★阿修羅♪ > ニュース情報2 > 235.html
 ★阿修羅♪
山形東高・工藤君の児童書が人気上昇、第2弾が出版(山形新聞)
http://www.asyura2.com/0510/news2/msg/235.html
投稿者 転法輪印 日時 2005 年 11 月 16 日 20:36:07: xcCUyqhuP2dMU
 

http://yamagata-np.jp/kiji/200511/16/news03165.html

 山形市の山形東高1年工藤豪紘(たけひろ)君(15)が絵と文を手掛けた児童書、「かいはつはかせ」シリーズの2作目が出版され、20日に初めてのサイン会が開かれる。シリーズ化が決定し、既に3作目も書き上げている工藤君。児童文学作家という夢の階段を着実に上り始めた。

 シリーズは、主人公のかいはつはかせと、彼を慕う弟子のナヒロ、犬型ロボットのクットくんによる「かいはつ3人ぐみ」を中心にした愉快なファンタジー作品。前作「かいはつはかせVSハンバーガー大王」を1月に出版後、全国各地の子どもからお年寄りまで、幅広い年代からのファンレターやイラストが届いた。「大勢の人が自分の作品を読んでくれて、とてもありがたかった」と工藤君。登場人物あての手紙も多く、「『かいはつはかせ大好き』『もっと続きが読みたい』という声が一番の励み」と語る。

 2作目の「かいはつはかせ うちゅうをすくえ!」は、はかせの元にやって来た宇宙人にお土産に持たせた「おやつ出し出しマシーン」が、宇宙で巨大なおやつおばけを生み出してしまうというストーリー。おばけが大暴れしているという話を聞いたはかせたちが、宇宙の平和を守るため大奮闘する。

 工藤君は小学1年生のころから、自分が生み出したキャラクターで物語を創作してきた。「キャラクターにはどれも愛着があるけれど、その中でも、かいはつはかせたちが一番のお気に入り」と思いを語る。

 サイン会は20日午後2時から、山形市の八文字屋本店で開かれ、工藤君自身による紙芝居の読み聞かせや、はかせたちキャラクターの人形劇も予定している。工藤君は、「シリーズがずっと読み続けてもらえる長寿作品になるよう、今後も書き続けたい」と意気込みを語る。また、「いつか自分の本が、世界中の子どもたちにも読んでもらえるようになれば」と夢を膨らませている。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > ニュース情報2掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。