★阿修羅♪ > ニュース情報2 > 347.html
 ★阿修羅♪
元自衛官ストリッパー沢口ともみの死を悼む 被爆2世、44才・白血病 zakzak
http://www.asyura2.com/0510/news2/msg/347.html
投稿者 倉田佳典 日時 2006 年 1 月 13 日 17:09:17: eahs5MlcSyO0.
 

元自衛官ストリッパー沢口ともみの死を悼む zakzak
高須基仁特別寄稿

ブログで日記も公開するなど、最後まで病魔と闘い続けた沢口ともみさん
 元自衛官の反戦ストリッパーで、8カ月にわたる闘病の末、慢性骨髄単球性白血病で10日死去した沢口ともみさん(享年44)。12日に故郷・広島県呉市で葬儀・告別式が行われた沢口さんをしのび、親交のあった出版プロデューサー、高須基仁さん=下写真=が夕刊フジに追悼文を寄せた。
 沢口ともみが高校を卒業し、広島県呉市から勇躍上京、陸上自衛隊に入隊したのは1978年の春だった。
 振り出しは「埼玉・所沢での通信関係の仕事」だった。ゴツイ男ばかりの世界で155センチと小柄で、ふっくらとした愛くるしい風貌ゆえ、「とてもモテたのよ」と胸を張っていた。わずか4年とはいえ、「国のため」という大義に生きた誇りもあったのだろう。
 除隊後、遊びに行った池袋で、ストリップ業界のスカウトから声をかけられた。自衛官時代の四角四面生活の反動か、「魔が差したわけではないけど、即答しちゃった…いいわ!!って」。
 いきなり舞台へ。場所も覚えていないほど夢中で踊り、音楽に合わせて衣装を脱いだ。スポットライトと客席の視線に、かつてない“高揚感”を覚え、「私の肉体って男を喜ばせるんだ」と体全体で感じた。この仕事を長く続けたいと思った。
 自らの体に料理を盛り、客に食べさせる“女体盛(にょたいもり)”で人気者になった。どこに行っても差し入れとおひねりを携えたファンが待っていた。
 そんな生活が20年以上続いた。一方で、沢口が関心を持ったのが反戦問題だった。ライブハウスなどでの右や左の政治ジャーナリスト、活動家との交流を通じて意識が高まり、イラク戦争緊迫の2003年2月には「人間の盾」の一員としてバグダッド入りも。
 「アメリカ軍に守られながらアンマンやバグダッドに入って、安全地帯で『防弾チョッキは重い』なんてチンプンカンプンなことを話すマスコミって嫌よね」などと語っていた。ワイドショーが沢口の特集も組み、注目もされた。
 イラク行き後、「エコノミー症候群になっちゃった」と脚を引きずるように。やがて脚の腫れと痛みで歩けなくなり、白血病と判明した。
 私が3年前、ビキニ環礁で被曝(ひばく)した第5福竜丸をテーマにした小説「散骨」を発表した際、一緒に行った第五福竜丸記念館(東京・江東区)で沢口は「戦争はダメ!! 核はダメ!!」とつぶやいていた。彼女の母は、広島の被爆者だった。
 常に戦争を意識した自衛隊、“肉弾戦”ともいえるストリップ、そしてイラクでの「人間の盾」…。エロスに生きたようで、実はタナトス(死)と紙一重のシーンで輝いていた沢口。病魔との戦いでも、最後まで輝いていたと思う。昨年9月、彼女からの手紙にはこう記されていた。
 《戦争で泣くのは女と子供ばかり。高須さん、昔のようにオモチャ屋さんに戻って、子供のために平和なオモチャを企画・プロデュースして》

 合掌−。

ZAKZAK 2006/01/13
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011325.html

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > ニュース情報2掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。