★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK16 > 683.html
 ★阿修羅♪
霞ヶ関が戦々兢々の大正論 鈴木宗男が吠える「個人情報保護法から議員と官僚を外せ」(週刊現代)
http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/683.html
投稿者 外野 日時 2005 年 11 月 05 日 14:12:35: XZP4hFjFHTtWY
 

(回答先: 後援会名簿を創価学会に渡す問題 投稿者 外野 日時 2005 年 11 月 05 日 06:11:47)

『鈴木宗男』のサイト
http://www.muneo.gr.jp/html/saishin17-10-17.html

週刊現代
平成17年10月15日号

霞ヶ関が戦々兢々の大正論
鈴木宗男が吠える
「個人情報保護法から議員と官僚を外せ」

「もし3年前に個人情報保護法があったら、私はあれほどマスコミに叩かれることはなかったでしょう。この法律があれば、私の個人情報があれほどマスコミに流出することはなかったからです。それでも、私はこの法律から国会議員と指定職の公務員を除外すべきだと思っているんです。自民党がこれだけ大量の議席を確保してしまったら、権力者、政治家、高級官僚は、個人情報保護法を隠れ蓑に使いますよ。誰も彼らを批判できなくなります」

「私のような立場(国会議員)であれば、むしろ個人情報保護法は、あったほうが都合がいい。しかし、この法律が悪用されれば日本の社会は権力者の思うがままで、不正があっても隠蔽されてしまう危険性があります。権力者にはより透明性が求められます。そのためにも、個人情報保護法から国会議員とし指定職の公務員を除外すべきなのです」

個人情報保護法に関しては、メディアや有識者がこぞって、権力に悪用される危険性を訴えてきた。鈴木氏の主張は極めて真っ当なものだが、一人の力で法改正などできるのか。

「世論を背景にしてやろうと思っています。自民党にも仲間がいますから、国民のためだ、と説得しようと思います。改革は国民の視点に立ったものでなければなりません。そうでなければ真の改革とは呼べないでしょう」

かつて自民党幹部だった鈴木氏は、権力の動かし方と恐ろしさを誰よりも熟知している。だからこそ、霞が関の役人たちは鈴木氏の「正論」に戦々兢々としているのだ。

【週刊現代 2005年10月15日号】 より抜粋

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK16掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。