★阿修羅♪ > ニュース情報2 > 755.html
 ★阿修羅♪
物理学者の故湯川秀樹の妻スミさんが死去(朝日新聞)
http://www.asyura2.com/0510/news2/msg/755.html
投稿者 gataro 日時 2006 年 5 月 14 日 21:45:46: KbIx4LOvH6Ccw
 

2006年05月14日21時18分
http://www.asahi.com/national/update/0514/OSK200605140031.html

 日本人初のノーベル賞を受賞した物理学者の故湯川秀樹博士の妻で、世界連邦世界協会の名誉会長として核兵器の廃絶を目指す平和運動に尽力した湯川スミ(ゆかわ・すみ、本名・澄子=すみこ)さんが、14日午後2時4分、胃がんのため京都市左京区下鴨泉川町の自宅で死去した。96歳だった。通夜は16日午後6時、葬儀は17日正午から京都市東山区五条橋東3の390の公益社中央ブライトホールで。喪主は孫透(とおる)さん。

 1910年、大阪市生まれ。32年に湯川博士と見合い結婚した。研究生活を支え、秘書として国際会議などに同行。49年、スウェーデンで開かれたノーベル賞授賞式には、湯川博士と一緒に参加した。湯川博士が81年に死去した後は、博士の願いだった核兵器廃絶の遺志を継ぎ平和活動に取り組んだ。

 87年に世界連邦世界協会の名誉会長に就任。「世界中から核を廃絶するには国連に世界連邦政府を置き、地球規模で考えないと実現できない」と訴え、各国の憲法に「戦争放棄」を採り入れるよう働きかけた。

 尾池和夫・京都大学長は「今年9月の京都での湯川・朝永生誕100年記念展のオープニングにも出席していただく予定だった。ご本人も楽しみにされており、残念だ」と語った。九後太一(くご・たいち)・京都大基礎物理学研究所長は「湯川先生の遺志を継ぎ、学問的な業績や平和への純真な思いを世界に広める伝道役を務めようと、最後まで精力的に活動していた」と話した。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > ニュース情報2掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。