★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK14 > 909.html
 ★阿修羅♪
前原代表がこのブログを訴えるかどうかも注目しましょう
http://www.asyura2.com/0505/senkyo14/msg/909.html
投稿者 吐息でネット右翼 日時 2005 年 9 月 19 日 14:23:17: fq6z4wyhxyxZg
 

前原誠司と民主党参議院美人議員は不倫の関係?(オフイス・マツナガのBlog )

http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/18804919.html

2005年04月13日

【政治】前原誠司と民主党参議院美人議員は不倫の関係?

 ブログにするニュースがないというので「色物」でいきます。永田町はいろいろ忙しいのですが、他の媒体との関係もありまして、まだ、ここで書くことできません。で、色物でゆるしてください。

 3月中旬、月刊誌「ベルダ」に「民主党プリンスの不倫疑惑 『ポスト小泉政局』に波及も」という記事のコピーが衆参の議員会館に投げ込まれた。

 記事の内容は「時期エースといわれる前原誠司と参議院議員一年生・林久美子が不倫をしている」というもの。
 この投げ込み記事を巡って民主党内の勢力争いがかいま見えそうだ。

(続きよみたくなければ、ここで打ち止め)

 前原誠司は民主党の影の防衛庁長官。ポスト岡田の有力候補である。
 今年に入って、
「これからは野党と呼ばないで。政権準備政党を呼んでほしい」
 と奇をてらった岡田代表に対して「そんなことばかりいって次の選挙に勝てるのか」などという不協和音が広がっている。
 岡田代表は国会召集直後の代表質問で前代未聞の本会議ボイコットを強行した。だが、2〜3時間後に本会議を再開させり、衆議院予算委員会をサボタージュしたりと、全く何を考えて国会運営を行っているのか全く分からない。
 そのあげく、2005年後予算案は戦後4番目といスピードで成立してしまった。
 あれだけ「戦う民主党の姿を見せるぞ」といって大見得を切ったはずなのに、なぜこんなに早く予算があがったのか不思議に思う人もいるだろう。
 
 その訳は実に馬鹿馬鹿しいことに原因があった。
 3月24日、天皇陛下はじめ小泉総理などが出席する「愛知万博」の開会式に出たい。
「どうせ衆議院で予算案も可決しているし、参議院がごねたって1ヶ月後には自然成立する。それなら70年の大阪万博以来久しぶりに行われる愛知万博へ行こう」という議員が多く、その日に間に合わせるために05年度予算案をスピード成立というのだから開いた口がふさがらない。
「政権準備政党」などといいながら審議軽視を続ける岡田代表の国会運営に小沢副代表は「きちんとした党の方針が決まってないからふらふらするんだ」と苦り切っている。
「地味な岡田では次は勝てない」
 低迷を続ける岡田代表に対して、小沢一郎副代表が仕掛けに動きだした。
 
 小沢副代表は次の代表に自分の考えを実践できる若手のホープ・前原誠司を取り込んだ。前原は小沢副代表が推進する「国土防衛」「集団的自衛権の確立」を基盤として『日本のあり方』を提唱している。
 また、小沢代表は前原のほか別の一手として、元代表の鳩山由起夫を担ぐという2段が前の戦法をとった。
 2月1日、小沢別働隊である山岡賢次農水委員長を中心とした「人の和の会」が発足した。
 この会には元自由党、鳩山由起夫グループ、横路孝弘グループが参加し、前原誠司は副会長ポストに就任。小沢副代表は大きな勢力を持ってポスト岡田を睨む戦略だ。
 これに対して岡田は代表就任後、民社党系の川端達夫を幹事長に、若手をとりまとめている仙谷由人を政調会長へ就任させ岡田体制を強化している。
 民主党といえども各議員の動きはバラバラ。全く纏まってないのが民主党である。
 
