★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK12 > 978.html
 ★阿修羅♪
国家機密としての小泉純一郎ファイル(隠された真相)
http://www.asyura2.com/0505/senkyo12/msg/978.html
投稿者 現代政治経済総合研究所 日時 2005 年 8 月 31 日 05:12:51: MBKKscqFDTHDc
 

http://www.pressnet.tv/log/view/6451
小泉純一郎ファイル というのがある。ある病院の病歴ファイルに存在しているという。

小泉についてまとめた。

<参考>
小泉純一郎愛人小はん変死事件の真相
http://www.pressnet.tv/log/view/6172

<小泉純一郎に対してその婦女暴行事件を擁護する「小泉怪文書訴訟の要点」について
(小泉側が作成したものと思われる)

http://yasz.hp.infoseek.co.jp/log2/kaibunsyo.htm
小泉怪文書訴訟(小泉レイプ疑惑訴訟) の要点

これは、小泉純一郎が、1967年に婦女暴行事件で逮捕された事件について、
反論している。
つまりその事件は「ねつぞうされている」と偽りの主張をしているわけだ。

その中では、
●状況 として
o 「小泉総理によるレイプ事件は存在していない。 」と主張している。

※ 実際には存在している事件であり、被害者の女性も特定済みである。
 この婦女暴行事件があったことを知る人間は、地元にはとても多い。

<郵政民営化の動機>

このレイプ事件を知っていた特定郵便局長が、小泉の初めての選挙のときに、全員で、
寝返ってしまい、父親の弔い選挙にも拘らず、ライバルの田川誠一を応援した。

その特定郵便局長が全員、小泉を応援しなかったために、4千票というわずかな差で
小泉は落選することとなる。

この時のことがきっかけになり、 彼は郵便局を敵対視し始める。

o 「根拠を伴わない個人中傷の怪文書が噂としてネットを一人歩きしている。 」と
主張している。


※ 根拠は、婦女暴行事件を知っている人たちが多数存在することと、
マスコミ間では雑誌編集長の26誌中半分の編集長が知る有名な事案であった。
ある
大手通信部長も知っていたが、どこも明確には記事にしにくかった。

実際にその当時
小泉家に勤めていた人からも証言を得ている。

他にも多数の証拠付けをしている。
中傷とは事実を伴わないことで相手を傷つけることを言うので、
婦女暴行事件は、事実存在した事件であるため、中傷ではない。

被害者まで特定して
いる事実である。


o 「事件の事実の証明がないまま、一人歩きしている個人中傷の怪文書の内容を盲信
した原告が、これを拾い上げて訴訟にしている。

と主張している。

※ この場合、証明とは、小泉の犯歴カード等犯歴番号のことを言うが、
 「怪文書の内容を妄信した」のではなく、さまざまなルートで調べている。

<参考となる記事>

実話ナックルズ10月号には、宮城正樹氏の記事で
「独身総理 小泉純一郎」異常なる結束と最後のタブーの
22ページに「しかし、本誌はここに来て新たな情報を入手した。

警察関係者にあた
ったところ、驚くべき証言が得られた。

「当時の(小泉の婦女暴行)事件の調書が消えているんです。

強姦事件クラスだと、
学生で未成年でも所轄には全部書類があるはず。

それが小泉の場合、消滅している。

レイプ疑惑が報道されたとき、反対勢力がその書類を手に入れようとしたが、すでに
無くなっていたといいます。

小泉の息のかかった公安筋が証拠隠滅に動いたんでしょ
う。

ということはやはり婦女暴行は間違いなくあったと。

警察の上層部もそのような
認識であると聞いています。」

この関係者によれば、小泉レイプ事件の証拠書類は当
時防衛庁長官を歴任した父親の政治的圧力により隠蔽されたとされる。

これが事実な
ら、マスコミが血眼になっても、証拠がつかめないはずである」という記事がある。

o 「この訴訟そのものは棄却されている。
(2004/7/15に棄却済み。その際、原告は裁判長から「事実無根の訴訟を繰り返すこと
も違法である」と厳重注意を受けている) )と主張している。


