★阿修羅♪ > 日本の事件18 > 821.html
 ★阿修羅♪
佐賀のゲームソフト店主刺殺 当時高1の男逮捕 発生から8年5カ月 容疑で佐賀県警(西日本新聞) 
http://www.asyura2.com/0510/nihon18/msg/821.html
投稿者 シジミ 日時 2006 年 2 月 04 日 22:10:03: eWn45SEFYZ1R.
 

http://www.nishinippon.co.jp/kyushu_flash/kyushu_flash.html

一九九七年八月、佐賀県江北町のゲームソフト店経営者の男性が殺害された事件で、佐賀県警は四日、殺人容疑で当時十五歳だった同県小城市の無職男(24)を逮捕した。

 調べでは、男は九七年八月二十八日未明、江北町山口のゲーム機ソフト販売店「トップボーイ」江北店の駐車場で、経営者の広滝正純さん=当時(38)=の胸などを刃物で刺し、殺害した疑い。県警によると、男は動揺しており「認否は判断できない」という。

 男は当時、佐賀県内にある高校の一年生で、同店に出入りしていたとみられる。県警は一緒に店に侵入しようとしたとみられる数人からも事情を聴いているが、刺したのは男一人とみている。

 店はアパート一階にあり、事件前、ガラスの割れる音に気付いた住民が、自転車に二人乗りして逃走する男二人を目撃。車で追跡して一人を捕まえ、同店駐車場で広滝さんに引き渡していた。広滝さんは「泥棒に入った男を捕まえた」と一一〇番。白石署員が駆けつけたところ、駐車場で広滝さんが刺殺されていた。取り押さえた男性は当時「十代の少年のようだった。この少年は三人でやったと話していた」と語っていた。

 複数の目撃証言や現場に遺留品とみられる少年の帽子があったが捜査は難航していた。

 事件発生から八年五カ月後の逮捕について、県警の江頭信夫刑事部長は「(逮捕した)男から複数回事情を聴いた。捜査の積み重ねで、物証や証言が得られた。その具体的な内容は言えない」としている。

    ×      ×

 ●現場近く住民 「やっと安心」  県警は立証に自信

 発生から八年五カ月。膠着(こうちゃく)状態に陥っていた佐賀県江北町のゲーム機ソフト販売店経営者殺人事件の容疑者が四日、逮捕された。県警幹部は「立証できる十分な証拠がある」と力を込めたが、具体的な内容については「言えない」と繰り返した。一方、現場付近の住民らは「やっと安心できる」とほっとした様子だった。

 「事件に関する具体的な内容であり言えない」。記者会見で逮捕の理由を聞かれた江頭信夫刑事部長は何度もこう答えた。捜査は難航した。事件直後に少年を取り押さえた男性の目撃証言があったが「夜間で少年が帽子をかぶっていたことなどから、なかなか容疑者にたどりつけなかった」(県警)。県警は二〇〇四年、現場付近に容疑者の服装や背格好などの特徴を描いたポスターを張り出して情報提供を求めた。延べ八万人の捜査員を投入し、延べ五万五千人から聞き込みなどを行った。

 事件後、閉鎖されたゲーム店の後に入居している美容室の従業員女性(34)は「これまで若い男性の客がくると『犯人ではないか』と怖くなり、断っていた。ほっとした」と話していた。

 容疑者逮捕を伝えられた遺族は四日朝、県警に「ありがとうございました」と答えたという。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 日本の事件18掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。