★阿修羅♪ > 戦争71 > 1137.html
 ★阿修羅♪
靖国神社問題は「歴史観」の問題ではありません    西岡昌紀  
http://www.asyura2.com/0505/war71/msg/1137.html
投稿者 西岡昌紀 日時 2005 年 7 月 12 日 17:28:50: of0poCGGoydL.
 

(回答先: A級戦犯合祀の根拠は何処に? 投稿者 如往 日時 2005 年 7 月 12 日 12:50:03)

御意見をありがとうございました。以下に、小生の見解の続きを述べます。

私は、「自分の頭で考える」事をモットーにして居ます。
ですから、私の言う事は、他の人の言ふ事とは違ふ点が少なくないと
思ひます。その事に御留意の上、以下をお読み下さい。

私は、靖国神社問題は、「歴史観」の問題ではないと思って居ます。
何故なら、戦死者を祀る事は、国の同義的義務であり、戦死者が
倒れた戦争に対する後世の評価によって、ここの義務が守られない
事が有ってはならないと、考えるからです。

即ち、戦死者が倒れた戦争の一つ一つの歴史的評価によって、戦死者が、
を祀られたり、祀られなかったりする事が有ってはいけない訳で、
国は、いかなる戦争においても、戦場に赴き、生命を失った人々の
慰霊を行なふ義務を守るべきだと、私は、考えます。

ですから、ここが、私の言ふ事が、言はゆる「保守」、「民族派」と
少々違ふ点かも知れませんが、日本の首相や天皇は、歴史観を超えて、
靖国神社に行くべきだと言ふのが、私の主張です。

つまり、あの大戦は「聖戦」だったから靖国神社に行くべきだ等と
言ふのではなく、あの大戦が、「聖戦」であろうと、「侵略」であろうと、
そうした歴史的評価を超えて、国は、戦場に駆り出し、犠牲と成った人々の
為に、戦死者を国の予算によって慰霊するべきであり、もし、それが
「違憲」とされるなら、憲法など変えればいいだけの事だと言ふのが、
私の見解です。

私には、私の歴史観が有ります。しかし、それ(私の歴史観)を述べる
前に、私が、首相も天皇も、それから衆参両院議長も最高裁判所長官も、
靖国神社に行くべきだと言ふのは、国は、かつて、戦死したら靖国神社に
祀ると言ふ約束で人々を戦場に送ったのだから、その死んだ人々と遺族
との約束を守るべきだと言ひたいからなのです。

つまり、後世の「歴史観」などによって、国が約束した事が、実行
されたりされなかったりする事が有ってはならないと言ふのが、私の
靖国問題に関する基本的な立場です。

                          西岡昌紀
http://blogs.yahoo.co.jp/nishiokamasanori/

                          (続く)

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 戦争71掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。