<まだ棄却されていないときから棄却されているとかき、実際そのとおりになった不
可解さ>


※ネット上にこの反論文書が記載された時期には、まだ裁判が継続中であり、棄却と
は言い渡されていない時期であった。

にもかかわらず、この文書には「棄却されてい
る」と明言され、実際に、そのあと2週間後に、様々な裁判上の必要な手続きを裁判
官が、急に取りやめ、「棄却」となった。

<官邸の強い意向の存在の示唆>

これは、強い意向で「棄却」にするように官邸が動いたことを示唆している。

<証拠認定はされていない>

しか
も裁判長が「事実無根」というコメントを発したと書いてあるが、これは、事実無根
とは言っていない。

「犯歴番号などが提出証拠とされてない」ということを
言っているにすぎない。

それは裁判所が本来、警察に命令して提出させればいいのだ
が、この裁判ではそういったことは行われなかった。

<ここでいう証拠とは犯歴番号のこと>

証拠とは犯歴番号などのことを言うが、犯歴番号そのものを入手していないだけで、
当時の被害者まで特定されており、婦女暴行事件を知る人たちは多数いる。

<小泉弁護団は避ける>

この裁判では実際に、この婦女暴行事件が事実かどうかは何も審理されておらず、小
泉方の弁護団は、「一切、婦女暴行事件はなかった」とは主張しておらず、それを避
けている。

小泉弁護団は、単に、「公務員(総理は公務員)のやっていることで被害が生じたと
原告の木村氏は主張されているが、過去の判例からいって、損害賠償を払うような責
任は生じない」という主張で押し切っていた。

<官邸から裁判長にコメントを依頼か?>

ただ、こういった裁判長のコメントは異例である。官邸の意向が働いた可能性も高い
と思われる。

裁判長のコメントではこのほかに、そういうことは「言論の場で世の中に訴えて行う
のが筋である。」という趣旨のことを述べている。

<ソース不明の意見といってねつぞうか?>
この文書の中には

以下のような「ソース不明の意見」というものがある。

1. ※ソース不明の参考意見【政治】「ネットの"小泉首相、レイプ裁判"事実か」 民
主が質問→首相は否定★5

700 名前:告白 投稿日:04/06/17(木) 14:25 ID:PMaaeLlx

民主の事情通の人に聞きました。信じたくない内容でした。

やはり、民主側の方から、木村愛二さんへ接触したのだそうです。

質問は、いかに、小泉のイメージを傷つけられるかという点のみで、何人かの人間で
練り上げたそうです。

どちらにころんでも民主は傷つかないが、小泉は傷つく。そういう作戦だったそうで
す。

で、それは成功したということで、党をあげて、祝っているとのこと。

・・・私としては決して信じたくありません。民主にも、この質問を恥じた良心的な
人はいるはずです。

<2ちゃんねるには実際に該当する書き込みが存在していない不可解さ>

※ この上記の参考意見は2ちゃんねるの掲示板であると思われるが、

実際に、政治「ネットの小泉首相、レイプ裁判事実か、民主が質問、首相は否定★5」
のスレッドの、700番を見ると、この内容は書いておらず、

まったく別の内容が書いてある。

つまり、この告白というのは

あとで、何者かがこの文書用に作成したものであると思われる。

<民主党はまったく接触していない>

この文書では民主党が木村愛二に接触したと書いてあるが、

事実は、民主党は一切、木村愛二に「依頼」などしておらず、接触は
なかった。

<ねつぞうされた告白>

つまりこの「告白」というものはねつぞうである。

特徴は、「民主党」のことを「民主の」と言っているところ、
つまり党員など業界の人間である特長をもつ言い方である。

<小泉ファンを装っているのに、小泉と呼び捨ての不可解さ>

木村愛二には、「木村愛二さん」とつけておきながら、
小泉には、さんづけをせずに、「小泉の」と呼び捨てにしている点である。

<素人をよそおって書いている>

女性で、小泉氏のファンであれば「小泉の」と呼び捨てにはしないはずである。いか
にも政治業界の人間が素人を装って書いているように見える。

女性を装っているが、男性が書いたものであるように思われること。

「信じたくない内容でした」「私としては決して信じたくありません」

「民主にもこの質問を恥じた良心的な人はいるはずです」とあり

カムフラージュされているが、


<民主党からの依頼というのはまったくなかった>


実際には、この「民主党から

木村氏に依頼のあったこと」はまったく、存在しておらず、「悪質な
ねつぞう」である。

それに木村氏は、人からの依頼で動くような人物では全くなく、どの政党にも属して
いない。


<彼はホロコーストの被害者数の大小を言っている>

彼は

「ホロコースト(大量虐殺)はなかったという本を出しているが、彼は、「歴史上多
大に言われているほどに大量虐殺はなかった」ということを言っているのであって、
多く被害者国側が、多大な被害を実際の数倍に言っていると主張しているだけである。

