★阿修羅♪ > アジア3 > 580.html
 ★阿修羅♪
中国農業税廃止/農民負担軽減の第一歩(日本農業新聞)(1月17日)
http://www.asyura2.com/0510/asia3/msg/580.html
投稿者 heart 日時 2006 年 1 月 18 日 20:46:11: QS3iy8SiOaheU
 

http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/column/0601/17.html

 中国は1月1日から農業税を全廃した。農業税は不公平税制と批判され、農業生産意欲を減退させ、農村の貧困の原因の一つといわれてきた。鉱工業製品の輸出を中心に、高度経済成長を続ける中国は、都市と農村の所得格差が拡大し、農民暴動なども伝えられており、不満が渦巻いている。今回の措置は、社会安定対策の色合いが強く、農民の負担軽減には依然として大きな問題を抱えている。
 
 中国の農家と都市住民の所得格差は、統計上3.2倍だが、実質は6倍もの差があるといわれる。農村、農業、農民が貧困に苦しむ「三農問題」は、繁栄を続ける中国社会のアキレスけんと指摘され、中国にとって重要な政策課題だ。胡錦濤政権は持続的発展のため、調和型社会を目指し、これまでの都市部を優遇する政策から、農家の利益を公平に重視する政策へ転換しようとしている。その象徴的なものが、農業税だ。
 
 農業税は中国共産党政権の発足後、1958年の第一期全人代常務委員会で採択され導入された。もともとの原型は紀元前594年に、魯の国(現在の山東省付近)で制度化されて以来、歴代王朝に引き継がれ、今日まで2600年の歴史がある。農地を使用している農家は、必ず納付しなければならない年貢のような制度。税率は地方によって異なるが、生産量と収入を基準に平均15%程度、最高限度は30%。都市部の勤労者は年収が800元(約1万1千円)未満なら課税の対象にならないが、農家は収入がない場合でも、課税される。
 
 中国政府は農業税を2004年から5年間で段階的に廃止するとしてきた。31省・地域のうち、すでに28の省・直轄市・自治区で廃止されている。今回の決定は、計画を早めて廃止したものだ。農業税は一時期、中国の税収の4割を占めたが、その後縮小し、現在は1%を占めるだけだ。財政状況は安定しており、廃止しても大幅な税収減にはならないとみられている。
 
 今回の措置で農業の課税がなくなったわけではない。都市と農村の税制度を一本化することが目的だ。農業は他の産業と同様に、農産物販売などの所得によって税金が徴収される。つまり、農家も年収が800元以上になれば、税金を徴収される。
 
 中国の農村部では、行政機関の資金不足などから、正規の税以外に農民に負担を求める例が後を絶たず、どこまで実質的な負担軽減が進むか、不透明なところがある。農業税以外にも村や郷で徴収するものが多い。例えば、村の幹部の手当や、先生の給料などの教育費、民兵訓練費、橋や道路のインフラ整備費などである。これらの負担をどこまで軽減できるかが今後の課題だ。今回の撤廃は、農民の負担軽減の第一歩だ。目標達成には、なお多くの課題があり、この先も道のりは長いと見るべきだ。

日本農業新聞 論説 [2006年01月17日付]

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > アジア3掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。