★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK14 > 437.html
 ★阿修羅♪
これだけ似ている小泉とヒトラ―
http://www.asyura2.com/0505/senkyo14/msg/437.html
投稿者 黄昏時のパルチザン兵士 日時 2005 年 9 月 13 日 20:15:44: WCbjO5fYf.pMQ
 

日本の暗黒時代

自民大勝は日本暗黒時代のスタ−トである。
小泉純一郎は織田信長が好きらしいが、藤沢周平は「信長ぎらい」というエッセーを書いている。
そして、比叡山の焼き討ちをはじめとする殺戮を次のように非難しているのである。
「こうした殺戮を、戦国という時代のせいにすることは出来ないだろう。ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺、カンボジアにおける自国民大虐殺。殺す者は、時代を問わずにいつでも殺すのである。しかも信長にしろ、ヒットラ―にしろ、あるいはポル・ポトの政府にしろ、無力な者を殺す行為をささえる思想、あるいは使命感といったものを持っていたと思われるところが厄介なところである。権力者にこういう出方をされては、庶民はたまったものではない」
自らを虐殺≠キる者に拍手を送る。
熱に浮かされた国民は信長やヒットラ―の「改革」を信じ、そして自滅していった。
日本の国民も同じ道をたどるのだろう。
私は今度の解散を、小泉による無理心中解散≠ニ名付けたが、心中という言葉に溺れたのかもしれない。
今回、改めて、ヒットラ―の『わが闘争』(平野一郎、将積茂訳、角川文庫)を読み返して、小泉とのあまりの類似に慄然とした。
いくつかを拾ってみよう。
「民衆の圧倒的多数は、冷静な熟考よりもむしろ感情的な感じで考え方や行動を決めるという女性的要素を持ち、女性的な態度を取る」
「宣伝は一方的な発言だ。一つの事を真っ直ぐに強調して言え。宣伝は大衆に対してのみ行え」
「民衆の心を獲得することは、目標の敵対者を絶滅させる場合にのみ可能である」
「優秀な民族に産児制限をしたりすべきではない。劣等な民族が滅びていけばいいのだ」
「優秀な民族が増えると国土が足りなくなるが、それは侵略によって増やすべきかもしれない。日露戦争における日本の役割をドイツがすれば良かった。経済発展によって国を活性化させることも重要だが、軍事力なしで繁栄するなどと考えてはならない」

私はこれから激しく小泉ヒットラ―と対決していくつもりである。

佐高 信

東京スポ―ツ 05 9 13

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK14掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。