<彼は極左翼ではない>

そして彼は、極左翼ではない。彼は「マルクスの大罪」という本をかいており、共産
主義を批判している。

<訴訟の危険性>

それに、こういった訴訟というものは、確固たる証拠がなければ
相手に逆に名誉毀損で訴えられる可能性が高く、非常に危険である。

そういうところから考えても、「単に小泉のイメージダウンをねらって人から頼まれ
た」だけで裁判など起こせるわけはない。木村氏はマスコミ界でも

交流が広く、様々な証拠を積み上げ、「その事件は実際あった」と確信に至っている
から裁判に訴えているのである。

<よく「小泉が」と呼び捨てにする人物の存在>

ちなみに、よく、「小泉が」と呼び捨てにする人間は、飯島秘書官である。

<事実にもとづく報道は名誉毀損罪にはならない>

「小泉事務所は頻繁にマスコミを訴えており、確たる証拠もないのに、
彼の事例を書いたりすることは名誉毀損罪で訴えられる可能性が高い。
しかし「真実そのもの」であることを書いた場合は、名誉毀損罪には該当しない。

<小泉氏の入院歴>
小泉純一郎氏は、1967年の4月に婦女暴行事件を引き起こした後、
都立松沢病院に入院している。

強制的な入院であり、父親が入院させている。精神分裂病であると診断されている。

都立松
沢病院側にも「婦女暴行事件を引き起こしたから」と説明がなされている。

そのとき
の入院病棟はD−40棟である。

これは事実であるため、小泉氏に対する名誉毀損罪には該当しない。

なぜなら、刑法第230条の2「公共の利害に関する事実にかかり、かつそ
の目的が
もっぱら公益を図ることにあったと認めるときは、事実の真否を判断し、真実であれ
ばこれを罰しない」とある。

つまり、虚偽、中傷および捏造したものではなく「真実」であるならば、それは名誉

毀損罪には該当しないと、刑法に書いてあるからである。

マスコミ各社は、これの裏をとって、広く報道するべきである。

<D−40棟について>
このD―40病棟は社会生活の中で精神疾患のために激しい精神症状があって入院す
る患者さんが最初に入院する病棟であり、

<ほとんどが強制入院患者>

ほとんどの患者さんが精神保健福祉法で規
定されている医療保護入院か措置入院の強制入院の患者さんであり、完全閉鎖病棟で
ある。

D40棟のおよそ半分の病室は、施錠できる個室、いわゆる保護室で保護室の病床は

自殺や暴力行為を防ぐためにベッドではなく、床にマットと

ふとんがしいており、各室には、水洗式のトイレが付属していて、
基本的には拘置所の独房と同じ構造である。

保護室以外の病室は通常の2〜4床室で食堂などがある。

自発的に入院する任意入院以外の強制入院の新入院の患者さんは、

原則として入院初日には施錠された個室に入院させることになっている。

松沢病院に初診でそのまま措置入院や医療保護入院などの強制入院

(本人が入院を納得しない非自発的入院)の形で入院する大部分の患者さんの症状は
一般に重いことが多い。

<患者さんの中にはこういう人もいる>
患者さんの中には、殺人や障害などの重い犯罪を犯した人

他の病院で職員や他の患者に殺傷事件を起こして転院してきた人、

激しい精神運動興奮状態や幻覚妄想状態の人などがおり、入院当初
職員に暴力を振るう人も少なくない。

<毛布をひきさく患者>

また、精神病症状のあった知的障害者のある女性などは、病院の毛布
を指で数センチ幅に引き裂いてしまった。

<床をはがす患者>

床のリノリウムを一日で全部はがしてしまった人、便座を全部、破壊
してしまった人もあり、便器の中に、衣服や毛布を詰め込んでしまう人は
毎週のようにある。

<幻覚妄想で破壊する患者>
過去に覚せい剤精神病の幻覚妄想状態の男性を、夕方、
6床の普通病室に入院させたところ、
翌朝になって突然に暴れだし
、ナースステーションのガラスを全部割り、消火器のホースを引き出して病棟中をビ
ショビショにして、その階だけではなく、下の何階かの
他科の病室の患者さんに迷惑をかけたことがあった。

(以上、風祭著 「松沢病院 院長日記」より抜粋)

<ある精神分裂病患者は、大声放歌、興奮、乱暴、多弁多動>


ある精神分裂病(この病気の名称は以前は、早発性痴呆であった。そのあと、精神分
裂病となり、小泉政権になってから統合失調症という名称に変わった)

