出、大歓迎!
 
 本日(2005/08/29)から3日日、阿修羅・政治掲示板に以下の投稿をし、その投稿に記した通りに、夕刻から、渋谷で開かれたアジア記者クラブ2005年8月定例会に参加した。
 
 以下の投稿へのフォロー投稿では、日本外国特派員協会での記者会見の録画のことを記したので、その勢いを駆って、アジア記者クラブの例会で、主役の平野貞夫・前参議院議員の了解を得て、ヴィデオ録画をした。
 
 全体で2時間半だから、要所を編集し、アジア記者クラブの記録として、広める努力をする。
------------------------------------------------------------ 
創価学会:政・官・司法・マスコミ支配の真実を語る平野貞夫
http://www.asyura2.com/0505/senkyo12/msg/487.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 8 月 26 日 10:39:37: CjMHiEP28ibKM

 今晩、以下の集会に参加する。平野貞夫議員の参議院での小泉レイプ事件質問抜粋20分ヴィデオ、議事録掲載の季刊『真相の深層』04秋3号など、資料準備あり。

アジア記者クラブ2005年8月定例会「創価学会による政・官・司法・マスコミ支配の真実を語る」
08/26 18:45 [20]
アジア記者クラブ (2005/07/23 10:53)

■アジア記者クラブ8月定例会のお知らせ■
「(自公)連立はすべて池田名誉会長を守るためだ」。自公連立に異議を唱える公明党議員に冬柴鉄三幹事長が語った言葉だという。政治生命消滅寸前だった山崎拓氏は先の衆議院選挙に際して、創価学会員を前に「異体同心」となることを誓って当選を果たした。「民衆の救済」と唱えて再出発した宗教団体が理念と逆行するイラク派兵を強行し、定率減税廃止を推し進める。政治行動のベールの影で何が行われているのか。8月定例会は、民主党から共産党まで野党が公明党・創価学会支配の政治に異議を唱えられないのは、民主主義の感性がないからだと批判する平野貞夫さんをゲストにお招きする。平野さん自身は創価学会の支援で参議院議員に当選した経歴の持ち主。議会事務局時代を含めると創価学会との付き合いは45年になる。舞台裏の全てを知り尽くした平野さんだからこそ、民衆の理性が今こそ必要だと訴える。近著で語った日本社会最大のタブーの核心と出版後の動きについて余すことなく語っていただきます。
平野貞夫さん:1935年高知県生まれ。59年、衆議院事務局に就職。92年、参議院議員初当選。自由民主党入党。翌93年、新生党結成に参加。94年、新進党結成に参加。98年、自由党結成に参加。03年、自由、民主両党の合併に伴い民主党に入党。2期12年参議院議員を歴任。6月に刊行された近著『公明党・創価学会の真実』、『公明党・創価学会と日本』(ともに講談社)は、発売翌日に神崎公明党代表から講談社とともに名誉毀損で訴えられたが、この事実をマスメディアが一切沈黙を守ったまま報じないという異常事態の中で、APCがお招きした。
●テーマ 「創価学会による政・官・司法・マスコミ支配の真実を語る」
●ゲスト 平野貞夫さん(前参議院議員)
●と き 8月26日(金)午後6時45分〜9時
●場 所 渋谷区勤労福祉会館2階・第一洋室
     電話03-3462-2511(東京都渋谷区神南 1-19-8)
     JR山手線渋谷駅・ハチ公口を出る。公園通りをNHK方面
     へ歩き、渋谷パルコPart2の筋向い。
●参加費 会員1000円、ビジター1500円
    (ただし学生は会員500円、ビジター1000円)
 ※予約の必要はありません。
 ※記者職でない方でもどなたでも自由に参加できます。
 ※お問い合わせ/アジア記者クラブ事務局
   電話03・5802・2454(FAX兼用)
 ※終了後、名刺交換会を兼ねた懇親会を行います。
------------------------------------------------------------
(フォロー)
平野貞夫前参院議員の「小泉連立政権と創価学会」ヴィデオ録画視聴可能
http://www.asyura2.com/0505/senkyo12/msg/496.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 8 月 26 日 11:59:16: CjMHiEP28ibKM
(回答先: 創価学会:政・官・司法・マスコミ支配の真実を語る平野貞夫 投稿者 木村愛二 日時 2005 年 8 月 26 日 10:39:37)

