★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK16 > 210.html
 ★阿修羅♪
Re: 総選挙の勝ちを決めた小泉流プレゼン術(オールアバウト)::違憲論が出ないのが不思議だ
http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/210.html
投稿者 北かばさん 日時 2005 年 10 月 25 日 12:17:35: os0Ldzpsr4MDk
 

(回答先: 総選挙の勝ちを決めた小泉流プレゼン術(オールアバウト) 投稿者 スタン反戦 日時 2005 年 10 月 25 日 11:19:56)

   今回の不純一郎の自爆テロ解散は7条解散とされている。ところで7条は解散手続きの一部を明記しているに過ぎず、解散権の所在は本条文からは不明だ。しかし、解釈上は、これが内閣にあるとされている。だが問題はさらにある。解散の理由だ。これも条文にあるのは内閣が不信任された場合のみである。しかし、これに限定されないとの解釈が定説だ。では、内閣は(総理にあらず)、無条件で解散できるのか?今回のテロ解散のように、、だ。これは、否定されている(定説)。当然である。憲法は、何よりも政府の権力を制限するもの(規範)だからだ。この権力制限は、明文があればそれによるが、なければ憲法の精神(趣旨・狙い)に照らして解釈により定められることになる。
   今回の自爆テロ解散は、単なる一改正法案を、議会で否決されたからとして、民意に問うとして、首相がやったものだ(内閣がやったものとは見えない)。このやり方は、憲法が認めるものか?憲法が名文で認める民意を問うやり方は、唯一憲法改正の場合だ。
これ以外の場合は、上記のように解釈でその当否を見極めるべきことになる。私見では、否である。理由は、@明文がないA明文の議会制に反するB憲法の精神である間接民主制に反する、だ。
   このような違憲論が憲法学者、野党(特に共産党)からでないのがこれまた不思議である。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK16掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。