のある女性は、興奮、乱暴、大声放歌、多弁多動などの
精神病症状があった。

<病歴の保存>
現行の医療法の規定では、患者さんの病歴は5年間保存すれば廃棄してもよいことに
なっているが、松沢病院では、再入院患者が多いこともあって
原則として病歴は保存することになっている。病院には大きな病歴室があり、明治以
来の病歴が保存されている。 小泉純一郎ファイルもここにある。

<誇大妄想患者としての芦原将軍>
有名な入院患者として
芦原将軍という患者がいた。

本名 芦原金次郎、明治7年、24歳で結婚したが、のちに離婚。

大言壮語が始まったのは25歳ごろで、32歳のときに
「制夷大将軍に任じられた」などといって二重橋付近を徘徊して逮捕され
、入院。この患者さんは自分が大将であるという誇大妄想を持ち、
芦原将軍と自称して、半紙の墨で書いた勅語を乱発した。

<芦原将軍の勅語>

たとえば
「今般、世界内閣改造につき、軍用金として百億万円芦原将軍に納めること 大正十
二年四月十日 芦原将軍
総理大臣 高橋是清閣下」

と出したりしていた。

<芦原将軍の墓>

芦原将軍は1937年(昭和12年)に87歳で死亡し、死後、
至天院高風玄居士の法名を贈られ、墓は松沢病院の近くの
豪徳寺にある。墓碑には「自称芦原将軍として56年の生涯を狂聖として院の内外に
名物男として知られ」と彫られている。

「日本一の狂人」といわれた。

<芦原将軍没の5年後に、小泉氏生まれる>
つまり芦原将軍は1937年に死亡した、その5年後の1942年に
小泉純一郎が生まれている。

<芦原将軍の墓のある豪徳寺がペンネーム>

ちなみに、芦原将軍の墓のある「豪徳寺」だが、
小泉純一郎の秘書官の飯島勲の以前のペンネームは
「豪徳寺 三生」(ごうとくじみつお)である。

「永田町の掟―「欲望渦巻く町」の超ぶっとび事情 」という本を出している。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/433401299X/249-5724559-3560363

○小泉純一郎愛人小はん変死事件の真相
http://www.pressnet.tv/log/view/6172

小泉純一郎の研究

○小泉純一郎は、いかにして、自ら起こした学生時代の婦女暴行事件を隠蔽して裁判
をごまかしたか
http://www.pressnet.tv/log/view/4760
小泉婦女暴行事件概要(学生時代)
http://www.jca.apc.org/~altmedka/2003aku/aku771.html

○小泉純一郎は、婦女暴行事件を1967年4月に起こし、神奈川県警に逮捕歴あっ
たが、
それを提訴した木村書店店長を、「自ら売っている本に書かれていることで傷ついた
と主張している」と捏造して、攻撃をしていた。

実は彼の婦女暴行事件は週刊現代編集長も、その他26誌の編集長に聞いたところ、
実に13誌の編集長がすでに、木村氏以前に知っていた有名な出来事である。

被害者もきちんと横須賀に在住でいる。

<被害者の女性が、存在しているにもかかわらず、マスコミにでない理由>

事実は、小泉純一郎による婦女暴行事件は、実際に被害者の女性が存在していて、さ
まざま媒体から出演が依頼されていた。

しかし、その女性は断っている。

親告罪であるため、500万円を小泉から和解金としてもらって和解しているが、も
し、その女性が、「婦女暴行されました」と証言したりしてしまえばその500万円
は小泉側に、返金しなくてはならない。

そのため、被害者である女性は、500万円のためになかなか証言をしない。

しかし事件としては存在していたのだ。

<郵政民営化の持論の背景>

これを知っていたために、当時の郵便局長が小泉の反対候補を応援した。その結果、
小泉は落選してしまった。

ここから郵政民営化という持論が始まる。

<小泉純一郎の入院歴>

○婦女暴行事件を1967年4月に起こした直後に、小泉純一郎は、
精神病院で有名な都立松沢病院に入院。

(状況からして強制措置入院であったと思われる。)
診断名は、精神分裂病であった。

2ヶ月間入院。つまり1967年4月から6月まで入院して退院。その後、7月7日
に羽田を出発。ロンドンに留学という名目で日本を離れている。

慶応大学には休学扱いで届出を出している。

○公開プロフィールには、慶応大学卒業後留学と書いているが、彼は帰国後に卒業し
ている。

<個人情報保護する必要性があった理由>

○ 以上は個人情報である。そのため、小泉内閣になってから小泉純一郎および飯島
勲は、
個人情報保護法案をまとめた。

<統合失調症に変更になった背景>

○ 小泉内閣になってから、精神分裂病という病名は、統合失調症というオブラート
につつんだような名称に変更になった。

上記の、一国の総理大臣小泉純一郎が、精神病院の都立松沢病院に精神分裂病で19
67年4月から6月まで入院歴があるという事実は、

真実そのものであるため、名誉毀損罪には該当しない。

なぜなら、刑法第230条の2「公共の利害に関する事実にかかり、かつその目的が
もっぱら公益を図ることにあったと認めるときは、事実の真否を判断し、真実であれ
ばこれを罰しない」とある。