 そんな寄せ集めの民主党にいよいよ亀裂が起こりつつあるのだ。
 永田町は嫉妬の渦がとぐろを巻いている世界。 
 そんなときに「前原不倫疑惑」がばらまかれたのだ。

 前原と林久美子との関係について林久美子に詳しい元関係者が言う。
「前原さんと林さんとの出会いは、前原さんが日本新党から初出馬した93年の総選挙にさかのぼるのです。
 林久美子さんは滋賀県八日市の出身。
 93年当時、宮沢内閣に不信任案を突きつけ自民党から反乱を起こして「さきがけ」を作った武村正義さんの地元。
 林さんは地元で八日市市長ー滋賀県知事をやっていた武村代表とは親の代から懇意にしていた。
 その武村さんが総選挙に当たり、「新党・さきがけ」を立ち上げ、細川護煕の日本新党と選挙協力を提携し、日本新党候補者も応援する両面作戦を行った。
 林久美子は大学がほぼ終わりということもあって、武村さんの選挙を手伝っていた。
 が、武村さんから
「僕は当選する。それより京都から初出馬している前原誠司くんの選挙を手伝ってほしい」
 といわれ、滋賀の隣である京都の前原選挙を手伝うことになる。
 この時以来、前原さんとの関係ができたとも言われている。
 前原さんも林さんをかわいがっていたしね・・・。
前原さんはは日本新党で初当選。94年には「さきがけ」に移籍した。
  その後、林さんが95年、早稲田大学を卒業してびわ湖放送に入ってからは、徐々に関係が薄れていったようだ。
 
 林さんはびわ湖放送で「滋賀県庁の県政クラブ」の記者をやっていた。このときの林さんのスタイルといえば民主党より自民党県議にべったりと張り付き、情報を取っていた。
 林さんのやり方は「ねー、先生ちょっと教えて」とまるで「女を武器」に自民党の県議の懐に入り込んで行ったという。
 林さんのアパートへ数人の男性県議が出入りし、朝帰りするのを見かけたという人も多い。
 林さんは夕方のびわ湖放送のニュース「県庁滋賀」のニュースキャスターを勤めている。 

 それでも頻繁に目撃されているのが元県会議員の西沢久夫(52)だ。
 西沢は新たに合併した東近江市の市長選(2月27日投票日)に出馬したが、現職の中村功一(72)に1600票あまりで惜敗している。
 西沢はもともと武村さんの子飼いであり「さきがけ」の県議。中村さんも武村さんの子飼いで現職という、いわば身内同士の同士討ちだった。
 武村さんはこの選挙でどっちつかずの立場を貫き、自分の立場を保っていたようだ。

話がやや横道にそれたので林さんにもどそう。
 林さんのキャスター時代は自民党系の記者だと誰もが思っていた。
 その林さんが参議院選挙(04年7月)に民主党から出馬すると聞いてびっくりした。
「何で民主党から出馬するんだ。出る村が違うんじゃないか」との批判が飛び交う。
 林さんの民主党には前原さんの力が作用したんじゃないかという話もある。
 可哀想だったのが03年の衆議院選挙に落選し04年の参議院選挙に回ってきた自民党公認候補・上野賢一郎だ。参議院選挙といえば県会議員の選挙運動力が作用する。
 ところが、本来釈迦力になるはずの自民党県会議員の動きが悪い。林さん「にいろんな義理」があるのか、あまり動かない。
 そんなこんなで上野は4万票もの大差で落選した。林さんは国会議員になってから前原さんと時々会っているという噂もある」

 地元関係者は前原・林の関係を否定はしてない。
 
 林久美子には朝日新聞大阪支局に勤める夫がいるが、現在は別居中。幼い子が一人。だが、「子育てを標榜」そる林久美子はほとんど子供の世話をせず、子供の世話は地元事務所にいる母親の仕事だ。
 林の母親も「何で私が子供の送り迎えをしなきゃならんの」
 と愚痴をこぼす毎日ながら、事務所の電話番をしてるようだ。
「子育てを標榜する女性議員のほとんどは他人任せっきり」というのが実態。
 かわいい顔?をしてのうのうと嘘を言い放つ女性議員が多い。
 有権者も騙されてはいけませんぞ。


 民主党若手議員が言う。
「4月12日に公示された宮城2区と福岡2区の衆議院補欠選挙は元々民主党の議席だった。現在の情勢では宮城ー民主、福岡ー自民の痛み分けか。
 それでも民主党は議席を減らすだけにこれに乗じて小沢一派が岡田追い落としをかけそうだ。まして2敗なら『岡田更迭』が現実のものになりそうだ。現在の岡田体制は寄せ集め部隊。岡田側近は北橋健治ら8人ぐらいしかいない。旧民社党系はポストさえもらえばどこでも行くという状況。
 そんな中にでた前原のスキャンダル。、ポスト岡田の第1〜2番手候補・前原。この際、早く芽を摘んでおこうという思惑もあるのかも・・・。
 前原スキャンダルは自民党さんより民主党内部の人間が流したんじゃないの」

