★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK13 > 467.html
 ★阿修羅♪
祝:小泉レイプ・サイト・アクセス10万件突破!小泉婦女暴行逮捕/松沢病院入院歴/英国遊学に加え姉信子との近親相姦真相追究
http://www.asyura2.com/0505/senkyo13/msg/467.html
投稿者 救国の草莽の志士 日時 2005 年 9 月 05 日 14:06:20: fzrYJ5Wj4Dt36
 

(回答先: 小泉の婦女暴行逮捕ロンドン遊学への追求が弱い民主日和見執行部の責任 投稿者 木村愛二 日時 2005 年 9 月 05 日 08:57:13)


小泉純一郎ゾッとするスキャンダル:シスコン疑惑『実話GON! ナックルズ』2005年10月号記事


転送、転載、引用、訳出、大歓迎!
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『亜空間通信』1090号(2005/09/02)
【小泉純一郎ゾッとするスキャンダル:シスコン疑惑『実話GON! ナックルズ』2005年10月号記事】

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 転送、転載、引用、訳出、大歓迎!


クリックすると拡大

  昨年、2004年の3月30日の午後2時に、私、木村愛二は、湾岸戦争、カンプチアPKO、ゴラン高原出兵の違憲訴訟の原告であった経歴の上から、当然のこととして、東京でも、毎日、毎日の本人提訴、「イラク派兵違憲訴訟の会・東京」に加わり、その事務局の決定に従い、この決定の日に、イラク派兵違憲確認と損害賠償請求の提訴をしたのであるが、それと同時に、政策決定の責任者としての個人責任を追及も兼ねて、小泉純一郎個人を被告とする「損害賠償請求事件」、略称「小泉レイプ事件」の提訴を行った。
 
 「婦女暴行逮捕歴」があるとの雑誌『財界にっぽん』記事などが多数あるにも拘わらず、それを名誉毀損として訴えていない以上、「事実だと思わざるを得ない」というのが、わが提訴の根拠である。

 2005.09.02.13時05分現在、略称「小泉レイプ事件」特集リンク・ヒット数は99,223に達している。この調子だと、9月11日の衆議院選挙までに、あますところ9日だが、必要な追加のヒット数は、わずか777で、確実に10万突破の当面の目標は達成可能!
 
 そこへ、昨日(2005/09/01)、以下の雑誌記事が届いた。これは「ゾッとする話」である。
 ------------------------------------------------------------
『実話GON! ナックルズ』2005年10月号
政治家スキャンダル
第1集
口にするのもはばかられる”独身総理”小泉純一郎
異常なる血の結束と最後のタブー
総理大臣である前に人間として
取材・文・宮城正樹

評価の善悪は別にして「記憶に残る」首相であることは間違いない(写真提供・共同通信)

 日本の総理大臣は小泉純一郎ーー久々に定着した日本の「顔」だ。だが、誰もが知るはずの「顔」でもその「心」となると皆目不明。わずかな近親者以外には決して見せないという”変人総理”の真の姿。それは、人間としていかがなものか、といった絶対的タブーだった。

 「殺されてもいい。それぐらいの気構えでやっている」

 8月8日、郵政法案が否決され、衆院解散が決まった。総選挙を控え、小泉首相は造反組を潰しにかかっている。
 右は8月8日の夜、衆院解散を回避すべく説得に向かった森元首相に小泉が浴びせた暴言。

 森は清和会(森派)時代から小泉を補佐し、首相就任後はお目付け役として影で尽力してきた男である。それにも拘わらず小泉は、以前から森の政治的助言を無視してきた。

 自分のやり方に与せぬ者、異論を唱える者は容赦なく斬り捨てる。小泉はかつて、尊敬する人物として織田信長の名を挙げたが、そこからは改革者というよりは”殉教者”のイメージが浮かび上がってくる。

 「異常なまでの孤独癖、信じるのは家族だけ」

 ある政治記者は、小泉の人柄をこう説明する。「盟友」ってのがいない人だね。要は誰も信用しない人なんだよ」

 物事は独りで決める。心を開かない。話が10分と持たない・・・小泉を知る人は口々にこんな特徴を挙げる。

 一国の首相でありながら、独断で政治判断を行う。「殺されてもいい」という独りよがりな発言からしても、異常な事態といわざるを得ない。

 「信じるのは家族だけ。事務所にいるのは家族ばかりで異常なまでの血の結束を感じる」(同)


