★阿修羅♪ > アジア3 > 420.html
 ★阿修羅♪
【偽装構造主義の世界的展開】 <ES細胞論文ねつ造の波紋>国民「まさかと思ったのに...騙された」 【中央日報】
http://www.asyura2.com/0510/asia3/msg/420.html
投稿者 愚民党 日時 2005 年 12 月 23 日 20:55:41: ogcGl0q1DMbpk
 

<ES細胞論文ねつ造の波紋>国民「まさかと思ったのに...騙された」

ソウル大・黄禹錫(ファン・ウソック)教授チームの論文が意図的にねつ造されたものであることが分かった後、国民は途方もない失望感と虚脱感に陥っている。希望と期待感を寄せていた難病患者らは衝撃に包まれた。

科学界のある関係者は「黄教授チームが今年5月、英ロンドンで全世界の記者らの前で『ヒト胚(はい)性幹細胞(ES細胞)の培養』という研究成果を発表し世界を驚かせた時点に、すでにES細胞が存在しない、との事実を知っていたならば、これは『詐欺』」だとし憤怒した。一方、ソウル大調査委の中間発表に対するネチズンの反応は二分された。

ダウムのコミュニティー「アイラブ黄禹錫」(cafe.daum.net/ilovehws)のメンバーらは24日、全国で黄教授を支持するろうそく集会を行う予定。 同コミュニティー・メンバーらの大半は、調査委への深い不信感を示した。ある投稿者は「調査委の大半が黄禹錫反対の勢力。当初から公正な調査は不可能だった。検察の調査を備えて総力戦を繰り広げるべき」だとした。

半面、黄教授論文の真実性について絶えず疑念を示してきたネチズンらは「すでに予測されていたねつ造が確認された」とし、黄教授研究チームに対する失望感を隠さなかった。黄博士の論文がねつ造であることが分かっただけに、黄博士が勇退すべき、との意見も多かった。


2005.12.23 19:39:50

【中央日報】

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=71009&servcode=400§code=400





ポストモダンの思想的根拠―9・11と管理社会


空中ブランコに乗る子供たち―ポストモダンの若者学


モダニティとポストモダン文化(カルチャー)―カルチュラル・スタディーズ入門


時間の種子―ポストモダンと冷戦以後のユートピア


こどもたちに語るポストモダン


ポストモダンと地方主義(ロカリティ)


人間的自由の条件―ヘーゲルとポストモダン思想


ポストモダンの経済学―資本主義のコモンセンスをどう読むか


ポストモダン地理学―批判的社会理論における空間の位相


ポストモダン経営学


近代劇の変貌―「モダン」から「ポストモダン」へ


洞察=想像力―知の解放とポストモダンの教育


ポストモダン事典


ポスト構造主義


構造主義のパラドクス―野生の形而上学のために


言語の牢獄―構造主義とロシア・フォルマリズム


はじめての構造主義


思想の現在―実存主義・構造主義・ポスト構造主義


構造主義の歴史 (下)


知った気でいるあなたのための構造主義方法論入門


構造主義の歴史 (上)


生物学にとって構造主義とは何か―R.トム/J.ニーダム/F.ヴァレーラを含む国際討論の記録


情報様式論―ポスト構造主義の社会理論


構造主義


構造主義とは何か―そのイデオロギーと方法


構造主義とは何か―そのイデオロギーと方法


開発の国際政治経済学―構造主義マクロ経済学とメキシコ経済


生物発生的構造主義―脳の進化からみた文化理論


構造主義と記号論


構造主義


虫の目で人の世を見る―構造主義生物学外伝


構造主義科学論の冒険


開発論の視座―南北貿易・構造主義・開発戦略

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > アジア3掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。