つまり、虚偽、中傷および捏造したものではなく「真実」であるならば、それは名誉
毀損罪には該当しないと、刑法に書いてあるからである。

<投薬治療を受けた前、後の写真の変化>

精神医薬による投薬治療を小泉純一郎は、精神病院で受けたため、彼の写真(慶応大
学の在学中に撮ったサークル写真など)と、留学中に撮影した写真では、まるで違う。
留学中に撮影した写真が、薬漬けの病人のような風貌であるのは、投薬治療のためで
ある。

<戦後初めての精神病院入院歴のある総理大臣>

彼は、35年後に総理大臣の地位に就任する。おそらく、戦後初めて、精神病院に
入院歴のある人物が、一国のトップに就任した例である。
断っておくが、これは真実であるため、マスコミは裏をとって「小泉氏精神病院の都
立松沢病院に2ヶ月間入院歴あり。病名は精神分裂病。戦後初の精神病院入院歴のあ
る総理大臣」と報道するべく十分に周辺取材および、裏とりを行ってください。

<マスコミ用の裏の取り方>
この小泉が、松沢病院に入院歴があるということについては、小泉家の極秘事項にな
っている。

知っているのは、信子、正也他小泉家と、もう一人、小泉家でない人である。

この「小泉家でない」人物が過去につきあった女性をあたるとよい。

なぜかというと
普段は口が堅いが、酔っ払うと、つきあっている女性には、
「俺は小泉の弱みを 握っているから、小泉は俺を切れない」

「信子さんももうすぐ70になるから、早く死んでくれたらなあ。そうしたら、俺
が、小泉家の金庫番になってやる。」

「正也なんて絶対にあんなやつは東京には上げない。」

「俺が小泉家をのっとろうとしていることが、ばれるとまずいから、俺は小泉が引退
したら、俺も、郷里に帰るといって信子さんを信用させている」

と言っていると話が聞けるだろう。

<適当に選ばれる首相>
なぜ、小泉は首相に選ばれたのか?

彼は「自民党を変える!自民党をぶっ壊す!」というスローガンで、自民党員の人気投

票によって選出された。

<歴代、ワースト1位>
小泉純一郎が就任して以来、自殺者数は、歴代総理大臣中1位。自殺者数は過去最大
で第1位。会社倒産件数歴代1位。

百貨店のトップであったダイエーが倒産。

銀行は軒並み倒産。倒産件数は激増。

最悪の不況である。

<死ぬ・殺せという言葉の多用される随筆>
○ 小泉純一郎は、慶応大学の時に「横須賀慶応学生会」の文集にこう書いている。
発行は65年6月。

短い随筆の中に20回以上も「死ぬ」「殺せ」と類した言葉が出てくる。

「随筆 死のうは一定!小泉純一郎」

「青春は人生にたった一度しかこない。しかもその人生もまたやり直すことのできな
いたった一度きりのものである。

私は一生を考え、ふと空しさを覚えるときがある。

虚無を感ずる時がある。胸の中を北風が通り過ぎるような思いがする。

何もかも馬鹿らしくなってしまう。

何のために生きているのか。(中略)死んでしまえば何も残らない。(中略)虚無感
にふと襲われるときがくる。

そんなとき、私は、人生50年 化転の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり 一度生を
受けて滅せぬ者のあるべきか」

をうたい、「死のうは 一定!」「それ貝を吹け、具足をもてい!
」と(中略)一挙に今川義元を打ちとったあの時の織田信長を思い出す。
人生50年、どうせ一度は死ぬのだ。

(中略)
相手を倒さなければ自分が殺される厳しい戦国時代の武将に私は強く魅かれる。
戦いに明け暮れ、死など考える暇がなく、しかも死が眼前にある。(中略)
ときに襲ってくる虚無との戦いに負け死を考える時が無きにしもあらず。


だが、死んでしまったらそれこそおしまいである。自殺は敗北である。私は自殺くら
い馬鹿なことはないと思う。

人間死にたくなくとも必ず死ぬのだ。

(中略)私は自分の志す仕事が達成された後ならすぐ死んでもいいと思っている。
われは金剛石。打て 打て 打て われを されど われは 死なじ。

われは不死鳥のごとし 己の死よりふたたび命を得
殺せ 殺せ 殺せ われを
されどわれは死なじ。」
とある。

○昭和52年の夏、青山学院大学4年だった宮本佳代子さんに東京赤坂のレストラン
で、見合いをした8月25日の翌日、小泉は、プロポーズする。

あってわずかの2日目である。

○昭和52年8月26日早速二人でデート。日比谷映画で「わしは舞い降りた」と見
た後、
小泉は「あのう、僕を信頼してくれますか?