 以下を訪問し、日本外国特派員協会のインタヴュー録画を再生して、視聴することができる。
------------------------------------------------------------
平野貞夫前参院議員の「小泉連立政権と創価学会」のいろんな裏話も、下記のページから見ることができます。
http://www.videonews.com/
------------------------------------------------------------
 日本の大手メディアは、創価学会に弱い。この記者会見は、海外で創価学会がカルト扱いされていることの証明でもある。
 ------------------------------------------------------------
 アジア記者クラブの例会で、録画の許可を得る時に、参議院での「小泉レイプ事件」に関する質問の場面のNHK実況中継の20分の編集ヴィデオを進呈し、「私が小泉レイプ事件事件の原告の木村愛二です」と自己紹介したら、破顔一笑、直ちに了解を得られた。懇親会でも懇談の機会を得た。

 以下は、平野 貞夫 (著)に関するアマゾンの電網(インターネット)記事の要約であるが、この中の読者の感想文では、「民主党の平野貞夫は、小泉首相のレイプ疑惑を捏造した張本人である」などという「トンデモナイ」誤解がある。平野貞夫は、わが小泉レイプ事件の裁判のことを知って、参議院で質問をしたのである。
 ------------------------------------------------------------
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062129833/250-0015545-4759431
公明党・創価学会の真実
平野 貞夫 (著)
価格: ¥1,680 (税込)

あわせて買いたい
『公明党・創価学会の真実』と『公明党・創価学会と日本』
価格合計:¥3,360

この本を買った人はこんな本も買っています
公明党・創価学会と日本 平野 貞夫 (著)
日本を呪縛した八人の政治家―政治改革を阻んだ永田町の妖怪 平野 貞夫 (著)
昭和天皇の「極秘指令」 平野 貞夫 (著)

出版社 / 著者からの内容紹介
内側から見た45年の全裏面史!!
「自公連立」を作った暴力団「密会ビデオ」とは!?
衆議院事務局で33年間、参議院議員として12年間、私は永田町という特殊な場所で生きてきた。そのほとんどは、政治の裏方として、与野党の政治家から相談を受けることであった。その中で私は膨大なメモを残してきた。また、この目で見、この耳で聞いた政治の真実を日記に書いてきた。その大部分は「公明党・創価学会」との関係だ。

目次
まえがき 45年間の全記録
序章 暴力団がつくった自公連立
第1章 堕落の裏側
第2章 CIA・KGB資金と汚れた野望
第3章 自民党との癒着の原点
第4章 裏切りの非自民改革政権
第5章 打ち砕かれた理想
あとがき 2つの「真実」

116 人中、62人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

公明+民主で小泉政権崩壊を狙うも早々大頓挫, 2005/07/01
レビュアー: カスタマー   東京都 Japan  著者がこの書物を出した意図は公明党や創価学会の批判ではない。
 ずばり、小泉政権の崩壊を狙ったプロパガンダである。
 民主党の平野貞夫は、小泉首相のレイプ疑惑を捏造した張本人である。
 しかも出版元の講談社は、毎日のように小泉批判を垂れ流す「日刊ゲンダイ」を傘下に収めていることを忘れてはならない。
 何よりもおかしいのは、「創価学会が小泉首相率いる自民党と共にファシズム社会を作り上げようとしている」、というこの本の論調だ。
 小泉首相はどちらかと言えば日本会議寄りの意見の持ち主であるし、日本会議のメンバーが創価学会を非難していることを知っている人にとっては、笑止千万の主張だ。人権擁護法案に関連して、創価学会の真実を知りたいと思っている方は、この本を読むと期待をことごとく裏切られることだろう。
 それに、この本は公明党や創価学会を正面から非難していない。「本当は国思いの素晴らしい政党だったのに、いつからか自民党に魂を売ってしまった。遅くはないから今すぐ小泉から離れなさい」という、公明党・創価学会性善説を大前提として主張を展開しているのである。
 つまるところ、小泉政権を退陣させるべく世論を煽り、公明党と民主党との連立政権を樹立させることを狙って、この本を出したとしか考えられない。
 しかし、この出版が元で平野氏は早くも神崎代表から訴えられてしまい、プロパガンダは恥ずかしくも出だしで華々しくコケてしまった。
 こんな間の抜けた顛末を招いた本にご興味のある方は是非どうぞ。

