★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ42 > 131.html
 ★阿修羅♪
その慰安婦たちは敗戦の最中に忽然と消えた
http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/131.html
投稿者 良心党・愚考 日時 2005 年 11 月 16 日 10:40:43: pnxTR7QAblFLw
 

(回答先: 慰安所規定を見て読んだ素直な感想。「案外きっちりしてたんだなー」(ある女性のblogから) 投稿者 gataro 日時 2005 年 11 月 14 日 17:22:09)

> 「一番大きな慰安所は、陸軍司令部のあるララ村の、裏手にあたるパアダ村にありました。夏島に日本の兵隊が来はじめたのは千九百四十年です。そのときから女たちも増えていきました。パアダ村の女たちは戦争がはじまった後に、まとまって来たんです。女たちは朝鮮人だけでした。場所は春島の方を向いた斜面のパアダ村です。大空襲のとき、みんなみんな見えなくなった。どうなったかわからない。朝鮮人だから・・」と話してる。(1987年4月、夏島の教会で取材・・)
以上、山田盟子著、「慰安婦たちの太平洋戦争」、p221、より

> 部隊の中に設営された慰安所に、四、五名の朝鮮ピイがいたんだけど、これが敗戦の翌日に姿を消してしまった。それは煙の如くにふわあッと消えてしまった。その慰安所経営者というか責任者というか、人相風体かんばしからぬ、日本人の中年の夫婦者がいたんだけど、この巡査上がりみたいな夫婦も、ピイと共に見えなくなってしまった。みんな銃殺されたという噂が飛んだ。「そういえば銃声を聞いたぜ」なんて言う兵隊もいた。朝鮮ピイたちは将校専用といってもいいくらいで、われわれ兵隊は時どき遠くからチラチラと、そのナマメカシイ姿を見かけるだけだった。何が慰安所だい、ふざけやがって。それにしても、何も銃殺することはねえと思うんだけどな。朝鮮へ帰してやればいいじゃねえか。可哀想だよ。おそらく不法拉致してきた女たちにきまってる。深く考えると滂沱と涙が出る。戦争というものはヒドイものだ。ヒドイものだ。だからですね、日本国は武器という武器はみんな捨ていしまいました。そして、新しいのをどんどん買ってます。もう1度やるつもりなのよ、ヨ・ロ・シ・ク。・・
以上、殿山泰司著、「三文役者あなあきい伝」、p233、より

> 「そのヴァイオリンやバンドネオンはどうしたんですか」
> 「うん、うん慰安所においてあったんだ、前からあったそうだ」
> 「へええそうですか、バンドネオンてのは珍らしいナァ。ところで、ピイ屋のオヤジたちは、どうしたんですかね軍曹どの」
> 「ええ、いやあ、知らんなあ、とにかくキミ、集めなくっちゃあ、なあキミ」
以上、殿山泰司著、「三文役者あなあきい伝」、p240、より

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > Ψ空耳の丘Ψ42掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。