 小泉の事務所では、公設秘書に義弟の鍋倉正毅、政策秘書に姉の信子を配し、さらには弟の正也、妹の純子が勤務する。政治家が近親者を配するのは当然にも思えるが、政治記者はこうも懸念する。
 「首相が唯一心を許せるのが姉。キャリアは上だし、今の地位に昇りつめたのも彼女のおかげ。頭が上がらないんだな」

 姉の信子は、父の純也が防衛庁長官に就任した(19)64年、女性初の大臣秘書となった。小泉が衆院議員に初当選して以来、30年以上秘書を歴任し、政界でのキャリアはトップクラス。永田町では”女帝”で通っている。

 2002年4月、自民党は「秘書制度の運用指針」にて「近親者の公設秘書への登録は避けることが望
 
 レイプ騒動で姉に頭が上がらない

 「首相は慶大時代にレイプ騒ぎを起こしてね。ほとぼりが冷めるまでロンドンへ留学させられたのだが、それをすすめたのが信子さんって話だ」(前政治記者)

 小泉レイプ騒動ーー昨年、各誌がいっせいに報じたスキャンダルであり、実際に裁判も起こされている有名な事件だ。

 ジャーナリストの木村愛二氏が訴えを起こし「日本国民である原告に計りがたい屈辱と苦悩を与えた」として慰謝料100万円を請求した。この問題は国会でも取り上げられたが、官邸はノーコメントを貫き、小泉自身は「勝手にやらせておけ」とばかりに無視を決め込んだ。レイプが親告罪であるうえ、時効が成立していた。しかも、原告や各誌も、確たる証拠がつかめないでいたのである。

 しかし、本誌はここにきて新たな情報を入手した。警察関係者にあたったところ、驚くべき証言が得られたのだ。

 「当時の事件の調書が消えているんです。強姦事件クラスだと、学生で未成年でも所轄には全部調書があるはず。それが小泉の場合、消滅している。レイプ疑惑が報道された際、反対勢力がその書類を手に入れようとしたが、すでに無くなっていたといいます。小泉の息のかかった公安筋が証拠隠滅に動いたのでしょう。ということは、やはり、婦女暴行は間違いなくあったと。警察の上層部もそのような認識であると聞いています」

 この関係者によれば、小泉レイプ疑惑の証拠書類は当時防衛庁長官だった父親の政治的圧力により隠蔽されたとされる。これが事実なら、マスコミが血眼になっても証拠がつかめないはずである。

 離婚の原因は姉と弟の”ただならぬ関係”

 そして、さらに驚くべき証言がある。小泉の離婚原因についてのものである。

 小泉は、1978年に前妻と結婚。長男、」次男を授かり、はた目には幸福そうに見えた。しかし4年後、離婚に踏み切る。

 当時、前妻は、妊娠3ヶ月で、三男を宿していたにも拘わらず、である。いくら姉に「政治の方が大事よ」と言われようが、妊娠中の妻に離婚届を突き出す法はないだろう。

 三男は以前からたびたびメディアに登場し、「父と会いたい」と発言しているが、小泉は決して会おうとしない。堪りかねた三男が事務所に電話した際、信子が「血のつながりはあるけど、親子関係はない」とつき放したというのは有名な話だ。その点に 関して首相周辺関係者はこう説明する。「前の奥さんと息子さんが出てきちゃ困るんですよ。なぜなら、彼女は純一郎と姉の信子さんの秘密を知っているからです。2人のただならぬ関係を見てしまい、それが離婚のきっかけになったと…奥さん側の関係者の間では知られた話です」

 関係者はそれ以上コメントはできないと口を濁した。仮にこれが事実であれば、秘密を知られた2人が、身重の妻を追い出す暴挙に出たのも理解できなくはないだろう。小泉が三男に会わないのは、まさに血で塗り固めた姉弟の愛情が露呈することを恐れたためなのかもしれない。

 小泉の座右の銘は「無信不立」。国民の信用がなければ政治家としてはやっていかれないといった意味だが、これまで見てきた小泉のどこに信用があるのだろうか。なるほど、衆院解散後の支持率は意外なほど安定してはいる。しかし、それは表面的な数字にすぎない。小泉は「国民に信を問う」とアピールする前に、自身の信を問うべきではないのか。

 (文中敬称略)

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK13掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。