」彼女はとっさに、どう答えていいかわからぬまま「ええ」と一言。小泉は、「それ
で決まりましたね。」

<その4年後>

4年後、結婚は破綻。佳代子さんが、さんざん家庭内暴力を小泉から受け
出て行くと決めたあとに、小泉が佳代子に最後にかけた言葉は、「君子去るものは追
わず、来るものは拒まずだな」の一言だった。

佳代子の親族は、「総理になった純一郎さんを見ていると、あの人は、表の顔と、裏
の顔がかけ離れた二重人格じゃないかとおもわざるをえません。」
小泉氏は離婚後、女性に暴力を振るわないようにカウンセリングをうけていたとされ
る。

佳代子さん自身も夜の営みの時に首をしめられていた。


新橋芸者

○小はん変死事件
新橋芸者小はんは、小泉純一郎の愛人であった。
彼女は突然、何の前触れもなく変死をしている。
小はんの本名は奥貫浩美。

31歳。

死体となって発見されたのは、1992年5月12日(水曜日)午後3時頃。場所は、
東京都港区三田の彼女の豪華マンション。

所轄は三田署。

○第一発見者は、彼女の母親の奥貫和子。

9日の土曜日は、小はんは、東おどりの練習に参加。

ところが、週明けの月曜日には出てこない。

心配して、千葉にいる彼女の母親に12日火曜日になって、置屋のほうから
連絡が行き、合鍵で部屋にはいった母親が、変死している彼女を発見。

死亡推定時刻は、10日の日曜日。

このときに誰かとあっていたのだろうか?

日曜日は国会が休みである。このときに、ちょうど、政治改革関連で、自民党は
とてもすごいストレスにさらされていた。

三田署によると、「洋服姿で部屋のドアのふちに、着物の細い帯がかけてあった。」

<男も嫌いだし、結婚もしたくなかったのが真相>

○母親の奥貫和子さんによると、小はんこと浩美さんは、

いつも「男は嫌い。結婚もしたくないし、子供もいらない」と言っていたという。

○ 遺書は存在していない。

○ 当時、小はんは何も悩んでおらず、自殺する動機は存在していなかった。明るか
った。

○ 写真を見ると屈託のない笑顔で、いわゆる自殺するタイプとはまるで違う。

○ 母親の奥貫和子さんは、「死因は自殺ではない」と明言している。

○ 走り書きの「つかれました。ごめんなさい」という紙はあったが、

母親は「自殺ではありません」と明言している。

ということは、母親は、その走り書きをみて、「娘の筆体ではない、偽造されている」
とわかったのではないだろうか?