 もっともこの前原さん、いい男が災いしてか、次のようにいう人もいる。

「前原の女房・愛理は以前、大手人材派遣会社「パソナ」社長・南部靖之の秘書をやっていました。いわゆる南部の愛人とう噂もあった。前原は京都府議時代、衆議院議員になろうともがいていた。だが、金がない。
 そこで南部に近づき、南部の愛人を引き受けることで選挙費用を援助してもらい93年初当選したというのです。
 だが、所詮女房といえども他人の愛人。
 そこに林というピチピチの早大生が選挙手伝いに来たことから、ついつい魔が差してしまったのか・・・。
 南部はけち。南部の資金援助は93年の選挙だけだった」(民主党議員秘書)

 前原・女房の愛理は現在、地元の公設第一秘書。
 衆議院選挙直前、「フライデー」で「衆議院女性候補者および美人妻たち」に登場している。実にてきぱきとして卒がなく、清楚であか抜けた美人であった。 

文責・辻野匠師

(一部敬称略)

Posted by shojitujino at 10:56 │Comments(7) │TrackBack(0)
このBlogのトップへ │前の記事 │次の記事

この記事へのトラックバックURL
http://app.blog.livedoor.jp/takashikitaoka/tb.cgi/18804919

この記事へのコメント

 やや旧聞にぞくするとはいえ、辻野さんの「色物」記事ですね。これまで永田町のセンセイで、何人が、辻野さんの「色物」で、翻弄されたことやら。そういえば、船田元さん、畑恵さんも、辻野さんに翻弄されましたね。古くは、橋本龍太郎か・・・・。あとは・・・・・やめます。
 
Posted by 後輩ジャーナリスト at 2005年04月13日 12:39

 辻野さんの記事にケチをつけるきはないけど、どうして、字の大きさ(フォント)が、バラバラなのだろうか?
 まさか、そこに意味があるとは、いわんだろうな?
Posted by 北岡隆志 at 2005年04月13日 13:43

政治・金・女 おどろおどろしいぃーーー!

政治家の皆さぁ〜ん!
こんなことばっかりやってると、有権者からクビにされますよぉ〜。
Posted by G at 2005年04月13日 18:03

前原さんは奥さんと仲がよく、真面目に仕事をしています。
林さんもご主人と仲がよく、子育てもがんばっています。
きちんと取材をしましたか?
総選挙を通じて知り合ったとか、前原さんが林さんを
かわいがっているとか、林さんが男性県議とさも何かあるかの
ような書きぶり。
あまりいい加減なことを書いていると、名誉毀損で訴えられますよ。
ご用心を。

Posted by いい加減 at 2005年04月26日 11:50

私は林久美子さんの地元に住む、一有権者です。
このようなデタラメな記事を拝見して、
いてもたってもいられなくなり、コメントを書きます。

地元のスーパーで親子三人で買い物されているのを
私の友人が何度か目にしたことがあるとききます。
旦那さまとは別居されていませんよ。
職業柄転勤が多く、現在も離れて暮らされているようですが
月に何度かは子どもさんのお顔を見に帰ってこられてます。

私も子育てをしながら仕事をもっています。
子どもや家庭のことも一生懸命しています。
林さんも同じだと思います。
そのような者にとって、このようないい加減なことを書かれるのは
本当に腹立たしいです。

Posted by no name at 2005年04月27日 14:21

 いい加減さん。no nameさん。コメントありがとうございます。私は前原議員とは面識があります。みなさんがおもっているように、十分に将来を期待できる議員です。なお、辻野記者に記事にかんて、「不倫問題」が事実であるか、どうか?いや、それはでっちあげで、けしからん・・・というご指摘のように受け取ります。詳細は辻野記者にまかせますが、ただひとつご理解頂きたいのは、不倫云々よりも、そのことが民主党の権力闘争のひとつの現象をあらわしているという記事とご理解ください。

Posted by 松永他加志 at 2005年04月28日 23:00

 林議院にかんしては実名がでただけに不愉快な思いをされているかもしれませんが、正直、世論は不倫の有無には興味ありません。やるなら、勝手にやってくれ!とおもいます。問題がそれが、次期政権を担う可能性のある民主党内の権力闘争の一面があるということで、私は辻野記者の記事の掲載を許可しました。
 林議院も国会議院になって以上は、そうした判断に関してはご理解いただけるとおもいます。それが、名誉毀損にあたるのかどうか?判断は微妙でしょう。私は、そう判断しません。
 ただし、正式に抗議なり、削除依頼なりがありましたら、辻野記者の詳細な取材メモに関して公開する準備があります。そのことをご理解ください。


Posted by 松永他加志 at 2005年04月28日 23:02

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK14掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。