★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ42 > 385.html
 ★阿修羅♪
「チャーチ・オブ・クライスト(キリストの教会)」の日本語サイトと「カルト」と批判しているサイト。
http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/385.html
投稿者 Sun Shine 日時 2005 年 12 月 13 日 19:35:19: edtzBi/ieTlqA
 

(回答先: Re: 「チャーチ・オブ・クライスト」はキリスト教福音主義の一派で、「クリスチャン・サイエンス」とは別でした 投稿者 Sun Shine 日時 2005 年 12 月 12 日 08:10:53)

「Church of Christ(日本語で<キリストの教会>というらしい)」の日本語サイト
http://www.ochanomizuco-christ.or.jp/history.htm

1920年代には、「ディサイプルズ派」から更に「クリスチャン・チャーチ」と呼ばれる群れも形成されました。

 日本におけるストーン・キャンベル運動は、チャールズ・ガルスト、J.M. マッケーレブ、O.D. ビクスラーなどのアメリカ人宣教師たちによって伝えられ、成長していきました。
 「キリストの教会」は、18世紀末頃からアメリカで始まったキリスト教の運動である「ストーン・キャンベル運動」より生まれました。

 この運動のモットーは、少数の教会指導者(聖職者)たちにより支配され、聖書の理解の仕方(教義)によって無数に分かれていた当時のキリスト教教会を、新約聖書に記されているような、すべての人が平等で、キリストにあって一つである教会を回復させることにありました。Thomas Campbell
  (1763-1854)
Alexander Campbell
  (1788-1866)
 具体的にはトーマスとアレグザンダー・キャンベル父子やバートン・ストーンといった指導者たちによって始められたこの運動ですが、南北戦争などを経て、20世紀初頭には比較的リベラルな「ディサイプルズ派」と、保守的な「キリストの教会」とに分かれました。Barton WE. Stone
 (1772-1844)

英文サイト
http://en.wikipedia.org/wiki/Church_of_Christ

この宗教団体に対しては、「カルト」という批判も確かにある。
http://www.geocities.com/blandlij/opinion/tcocj.htm

東京キリストの教会カルト

なぜ私がこれを書くのかというと、誰かキリストを探している人がいれば、その人は大間違いを(私の意見で)しないように書きます。その大間違いは、International Church of Christ (ICC / ICOC) -- 代々木八幡にある東京キリストの教会カルトに参加してしまうことです。(カルトとは、特に狂信的な崇拝、異教です。マインドコントロールを使って今まで愛された人から別れさせて、お金を取ることによってよく知られている。)また、東京だけではなく、いっぱい世界にもあります。 他の日本にある国際キリスト教会カルトの場所案内は東京キリスト教会のホームページにあります。 確認してください。


了解してください: 私の決心は次のことです。 あなたの人生で、一番素晴らしい出来事はイエスが神の息子、そしてあなたの救世主としてイエスキリストを自分の心に置けることです。それに対したご質問がある場合、ご連絡してください!(後は略)


こういうサイトもある
http://religion.web.infoseek.co.jp/religion/icc_doc/2ch/2ch_tcc04.htm


 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > Ψ空耳の丘Ψ42掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。