小はんの死因について母親にきいても、無言を通している。

○親しい知人には、「実は小泉さんとの付き合いが原因だった」と言っている。

<小泉の愛人であった小はん>

彼女の親戚の話によると、
小はんが、三田のマンションを買ったときには、小泉からお金を出してもらい、
月々のお手当ても小泉からもらっていた。

夏や冬には、100万円をボーナスとしてもらっている。

東おどりというおどりのときに、100万円。茶ダンスと食卓セットを小泉から購入
してもらっている。

ちなみに、この港区三田というのは、小泉の母校の慶応大学に近い場所である。

<検死のしにくい腐敗状態>

死亡推定時刻の10日から、発見の12日までかなり日数がたっているため、死体は
腐敗をしていたと考えられる。

首の皮などは、腐敗して見分けがつきにくい状態であったはずである。そのため検死
はしにくいはずである。

<自殺と安易に推定される根拠>

自殺を思わせる走り書きが存在しており、かつ、殺されたときに、抵抗したような傷
や、
首に思いっきりしめたような跡がついていなければ、これは、自殺と判断される。

問題ない自殺であるとされる。


検死によって死因を判定する。

死因特定されると、死体検案書を発行する。

これは病死の場合の死亡診断書に該当するものだ。これが発行されてはじめて葬儀が
できることになる。

<小はんは、検死で自殺と判断されているため、解剖をしていない>

検死段階で死因がわからないときに死体を解剖にまわす。

状況からは死因が自殺ではないかと思われる死体でも、傷がたくさんあったりすると、
誰かと争ったためにできたものではないかと疑われ、解剖されることになる。


ところが、盲点がある。愛し合いながら、首をしめられていれば、
外の傷は生じないため、他殺とは思われないはずである。

解剖には2種類ある。

犯罪の疑いのない死体の死因を特定するための「行政解剖」と
他殺などの事件性のある場合の「司法解剖」である。

自殺の場合は、基本的には、行政解剖である。

<自殺を装った殺人で東京23区内でも年間5体から6体は発生する。>

しかし、元東京都監察医務院長の上野雅彦氏によると、「行政解剖」として運び込ま
れてきたにもかかわらず、解剖によって実は殺されていたと判明するものが東京23
区内だけでも年間5体から6体あるという。

<たったの3分で致命的な影響>

なぜ、脳への血流がストップすると、3分から4分で大脳皮質が障害をうけて
続いて7分で脳幹もダメージを受ける。

つまり脳死状態になる。

ほかの臓器の細胞と違い、脳細胞は、一度ダメージを受けたら、二度と再生しない。
一般に首はしめられると、頚動脈を圧迫する。頚動脈は3キロから7キログラム、
10秒間で気をうしなってしまう。


<偽装自殺を見破る方法の必要性>
絞め殺した後に、自殺を装う偽装自殺。この偽装自殺に関する報告は意外に多い。

小はんは、死後48時間から60時間たっていたと思われる。

それだけたてば、死体は腐敗しており、腐敗ガスのため、頭、首、肩、顔は、膨らん
でいたように見えたはずである。
腐敗ガスによる膨張は、身内が見てもわからないくらいに容貌が激しく変化する。


再現フィルム

小はんと、やせた男は愛の行為をしていた。やせた男は、小はんとは愛人関係であり、
SMが趣味であった。愛の行為をするときに相手の首をしめながらやるくせをもってい
た。

そのやせた男は、日ごろのストレスから、いつもより多めに彼女の首を絞めてしまっ
た。
すると小はんはあろうことか気を失い、そしてそのまま死んでしまった。

仰天したやせた男は、まだ当時では珍しかった携帯電話を使い、太った男を呼び寄せ
た。

太った男は、三田のマンションに午前3時ごろについた。そして驚いた。
「まずい、いくらなんでも相手を殺してしまっては。これはいままでの例とはわけが
違う」目の前が真っ暗になった。

しかし、気を取り直した太った男は、「何とかしなくてはならん」
と思った。まず、これは、自殺にみせかける以外にはない。

鉛筆で走り書きをした。走り書きなら、筆跡がばれにくい。
「つかれました。ごめんなさい」
と書いた。

そして、自殺に見せかける首吊りようのひもを探したが、そういったひもは無かった。
そのまま外に買いにいっては怪しまれる。

「しかたがない。着物用のほそいひもをかけておこう。不自然だがやむをえない」

しかし、また、ひもをかけるのに、ちょうどいい首吊り用の場所というのも
その部屋には無かった。

「仕方が無い。ドアのへりに、首吊り用のひもをかけておこう。不自然だが、仕方が
無い」

それで偽装は完了した。

夜、午前3時をすぎて、その部屋をそっと出て行こうとしていたときに、ふと、大変
大事なことに気づいた
太った男は、「まずい」と心臓が止まったように感じた。それは彼女のテーブルの上
に、

そのやせ男と一緒の写真が写真スタンドにあったからだ。

「こんなものが見つかったら、マスコミに騒がれる。」

早速、太った男は、そっと、そのやせ男の写っている写真を写真スタンドから取り外
した。
そして、あせった彼は、何でもいいと思い、彼女のアルバムの中から、彼女の水着の