辛らつすぎて、ちょっと疑問。, 2005/07/02
レビュアー: s980002 (プロフィールを見る) 公明党と創価学会は日本でも有数の団体である。大きいからこそ、敵もいる。明確に敵の立場をとってそれを崩さない人たちも大勢いすぎて困るくらいだ。だがそれらの人々は必ずや外側の人間である。内側を知らずして批判してもそれは十分なものとはいえない。そしてこの本は内側からの徹底的な視点によって、創価とその教えを攻撃している。私は、言葉の強さに驚いた。そして、ちょっとやりすぎではないのか、と思った。私はこれほどきつい調子で糾弾されたら泣いてしまうと思う。盗人にも三分の理、というではないか。相手のことを思いやって真摯に批判するべきではないか。
------------------------------------------------------------

参加者の発言では、創価学会員と自称する参加者が、「創価学会員も人間だ」などと詰め寄る場面もあった。録画の編集では、この部分は、山場の一つになるであろう。

さて、問題は、「衆議院事務局で33年間、参議院議員として12年間、私は永田町という特殊な場所で生きてきた」と自己紹介する平野貞夫・元議員に、いかにして「続くか」である。

批判の対象には、「マスコミ支配」もあったが、本通信では、すでに、マスコミ・ジャーナリズム関係者の組織、「人権と報道・連絡会」に関して、以下の警告を発した。
------------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/2003aku/aku1086.html
http://www.asyura2.com/0505/senkyo12/msg/356.html
『亜空間通信』1086号(2005/08/24)
【NHK「慰安婦」番組8/11集会共催「人権と報道・連絡会」メディア支配の創価学会との関係疑惑】
------------------------------------------------------------

 この問題は、わが主題、「偽の友」暴露、追求、追放の熾烈な戦いの一環である。
 
 今回は、上記の通信にも、「元記者が何人かなった創価大学の教授職も、いわば一種の買収である」と記した、「創価大学の教授」になることの是非を、厳しく問う。
 
 この問題は、ことの性質上、個人名を挙げることになるが、やむを得ない。その典型は、今は故人、一見穏やかな紳士、元・共同通信の記者、新井直之であった。編著には、内川芳美・新井直之編『日本のジャーナリズム』(1983、有斐閣)もある。内川芳美も故人であるが、新聞研究所の所長だった。いわばメディア学会の大御所であった。私は、これらの学会、学閥のメディア論を、「学説公害」として、厳しく批判している。
 
 創価大学の教授になったこともある新井直之に関しては、次回に詳しく論ずる。
 
 今回は、今後、個人、集団、組織を問わず、「偽宗教」マフィア、創価学会との関係を、厳しく問うことの宣言に止める。
 
 以上。
 
≪≪≪BCC方式配信・重複失礼・会員以外にも配信・迷惑なら一報ください≫≫
************************************
 ≪≪≪≪≪木村愛二:国際電網空間総合雑誌『憎まれ愚痴』編集長≫≫≫≫
ある時は自称"嘘発見"名探偵。ある時は年齢別世界記録を目指す生涯水泳選手。
電網宝庫(ホームページ:→)http://www.jca.apc.org/~altmedka/
altmedka:Alternative Medium by KIMURA Aiji
************************************
 ≪≪≪≪≪≪≪木村愛二作品の本とヴィデオを電網宝庫で販売中≫≫≫≫≫
電網木村書店(→)http://www.jca.apc.org/~altmedka/hanbai.html
電網速報『亜空間通信』(2001.09.01.創刊 2005.08.29.現在、1,087号発行済)
定期購読受付中・2002.12.1.より木村書店宣伝媒体に位置付け無料配布に変更。
 ≪この電子手紙の配信の申し込みはこちらへ(→)altmedka@jca.apc.org≫

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK12掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。