★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ42 > 153.html
 ★阿修羅♪
無認可託児所で2児がやけど負わされる(朝日・鹿児島版)
http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/153.html
投稿者 吐息でネット右翼 日時 2005 年 11 月 18 日 21:20:52: fq6z4wyhxyxZg
 

(回答先: 人の良さの中に潜む人権意識の希薄さ(nanayaのひとりごと) 投稿者 吐息でネット右翼 日時 2005 年 11 月 18 日 21:17:39)

http://mytown.asahi.com/kagoshima/news02.asp?kiji=5180

 鹿児島市の無認可の託児所で子ども2人が施設長から火のついた線香でやけどを負わされた。発覚当初、同市は子どもの1人について体罰の実態を把握していなかった。警察も「被害者の両親から親告がない」と捜査を進めない。母子家庭だけでなく、共働き社会の到来で託児所の存在は大きく、我が子を預ける親たちにとってはひとごとではすまされない問題だ。子供と職員だけの空間で、外部の目が届きにくい「密室」の危険性が指摘される。
 
 この施設に息子を預ける会社員男性(32)は、体罰に訴える姿勢を問う。「しつけだとしても、手やお尻をたたくとか、ほかに方法があり、傷が残るようなやり方は問題がある。息子がそんなことされたらただじゃ済まない」と、憤った。

 鹿児島市の女性(33)も、仕事中に長男(6)を別の託児所に預ける。約1カ月前、長男が「先生に突き飛ばされた」と告げてきた。「預かっている時間だけはおとなしくしていてほしい、と考える託児所が多いのではないか」と話す。

 同市子育て支援推進課によると、男児(4)の祖母が先月31日、同課に「託児所に預けるのをやめたので、保育所に入れたい」と相談した時にこの経緯を話したため、市は男児の件を把握。一方、女児については、今月7日におたふく風邪の診断をした市内の病院が、腹部にやけどの跡を見つけて「虐待の疑いがある」と市に通報して発覚した。

 市は男児の祖母からの相談を受け、今月2日に施設を訪ねたが、女児にもやけどを負わせていたことは把握できなかった。女児を診断した病院から通報を受けた後の9日、施設長に再度説明を求めて被害者が2人とわかったという。

 実態把握の遅れに、同課は「男児や女児の保護者からも話を聞く必要があった」と説明している。

 今回のケースでは、託児所は施設長の自宅と兼用。1階部分が託児所で、2階が住まいになっているという。事件当時は、施設長以外の職員は不在だったという。

 市は「託児所という密室の中の出来事なので把握は難しい」と指摘。託児所に子どもを預けている女性も「親に施設の内部を見せないところもあり、中がどうなっているのか分からないと不安。親が望むような施設は、思うよりずっと少ない」と話している。


■両親拒否で捜査できず■

 先月29日、鹿児島西署は、やけどを負った子どもの両親から相談を受けた。「子どもがやけどを負わされた。民間の託児所を管轄する機関はどこか教えてほしい」との内容だった。
 対応した署員が、被害届と診断書があれば警察が傷害事件として捜査すると伝えたが、両親は「事件にする気はありません」と話したため、相談窓口として県や市、人権擁護委員会などを教えたという。
 
 同署は託児所の体罰が明らかになった16日、改めてその両親に「親告さえあれば、いつでも捜査する」と伝えたが、断られたため、傷害容疑事件として捜査はしないという。
 同署によると、「刃物で刺されてけがをした」などの通報があった場合、警察は初動措置として現場の保存や実況見分などを行う。今回の体罰のケースでも、やけどを負ったその場で通報があれば、初動措置を行った可能性は高い。
 しかし、その後傷害事件として捜査していくためには、けがの程度にかかわらず、どんな事件でも「加療何カ月」という医師による診断書が、傷害を立件するために必要になってくる。
 今回は、両親が同署に相談したのが、被害のあった翌日。診断書の提出を拒否し、「警察ざたにはしない」と言ったため同署は、「傷害を認定できない以上、捜査はできない」としている。

 木山修次副署長は「準備はあるが、被害者から親告がないと動けない」としたうえで「『警察ざたにはしたくない』というのは何らかの事情があるのかもしれない。警察が無理やり出ていくわけにはいかない」


■施設長「覚えていない」■

 16日、朝日新聞社の記者がこの託児所を取材した。施設長は精神的に不安定で会える状況にないとし、託児所で送迎バスの運転手をしている施設長の夫(67)ら家族に話を聞いた。夫によると、施設長がやけどを子どもにさせた理由について、男児がチャイルドシートのシートベルトを外して女児のお菓子を取ったりして騒いだりすることが連日続いていたという。施設長や夫は度々、この子どもたちに注意をする日が続いたという。
 施設長は事件について「なんでこんなことをしてしまったのかよく分からない。当時のことをよく覚えていない」と話しているという。
 男児の父親は事件の翌日、託児所を訪れ、退園を申し出たという。託児所側がお見舞いに行きたいと申し出たら断ったという。
 女児については現在も同じ託児所に通っているという。
 事件は1階で起きたという。


■保育施設での事故・虐待■

 97年12月 埼玉県川口市の託児所で、市内の会社員の長女(当時1)が、室内の壁にかけてあった袋のひもに首を引っかけて死亡。
 00年2月 神奈川県大和市の無認可保育所で、預かった男児(当時1)が経営者の女性に暴行されて死亡。別の男児(当時2)も同月、床に突き倒されて死亡。
 00年10月 北海道旭川市内の無認可託児所で、市内の土木作業員の長女(当時1)がうつぶせに寝かせ付けられて窒息、6日後に死亡。
 02年7月 東京都町田市の無認可保育所で、男児(当時生後11カ月)が浴槽に落ちて一時意識不明の重体。
 02年12月 北海道旭川市の無認可託児所で、市内のホテル従業員女性の次女がうつぶせに寝たまま窒息死。


 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > Ψ空耳の丘Ψ42掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。