★阿修羅♪ > 不安と不健康11 > 416.html
 ★阿修羅♪
<救急医療>救急隊、重症の35%過小評価 患者1万人調査 [毎日新聞]
http://www.asyura2.com/0510/health11/msg/416.html
投稿者 white 日時 2006 年 5 月 12 日 16:20:32: QYBiAyr6jr5Ac
 

□<救急医療>救急隊、重症の35%過小評価 患者1万人調査 [毎日新聞]

 http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/first_aid.html?d=12mainichiF0512m167&cat=2&typ=t

<救急医療>救急隊、重症の35%過小評価 患者1万人調査 (毎日新聞)
 救急車で病院に運ばれて医師が重症と診断した患者の35%は、救急隊が病状を中等症や軽症などと過小評価していたことが、東京消防庁の調査で分かった。特に、けが以外の内因性の病気では、過小評価は42%に達した。高度な医療が行える救命救急センターなどに患者が運ばれるのは、救急隊が「重症」と判断した場合に限られており、医師以外による判断の限界と危険性が浮かんだ。盛岡市で開催中の日本臨床救急医学会で11日に発表した。
 同庁本田消防署(東京都葛飾区)の相澤浩幸救急隊長らが杏林大の救急医らと共同で、東京都内のある消防署が03年中に救急車で病院に運んだ患者、計約1万人を調べた。
 その結果、病院到着時点で医師が、生命に危険のある「重症」と診断した患者が563人いた。しかし、このうち救急隊が重症と判断し救命救急センターなどに運んだのは364人(65%)にとどまった。残る199人は、救急隊や患者本人などの判断で、2次救急病院などに運ばれた。
 1万人のうち約6500人を占めた内因性の病気の患者について、医師が「重症」と診断したのは452人。しかし、救急隊の判断による重症者は264人(58%)にとどまり、42%が過小評価されていた。外傷では、医師が重症と診断した患者111人中100人(90%)を救急隊も重症としており、内因性の病気の判断の難しさが際だった。
 相澤さんは「重症の中には、がんで自宅療養中の患者が発熱した場合なども含まれ、救命センターへの搬送は不要な場合もある。しかし内因性の病気は過小評価の率が高いのは確かだ。救急隊は医師ではなく、判断には限界がある。すべての患者を救命センターに運べば過小評価はなくなるが、現状では難しい」と話す。
 この日の学会では、岐阜県や大阪府の救命救急センターなども過小評価の実情を発表。「重症患者が救命救急センターに運ばれず、(死亡など)不幸な結果に終わっている可能性がある」と指摘した。【高木昭午】
[毎日新聞5月12日]

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 不安と不健康11掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。