写真を取り出して、その写真スタンドにいれた。

ところで、彼女は、ぽっちゃり系の美人である。

その彼女が、水着姿の自分の姿を、写真スタンドにいれるわけがない。通常、女性と
いうのは、どんなに自信があったとしても、

自分の水着姿でいるところを写真スタンドには、いれない。

そして、そっと、やせた男と、太った男はそっと、マンションを非常階段を使って誰
にもあわないように降りた。

エレベーターを使っては誰かにあう可能性があるからだった。

無事に、車まで戻り、そして、やせた男はいった。

「いやあ、助かった。ありがとう」

太った男はいった。「いや これからですな。勝負は。」

とにかく、月曜日、今日からなるべく遠くに行ってください。

岡山あたりがいいです。
なるべく、彼女とは連絡のとりにくい地域がいいです。なぜかというと、

東京にいると、
日ごろ、彼女と連絡をとっているのに、

なんで、いままで何日間も気づかなかったんだと
かんぐられるからです。私から連絡がいくまで、

岡山にでもいてください。」

日ごろ、まったく人の世話を焼かず、一歩も外にでないとされるやせ男は
めずらしくそのときだけ「出張で」岡山に行っている。

12日の午後に彼女が母親によって死体発見されて、13日水曜日に、

そのやせ男にも連絡がいった。「小はんが死んでいます」
するとそのやせ男は、週刊誌のインタビューにこういった。

「夜の11時ごろかな。思わず、「えっうそだろう」ってびっくりした。」
そして14日金曜日に行われた葬儀は、出席しなかった。

やせた男は、彼女を愛していながら、首をしめすぎて偶然起こった事故死のように思
っていた。
太った男は、「14日の葬儀に出るな、ばれる。お線香もあげにいくな」と引き止め
猛反対した。

それでやせ男は出席を断念した。

しかし、後で、「どうしても弔問に行く」と聞かなかった。

17日の日曜日に弔問をしている。


そして、位牌を前にしてお線香をあげると、やせた男は、位牌の前で泣いた。

香典を50万円持ってきて、49日と一周忌の法要は、自分が全部持ってやります」
といった。

これについては、太った男が弁明した。

(マスコミ用に)
「私が弔問に行ったほうがいいといったんです。こういうことがあると、名前を伏せて
いったり、秘書が行ったりする人もいるが、そういうのはよくない。
誤解されるようなことは何もないから、堂々と行った。男女の関係がないから行けた
んです。」

つまり隠していることを、「変死の原因」ではなく、「男女の関係」を隠しているよ
うに見せかけている。しかもこのやせた男は、男女の関係などを本来隠す人間ではな
いのだ。

そして、生前、小はんは、母親に、「まったく男なんて嫌い。結婚なんてしない」

と明言していたにもかかわらず、なぜか、その後、「結婚したかったのだが、

かなわぬ恋としって自殺した」というつくり話がひろがっていった。

もっとも、最大のなぞは、死ぬまでは、小泉の写真がたてられていた写真たてに、

なぜか、彼女の水着姿の写真に死後入れ替えられているという事実である。
いったい誰が、この写真をかえたのだろうか?


(参考URL)
■記  者  倶  楽  部
(前略)「ロンドン留学はある個人的スキャンダルから逃れるためだった」(地元記者)
との指摘あり。(後略)
http://www.rondan.co.jp/html/kisha/0403/040323-5.html
(前略)小泉首相の「慶応大学在学中のレイプ事件」がマスコミ界を駆け巡っている。
(後略)
http://www.rondan.co.jp/html/kisha/0402/040224.html
■小泉首相が、慶応大学の学生だったころに、
女子大生を強姦しようとして警察につかまり、
そのときに、彼がなんと言ったかというと、
「僕の父親は、防衛庁長官だぞ。早く連絡しろ」だったそうである。 
この事件のことは、地元・横須賀の市会議員たちの間ではよく知られている話だ。(
後略)
以上、「第496号」(2003.11.19)より一部抜粋
副島隆彦常葉学園大学助教授 副島国家戦略研究所(SNSI)主宰 http://www.soejima.to/
http://soejima.to/boyakif/index.html
■(前略)国際問題コメンテーター 藤原肇氏vs元フランス三井物産総支配人 小串正
三氏
<「小泉首相が30年前に起こした不祥事と留学経歴の真相」とは…。>
http://www2.tba.t-com.ne.jp/dappan/fujiwara/article/ohsugi.html
■(前略)小泉首相の暗い影を英米の諜報機関は握っている。
小泉首相の「ロンドン遊学」の真相は、ある女性に対するハレンチ行為が警察ざたに
なるのを恐れて、
父親の防衛庁長官(当時)が英国にほとぼりがさめるまでと逃がしたものらしい。(後略)
(ニューヨーク市立大教授霍見芳浩氏)
http://gendai.net/contents.asp?c=022&id=135
■「『小泉レイプ事件』は地元横須賀の市会議員の間では周知の事実」(木村愛二著)
http://www.jca.apc.org/~altmedka/2003aku/aku771.html
■仰天!小泉首相が「婦女暴行」で訴えられていた!(「FLASH」04.6.29)
http://www.zasshi.com/ZASSHI_SOKUHOU/data/flash.html

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK12掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。